E資格の難易度は高い?E資格の受験方法から対策までE資格攻略方を解説!

こんにちは。AI研究所の三谷です。
AIや機械学習、データサイエンスがDX化に重要な位置を占めるようになりました。DX化は今や国家戦略とも言えます。
その流れで、G検定やE資格を取得したいという人も多くなってきました。

ただし、E資格の試験が概して難易度が高いことが多いので、自分でも合格できる可能性があるのかが不安になっている人もいるでしょう。
この記事ではE資格の概要や難易度の実態をわかりやすく紹介します。
その上で、いかにしてE資格の試験を対策して合格するべきかも解説するので参考にして下さい。

目次

E資格とはそもそも何か

E資格を受験する人のイメージ
E資格の難易度や受験対策を知る前に、まずはそもそもE資格とは何かを簡単に確認しておきましょう。
E資格とは一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)が運営している資格制度の一つです。
AIに関する幅広い知識を問われるG検定と異なり、E資格はプログラミングや応用数学など実践的な内容が問われます。
E資格の難易度をクリアした者たちは「技術が保障されているAIエンジニア」として認定をもらうことができます。

日本ディープラーニング協会ではジェネラリストとして十分な知識を持っている人のためのG資格も用意し、双方の有資格者の協力によって新しい価値を持つ技術が生み出されると期待しています。
G検定の合格率や難易度を知りたい方は、下記記事も参考にしてください。

G検定の対策とは?合格者や対策方法を把握してG検定の難易度を攻略しよう

E資格の難易度と合格率を多角的にみてみよう

E資格を取得すればAIエンジニアとしての活躍の可能性が切り開かれますが、難易度があまりにも高いのなら躊躇してしまうという人もいるでしょう。
SNSなどの書き込みでは、難易度の勝手なイメージがついてしまいがちです。
まずは、E検定の難易度や合格率の推移の事実をデータを元に確認しましょう。
ここでは合格率だけではなく、多角的にE資格の難易度を解説するので参考にして下さい。

E資格の試験難易度

E資格の試験難易度

E資格試験の難易度がどのようなものかをまずは見てみましょう。
まずE資格は受験資格が定められていて、受験予定日から2年以内にJDLA認定プログラムを受講していることが必要です。
JDLA認定プログラムには様々な種類がありますが、プログラムによっては難易度が低いため時間さえ確保できれば受験資格を満たすことができます。

ただ、E資格の試験は選択式の設問になっていて、およそ120分で100問の問題を解かなければなりません。
1問に1分くらいしか時間を割けないことになるため、スピードを要求される点で難易度が高いことがわかります。

E資格の試験範囲は毎回シラバスが発表されているので「難易度がそこまで高くない」と思う方もいると思いますが、
応用数学・機械学習・深層学習・開発・運用環境の5大項目に分かれていて、毎回少しずつ細かな内容は変更されています。
AIの分野は成長速度が速く、新しい知識の取得が求められますし、新しい問題に直面してもいます。
そのため、日本ディープラーニング協会としても問題を固定するのが難しく、ディープラーニング技術の進展にそって柔軟に変更しているのが実態です。
シラバスが毎回変更されることに加えて、過去問の配布も行われていません。
過去の傾向から次の試験の内容を予測するのが難しいという点でもE資格は難しいと考えられるでしょう。
E資格の過去問に関しては下記記事で詳しく解説しています。

E資格の過去問はあるの?E資格の過去問状況や難易度と試験対策の方法まとめ

E資格の難易度についてよくある質問

それではE資格の難易度についてのよくある質問を紹介します。

E資格の難易度はどれくらいですか?

E資格の合格率は60〜70%を行き来しています。
落ちてしまった3割の方はうまく勉強ができなかった、プログラミングができるほど理解していなかったという方もいます。
ですので少しの勉強で合格できるような難易度ではないでしょう。

E資格は難易度が高いということですが、どうしたら攻略できますか?

E資格の難易度を攻略するには、しっかりAIや機械学習・プログラミングに関して理解することが大切です。書籍が手っ取り早いですが独学だけでは非常に厳しいので、セミナーやスクールを受けると合格率が上がります。

難易度が高いE資格の合格率はどれくらいか

E資格の難易度を知る上では合格率がどの程度かが参考になります。
E資格の試験は毎年2回行われていますが、合格率については60〜70%台を推移しています。

開催回申込者数受験者数合格者数合格率
2018年34233723469.44%
2019年1回目39638724563.31%
2019年2回目71869647267.82%
2020年1回目1,0761,04270968.04%
2021年1回目1,7231,6881,32478.44%
2021年2回目1,1931,17087274.53%
2022年1回目1,3571,32798274.00%

2021年の1回目の試験から合格率が70%台になりました。受験者数も多く、E資格が始まってから年月も経ったのでしっかりと勉強した人の受験が目立ったと考えられるでしょう。
リモートワークの推進の影響もあり、受験対策の勉強をしやすくなったのも合格率の上昇を後押ししています。
SNSの書き込みでは多くの名無しIDの方から「E資格の難易度が高すぎる!」という叫びも聞かれますが、合格率自体は70%台もあるのです。
もちろんE資格を受験した方々の中にはITやAIを扱う業界で働いている専門家も含まれているため、合格率だけではE資格の難易度を計ることはできません。

E資格の難易度調査の口コミ

E資格の難易度については試験対策のサポートや模擬試験を実施している民間企業によって難易度調査が実施されています。
合格率が高かった2021年度第1回の受験者に対するアンケート調査が実施され、主観的な難易度や必要と想定される勉強時間などが集計されました。
受験者が感じた難易度としては、「想定よりやや難しかった」という意見が38.24%を占めていて、「想定通りだった」という33.82%を合わせると7割以上です。
「想定よりかなり難しかった」という意見も8.82%を占めています。
このアンケート調査の母集団は68名を対象としたもので、内訳としては合格者が85.29%・不合格者が14.71%です。
実際の合格率よりも合格者の比率が高いことを考慮すると、やや難易度が低く評価されている可能性が高いでしょう。
このようなサービスを利用して合格を目指していたエンジニアのみが母集団となっている面もあるため、実際にはE資格はかなり難易度が高いと考えるのが妥当です。

E資格の概要をもう少し詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

難易度の高いE資格に合格するための勉強方法とは?

難易度の高いE試験の勉強をする女性難易度の高いE資格は、独学よりも誰かに教えてもらった方が合格に近づきます。
現在はE資格の優良な教材をAmazonや店舗などで購入できますので、独学も可能ではあります。
しかし、独学でE資格の合格するためには、難易度がどうしても上がってしまうのが現実です。
そのため、E資格の難易度を下げて合格を目指すためにはセミナーを使うのが一番おすすめです。

E資格に合格する方法① E資格の対策講座を受講する

ここではE資格のセミナーを利用すべき理由とメリットを一覧にしました。
この理由一覧を参考にして、セミナーの活用を前向きに検討してみて下さい。

E資格対策講座を受講するメリット① JDLA認定プログラムは受験に必須だから

E資格の受験資格としてJDLA認定プログラムを修了することが求められているのがセミナーを利用すべき理由の一つです。
セミナーの中には当然ながらJDLA認定プログラムも多数あります。
JDLA認定プログラムの受講をしながら、E資格に特化した内容を学べるのはセミナーのメリットです。
効率性を考えるとセミナーの活用は魅力的な選択肢でしょう。

E資格対策講座を受講するメリット② 短期攻略できるように設計されたセミナーが豊富にあるから

E資格対策のセミナーは短期攻略できるように設計されているものがたくさんあるのも理由です。
わずか数日間の受講でE資格対策を行えるセミナーも多数あります。受講時間外に自分で実践的なトレーニングを積む時間も必要になりますが、短期集中で数週間や数ヶ月くらいの勉強をすれば合格できる可能性を切り開けるのがセミナーを活用する利点です。

E資格対策講座を受講するメリット③ 初心者向けのセミナーが開催されているから

E検定のセミナーでは初心者向けの講座も開催されています。
E資格を取得したいけれど実力的にはまだ初心者だという人もいるでしょう。
AIの知識もあまりないという人でも基礎から学べる初心者向けのセミナーが開催されているので心配ありません。
ディープラーニングの概念から詳しく説明し、Pythonなどを使ったプログラミングの方法まで体系的に学べるセミナーです。
これから勉強してもE資格を取るのは無理ではないかと思っている初心者の人も気軽に受講できるでしょう。

E資格対策講座を受講するメリット④ 目的別・分野別に弱点を克服できるから

E資格対策のセミナーは初心者向けに全体を学べるものだけでなく、目的別のセミナーや分野別のセミナーもあります。
「機械学習が苦手で補強したい」、「応用数学が弱点だと分かったから何とか対策したい」といった声にも応えてくれるのがセミナーの魅力です。
分野特化型のセミナーでもJDLA認定プログラムになっているものが多数あるため、苦手分野だけ克服してすぐに受験したいという人にも活用できます。
セミナーに参加すれば、講師もつきますので自分自身が理解できない部分を質問して専門の講師によってフィードバックをもらう事も可能になります。
E資格の内容や、セミナーの情報については以下の動画で詳しく解説しています。

おすすめのE資格対策講座

おすすめのE資格対策講座を紹介します。
AI研究所E資格ディープラーニング対策講座はJDLA認定講座で、受講生の終了率が99.2パーセントもあり「知識ゼロからの最短合格」ができる対策講座となっているため、これからAIについて学びたいという方にとくにおすすめです。

このE資格対策講座の特徴は終了率の高さの理由にもなっている徹底した指導とサポートにあります。
事前学習はもちろんのこと、模擬試験も実施することによって受講生が途中でついてこられなくなるのを防ぎ、最後まで受講できるよう徹底的なサポートを行っています。

この点は他のセミナーと比較したときの大きなメリットとなります。
そのため受講する前の事前学習も必要なく、まさに「ゼロからのスタート」でE資格の取得を目指していくことができます。

受講期間も最短4日間と他のセミナーと比較して短期で修了できるほか、価格も最安で78,000円(税込)と20万~30万円程度かかることも珍しくない他のセミナーと比較しても業界最安値クラス。
敷居が低く、受講しやすい点も魅力です。

なおセミナーは最安価格で受講できる「eラーニング」、気軽に利用できる「オンライン受講」、講師と対面してしっかりと学ぶことができる「会場受講」の3種類が用意されています。
料金はもちろん、自分が学びやすいタイプを選んで理想的な学習環境を整えやすいのも魅力です。

E資格対策におすすめの書籍を紹介

E資格の合格率は、例年70%前後と決して低くはありません。
E資格に合格するためには、問題形式や時間配分などを掴んでおくことが必要です。
そこで、現在でも唯一であるE資格向けの問題集をご紹介します!

徹底攻略ディープラーニングE資格エンジニア問題集 第2版

徹底攻略ディープラーニングE資格エンジニア問題集 第2版

(引用:https://book.impress.co.jp/books/1120101184

上記でも触れましたが、E資格向けとしては唯一と言っていい問題集です。
2021年5月に新しく第2版として改訂され、前回よりも内容が精査されています。過去にE資格を優秀な成績で合格した人が執筆しており、網羅性も完璧で、問題に対する解答がとても詳しいので、理解も深まります。
すでにディープラーニングや機械学習を実務で使っているAIエンジニアが自分のレベルを確認するのにも役立ちます。実際の試験と同じく多肢選択式の問題を掲載しているので、試験自体にも慣れることができます。
JDLA認定プログラムの講座の受講と合わせて解いていきたい1冊です!

E資格は意味がないのか?E資格を受験するメリット

E資格は比較的新しい資格のため認知度が低く、E資格を取得しても意味ないといわれることがたまにありますが、「意味がない」と言われてるE資格にも以下のようなメリットがあります。

  • E資格はAIの仕事で有利になりやすい
  • AIエンジニアとしての質を高められる
  • 独自のコミュニティに参加できる
  • 社内評価や就職・転職に役立つ
  • AIに関する網羅的な深い知識が身につく
  • AI作成の実践的な知識が身につく

E資格に意味がないのではと感じた方は、こちらの記事でE資格のメリットをまとめているので参考にしてください。

E資格は意味がない?意味がないと言われる理由とE資格のメリットを調査

E資格の受験資格を取得する方法

E資格試験を受験するには、JDLAが認定したプログラムの受講を修了する必要があります。
E資格に受かりたい!と言って受験しに行っても、JDLA認定プログラムを受けていないと試験を受けることさえできません。
なぜこのようなプログラムの受講が必要なのでしょうか。
JDLA認定プログラムの各社比較に関しては下記記事で紹介しています。

https://ai-kenkyujo.com/eshikaku-jdla/

JDLAでは、「E資格」を実務でAIを活用できるエンジニアを育成する目的で行っています。
そのため、単純な暗記問題を解けることよりも、正しい知識を正しく理解し、実践力のあるエンジニアを育てるために「認定プログラム」を用意しています。
いわば、自動車免許のための教習所のような役割だと言われています。
現在は、約十数社が「認定事業者」として登録されており、その中のどれかを選択して受講し、修了認定を受けないとE資格の受験資格が得られません。

E資格の講座の受講は時間がかかるため、仕事をしながら転職活動やE資格の講座を受講するのはなかなか大変な一面があります。
認定プログラムを修了すると、永続的にE資格の受験資格が得られるわけではありません。
E資格の受験資格には、「終了日試験日から遡って2年以内にJDLA認定プログラムを受講している」という条件がついているため、時間がたてば再度認定プログラムを修了する必要があります。
これは、日進月歩で新しい技術・アルゴリズムが出てくるAI・機械学習において、2年前の知識が陳腐化している可能性が大きいため、このような仕組みにされています。

JDLA認定プログラムのE資格対策短期集中講座の詳細はこちら

E資格試験の概要と申込方法

E資格対策方法やE資格を受験するメリットがこれまでに分かりましたので、ここからは実際にE資格の試験がどのようなものかを詳しく見てみましょう。

E資格の試験概要

E資格の試験概要を以下の表にまとめました。

受験資格 

JDLAの認定プログラムを試験日の過去2年以内に修了していること

開催日 

年2回/2月・8月(2022年現在)

申し込み可能日

受験日前日の午後1159分まで

試験会場 

全国の指定試験会場から会場を申し込み時に選択 

試験時間 

120分の会場試験にて103問(前回実績)102問(前々回実績)108(前々々回実績)を出題 

試験問題 

公開シラバスの中から認定プログラム修了レベルの問題を出題

受験料 

一般 33,000 / 学生 22,000 / JDLA正会員・賛助会員 27,500 (税込み)

合格基準

非公開(目安として正答率65%程度で合格)

E資格の試験会場

試験会場は、全国に100箇所近くあり、試験申込時に近くの会場を選んで受験することができます。
2022年現在、試験の運営や申込みはピアソンVUEが利用されています。
ピアソンVUEは、CBT (コンピュータ・ベースト・テスティング) と呼ばれる、コンピュータを使用した試験方式を活用したシステムで、受験申込から合否通知までの試験工程が全てインターネット上で完結するということが特徴です。

E資格のお申し込み可能日

E資格試験の受験申し込みは、試験日の約3ヶ月前から開始されます。
申込締切りは、受験日前日の午後11時59分までと、かなりギリギリまで申し込みができるようになっています。
ですが、受験申し込みはなるべく早く済ませておくのを強くおすすめします。

理由の1つは、試験会場の予約が必要であることです。
受験申し込みをする際に、全国の会場から自宅や職場に近い試験会場を選ぶことができるのですが、ターミナル駅の近くなど受験者数が多くなる地域では、試験会場の定員がいっぱいになってしまうことが多々あります。
特に、新型コロナウィルス対策で定員を絞っている会場が多いため、注意が必要です。試験日の約1ヶ月前頃には、埋まる会場が出てくるため、できるだけ早いタイミングで予約をすることをおすすめします。

理由の2つ目に、認定プログラムの完了時期を考慮する必要があることです。
認定事業者は、自社のプログラムを受講して修了された方の情報をJDLAに通知し、JDLAより「修了者番号」を受け取ります。
試験の申し込み時には、この修了者番号を入力する必要がありますので、余裕を持った認定プログラムの受講と、試験申し込みをする必要があります。

3つ目に、E資格の受験資格期間を有効活用するためにも、早めに申し込みをすることです。
前述の受験資格により、認定プログラムを受講してからE資格を受験できるチャンスは4回と限られています。
万が一1回目で不合格となった際も、再チャレンジをするためになるべく早くから受験していただくことをおすすめします。

E資格の試験日程

E資格試験は、2022年現在、1年に2回のペースで開催されています。
通常、2月開催と8月開催の2回で、それぞれ試験開催年と年ごとの連番で呼ばれています。

20212月開催: 2021 #1
20218月開催: 2021 #2
20222月開催: 2022 #1
20228月開催: 2022 #2 など

過去の回では、2020 #2が、新型コロナウィルス感染予防措置のため、開催延期されており、欠番となっています。
当初は1日開催の試験でしたが、2021 #1より金曜日と土曜日の2日開催となっております。

2日にはなったものの、試験自体は1日(120分)で終わるため、平日と土曜でどちらか都合の良い日程で受験することができます。
120分という試験時間のため、両日とも受験する時間帯を選択することができます。
丸一日潰れることがないので、早めに申し込めば家庭の都合も考慮した受験ができそうですね。

E資格はセミナーを使って難易度を攻略しよう

E資格の受験をする女性
E資格を取得してディープラーニングを活用できるエンジニアとして活躍できるようになりたいと思っても、かなり難易度が高いのは紛れもない事実です。
E資格を取得することは、資格によって客観的なスキルや知識を持っているという証明だけではなく、実践的なスキルや知識をつける事でもあります。
つまり、独学よりも専門の講師に教えてもらった方が、E資格の試験に合格する確率は高まりますし、仕事を始めた瞬間から実践で使用できるスキルや知識も身に着けられます。
しっかりと勉強して難易度への対策を立てる必要がありますが、時間があまりない人も多いでしょう。
また、長期的にしっかりとした学習計画を立てたい方もいるでしょう。
自分の都合に合わせてセミナーを賢く利用することがE資格の難易度攻略のコツです。
E資格対策講座を使えば効率的に学んで試験を攻略できます。

自分に合っている対策講座を受講してE資格の難易度攻略を目指しましょう。

E資格の難易度とは?E資格の実態と高い難易度の攻略法を紹介!
最新情報をチェックしよう!