E資格のeラーニング3選!おすすめeラーニングでE資格に合格しよう

近年においてAIの技術は目覚ましく進化を遂げ、インターネット業界を始めとしたあらゆる分野で活用されるようになりました。
そんなAIの普及とともに各業界から注目を集めている資格といえばE資格です。
受験希望者も年々増加しているE資格ですが、受験するためにはどうすれば良いのでしょうか。

そこで今回は、E資格合格に向けての学習方法として人気の高いeラーニングについてご紹介します。

E資格とは

E資格とは、JDLA(日本ディープラーニング協会)が認定しているAIの知識や技術に関する資格です。E資格を取得していれば、AIプログラミングの現場において必要となるディープラーニングの知識および適切に実装する能力を保有しているという証明になります。
現在の国内のAIに関する資格の中では最高難易度と言われているE資格。
初回実施は2018年で資格としての歴史は浅いものの、知名度と人気は急上昇中です。
エンジニアに特化した転職エージェント「レバテックキャリア」では、AIエンジニアに転職する際に取得しておくべき資格として紹介されています。
ちなみにE資格の「E」はエンジニアの頭文字からとられていることでも有名です。

E資格で必要となる知識「ディープラーニング」とは、機械学習の1つです。機械にあらかじめ大量のデータを学習させておくことにより、機械自らが音声の認識や識別、予測などを行えるようになることを言います。

E資格と似ている資格にはG検定があります。
G検定もE資格同様に、JDLAが認定しているディープラーニングの知識を問われるAIプログラミングの資格です。
G検定は主にエンジニアの管理者としての知識を問われるので、一般的にはエンジニアのジェネラリスト向けの資格であるという認知をされています。
一方E資格は、よりエンジニアとしての専門的知識や技術を問われる内容の資格です。難易度はE資格が高いので、G検定取得後に目指すというケースも見られます。

G検定は受験する際の制限は一切ないため、誰でもすぐに受験する事ができます。
しかしE資格は、過去2年以内にJDLA認定プログラムを修了していなければ受験ができません。
そのためE資格を取得したい人は、事前にJDLA認定プログラムを受講しておかなければいけないのです。

ちなみに受験方法もG検定とE資格では異なります。G検定は自宅で受験することが可能ですが、E資格は指定された試験会場で受験しなければいけません。
G検定については下記記事でも紹介しています。

G検定とは?G検定の過去の問題傾向や合格ラインを徹底解説

E資格が受験・学習できるeラーニング3選

E資格が受験・学習できるeラーニング

E資格の受験するためにはJDLA認定プログラムを受講し、さらに修了していることが必須条件です。
現在JDLA認定プログラムを実施している事業者は数多く存在しています。
認定プログラムの実施方法も様々で、会場で実施する対面式の受講方法やオンライン上で講師に質問をしながら受講する方法などがありますが、今回は自宅でいつでも動画を視聴しながら学べるeラーニングについてご紹介します。

①知識0から最短合格!「JDLA認定 E資格対策講座」

知識0から最短合格 JDLA認定 E資格対策講座のイメージ

AI研究所主催のE資格合格教習所は、AIに関する知識0からE資格取得に向けた最適・最短合格へのカリキュラムを組んでいます。
当スクールの「E資格対策講座」を修了すれば、同時にE資格の受験資格であるJDLA認定プログラムも修了したことになります。
そのため、事前にJDLA認定プログラムを受講しておく必要がないということが、「E資格対策講座」を受講するメリットです。

E資格対策講座の特別顧問には、AIの第一人者である東大の松原教授と、慶大の栗原教授を迎えています。
2人の監修のもと、最新の資格情報を集結したオリジナル教材「E資格完全攻略テキストブック」を用いて学習を実施。しかも慶大・東大級のテキストは、内容が充実しているだけではありません。
完全オリジナルテキストであるために、圧倒的な低価格で提供していることも特徴です。

eラーニングの受講方法は、まずAI研究所の「AIスクール研」のWEBサイトにアクセスしてください。
そして「JDLA認定 E資格対策講座」を選びます。
続いて「eラーニングのお申し込み」をクリックし、「カートに入れる」をクリックしたら完了です。
通常料金は184,800円(税込)で、キャンペーン期間中なら49,500円(税込)となっています。
キャンペーン期間中は、52,800円分の直前フォローアップ講習を無料で受講できます。
申し込み後は、会場受講と同じ内容の動画を1年間視聴することが可能です。
時間や場所に縛られる事なく、自分のペースで学習できるのがeラーニングを受講する最大のメリットと言えるでしょう。

E資格対策講座の詳細/お申込みはこちらから

②初心者でもOK!キカガクのディープラーニングハンズオンセミナー

キカガクのディープラーニングハンズオンセミナーは、画像処理や自然言語処理などのディープラーニングの知識および実装する能力をハンズオン形式で学ぶスクールです。
当スクールのハンズオンセミナーを受講すれば、認定プログラムの受講を修了したことになるので、E資格を受験することが可能となります。
2021年11月時点での受講者は5000名以上を突破し、講義満足度も高いスクールです。
難しい理論でも手書きでわかりやすく説明している為、個人から大手企業まで幅広く利用されています。受講者も実際に手を動かしながら学習するので、理解と知識の定着が早いことが特徴です。

キカガクのディープラーニングハンズオンセミナーの受講方法は、WEBサイトにアクセスして「セミナー申込みはこちら」をクリックします。
続いて希望日や各種基本情報を入力したら、フォームを送信してください。
その後、メールでURLや事前予習動画などが送付されてきます。
講義形式でもeラーニング形式でもどちらでも受講が可能です。

料金は、オンラインハンズオン形式のコースで、165,000円(税込)です。
画像・自然言語特化コースセット・eラーニングコースは、77,000円(税込)となっています。
7時間×3日間のコースで、20時間のE資格対策動画とE資格事前確認テストが含まれています。

③高い合格率を誇る!スキルアップAI

E資格に対応できるJDLA認定プログラムを組んでいるスキルアップAIは、E資格合格率の高さが特徴のスクールです。
現場で使えるディープラーニングを基礎から教え、最終的にはディープラーニングの最先端技術をプログラミングレベルで習得できる講座の内容となっています。
E資格取得後も実務でディープラーニングを生かせるような一流のAIエンジニア育成に尽力。様々な手法の本質をとらえた上で、実務に応用できる力を育てていくことを目標としたスクールです。
E資格取得に向けては出題形式を模した演習課題を実施し、集中的に試験対策を行う事が高い合格率の所以となっています。

申込方法は、スキルアップAIのWEBサイトにアクセスし、「お申込みはこちら」をクリックします。フォーム上に必要事項を入力すれば申し込みが完了です。
当スクールはeラーニング講座ではなくオンライン講座となっています。
しかし内容的には、eラーニング同様の動画視聴のみです。
オンライン講座の受講料は、55,000円(税込)で、チャット付きのオンライン講座は165,000円(税込)です。
受講期間は申し込み後1年間で、チャット付きの講座では、チャット利用期間が半年となっています。

人気の高いeラーニングでE資格に合格しよう

E資格合格に向けての学習方法として、eラーニングの人気が高まっています。
eラーニングは自宅のパソコンでいつでも利用できるので、多忙な方などに最適な学習方法と言えるでしょう。
指定期間内であれば何度も動画を見直す事ができるために、分からない部分を集中的に学習することもできます。
eラーニングに対応しているスクールは数少ないので、しっかりと検討してから選ぶようにしてください。

JDLA認定 E資格対策講座の詳細はこちら

E資格のeラーニング3選!おすすめeラーニングでE資格に合格しよう
最新情報をチェックしよう!