【2024】E資格の対策方法8選!参考書やおすすめセミナーなど事前対策を徹底解説

E資格に合格するためにはどのような対策方法があるのでしょうか。

この記事ではE資格対策として有用な方法を網羅的にまとめました。対策を始める前に押さえるべきポイントと合格するためのコツも紹介するので参考にしてください。

E資格の対策方法8選

E資格の試験対策にはさまざまな方法があります。

ここではE資格試験の合格に向けて使える対策方法を8個紹介します。それぞれの方法の特徴を解説するので、どのようなやり方で勉強していくかを考えてみましょう。

E資格の参考書を読む

E資格向けに発行されている参考書を読むのは最もシンプルな勉強方法です。E資格が始まった頃からシラバスに沿った内容のテキストとして使える参考書が次々に出版されています。

E資格のすべての科目をカバーするものもありますが、数学的基礎、機械学習や深層学習などの一つの科目に特化している参考書もあります。E資格の対策を始める段階でも、最後の詰めとして弱点を補強する段階でも参考書は有効活用できるでしょう。

E資格対策に役立つ参考書はこちら。

【2024】E資格のおすすめ参考書6選!選び方やおすすめの理由も徹底解説

関連するウェブ資料を読む

参考書を購入せずともウェブ上でE資格に関連する資料を読んで勉強することが可能です。「ディープラーニングとは何か」といった入口になるような資料はウェブ上にたくさんあります。

また、Pythonによるプログラミングの理論の説明や実際に使えるスクリプトなどもウェブ上で手に入れることが可能です。ウェブ資料はE資格の試験対策を全体的にカバーしているわけではありませんが、苦手な部分の補強をするのに適しています。初心者にもわかりやすく説明されているページがたくさんあるので有効活用しましょう。

動画教材を活用する

動画教材で独学するのはE資格対策を始めるときに導入として使いやすい方法です。参考書を読むのはつらいという人も動画なら気軽に視聴できるでしょう。

無料動画の配信サイトを利用したり、有料のセミナー動画の配信サービスを使ったりすればE資格にかかわる動画教材を使えます。無料動画の場合には内容的には浅いため、E資格に合格できるほどの知識を付けるのは難しいでしょう。しかし、勉強を始めたいけれどとっつきにくいと思っている人には学び始めやすいのが魅力です。

ウェブセミナーを受講する

E資格に特化したウェブセミナーを受講すると合格のために必要な知識も技術もまとめて習得できます。ウェブセミナーはどこからでも受講できるのがメリットです。

Eラーニングになっていてセミナーを受講する時間も自分で自由に決められる場合もあります。自由度が高く、自分のペースで受講を進めていき、E資格に合格するために必要なスキルを身に付けることができるのがウェブセミナーの特徴です。

わからないことは講師にチャットやビデオ電話で相談できるため、疑問があっても簡単に解決できます。自信を持ってE資格試験を受けられるようになるのでウェブセミナーは魅力的な方法です。

数あるウェブセミナーの中で一番おすすめなのが、AI研究所が開催しているE資格対策ディープラーニング短期集中講座。

事前オンライン学習で試験問題を解くのに必要な数学知識や機械学習、Pythonの基礎知識を学習しますので、AIや機械学習初心者の方でも無理なくE資格合格に必要な知識を習得できます。

AI知識初心者が学ぶことを前提にしたカリキュラムですので、難しい数式やプログラムもわかりやすく解説。

4日間でE資格合格に必要な知識をマスターできますので、忙しくてなかなかセミナーに行く時間がない方にもおすすめです。

ハンズオンセミナーに参加する

E資格に特化したセミナーの中には対面で受講できるハンズオンセミナーもあります。ハンズオンセミナーは講義や実習を受けるときに緊張感があるので、集中して学びやすいのが特徴です。

ウェブセミナーと同様にE資格に合格するために必要な知識を網羅的に学べるセミナーが主流ですが、科目別のセミナーも開講されています。ハンズオンセミナーは会場が遠いと参加しにくいという問題点はありますが、気軽に講師に質問したり、自分のミスを指摘してくれたりするので効果の上がりやすい勉強方法です。

家庭教師から学ぶ

E資格に対応する家庭教師は自分に合う個別指導を受けられるのが魅力です。オンライン家庭教師ではE資格に対応しているところが増えてきました。家庭教師の質によってすぐにE資格に合格できるような能力を身に付けられるかどうかが左右されますが、集団指導ではないので身が入りやすいでしょう。

基礎から学びたいときにも、試験直前の弱点補強をしたいときにも使える対策方法です。知り合いにE資格合格者がいるなら頼んでレクチャーを受けるのも良いでしょう。

実践を通して独学する

実践をして独学することによりE資格の合格を目指すことは可能です。Pythonのプログラミングを独学して試行錯誤を繰り返していき、生きた力を身に付ければE資格に合格できる可能性があります。

ただ、E資格のシラバスを見て何を学ぶべきかを自分で考えて対策をしていくのは簡単ではありません。独学は自由が大きいのはメリットですが、学習効率を上げるならセミナーなども活用するのがおすすめです。

問題を解く

問題を解く

E資格では問題を解いて合格することが必要なので、最終的に重要なのは問題演習です。E資格の過去問は公開されていないので問題演習はやりづらいですが、例題があれば演習を進められます。

セミナーを受講すると例題を出してくれるので問題を解くトレーニングを積むことが可能です。アウトプットをすると記憶に定着しやすくなるメリットもあるので、問題を解くのは合格するために重要な対策方法です。

E資格の対策前にやるべきこと

E資格の対策方法の中からどれを選ぶかを考えるときに、まずはやっておくべきことがあります。

E資格の対策前には必ずシラバスを熟読しておきましょう。シラバスは毎年内容が変わっているので、古い教材を使用してしまうと全範囲をカバーできない場合があります。

参考書や動画教材などを使用するときには現行のシラバスに合っていないことがあります。詳しくチェックして、不足している部分は他の方法で対策することが必要です。

また、E資格の試験を受けるためにはJDLA認定プログラムを受講しなければなりません。JDLA認定のウェブセミナーまたはハンズオンセミナーを一つは選んで受講する計画を立てましょう。

E資格の対策をして合格するのに重要なポイント

E資格の対策をして合格するにはコツがあります。問題をスピーディーに解いていく必要があるのがE資格の試験の特徴で、簡単な問題は脊髄反射的に解けるようにすると合格率が飛躍的に上がります。当たり前の知識というくらいに数学や機械学習、深層学習や開発の内容を頭にインプットした上で、アウトプットできるようにしておくのが重要なポイントです。

インプットではウェブセミナーを繰り返し視聴するのがおすすめです。ウェブセミナーは動画として録画されていて何度でも内容を視聴できる場合が多くなっています。一度受講しただけではわからなかったことも、二回目の視聴で理解が深まるでしょう。繰り返していくことで記憶に定着していくのでインプットの方法として優れています。

アウトプットでは問題演習を反復して覚えるのが効果的です。まったく同じ問題が出なかったとしても、例題を通して似ている問題が頭に入っているとすぐに解答にたどり着けます。問題を解くのは自分の理解度を確認するためではなく、本番で合格するための対策だと考えて何度も解くようにしましょう。

その他、E資格対策方法としてやっておくべき内容はこちらの記事で解説しています。

【2024】E資格とは?受験するメリットやE資格合格のコツを徹底解説

E資格に合格するための対策にはセミナーがおすすめ

E資格の対策方法にはたくさんありますが、合格に直結するのはセミナーです。ウェブセミナーと例題を使って繰り返して学ぶことによりインプットとアウトプットの両方を効率的におこなえます。

JDLA認定プログラムを受講すると試験の受験資格を得られるメリットもあるので、セミナーをE資格の対策方法として活用しましょう。

最新情報をチェックしよう!