G検定の勉強時間はどれくらい?G検定の時間に関して徹底解説

IT業界で働く時に役立つ資格を何か取得したいと考えている人がいるかもしれません。
色々な資格がありますが、未経験者にも人気なのがG検定です。
今回はG検定がどういうものなのか、必要になる勉強時間や合格率を上げるポイントなどを紹介します。

G検定に合格するためにはどのくらいの勉強時間が必要?

G検定に合格するためにはどのくらいの勉強時間が必要?

G検定に合格するためには、平均的に30~40時間程度の勉強時間が必要と言われています。
もちろん個人差がありますが、30時間であれば1日1時間勉強して1ヶ月で合格を目指せるということです。
ただし、まったく事前知識がなく0から勉強を始める場合は、40時間以上かかる場合もあります。

経験者でもある程度の勉強時間は必要

システムエンジニアなど現場で働いている人であれば、有利になるというイメージがあるかもしれませんが、必要な勉強時間はそれほど変わりません。
なぜかというと、G検定の試験は現場で働く時に必要になる、プログラミング言語やシステムの仕組みなど、実用的な知識はあまり必要ないからです。

G検定を行っている一般社団法人日本ディープラーニング協会では、G検定とは別にE資格というものを実施しています。
E資格はエンジニアとして必要になる、実践的な知識やスキルが試されるものです。
そんなE資格とは違いG検定は経験者未経験者関係なく、取り組みやすい試験になっています。
その分、経験者だからといって有利になるわけではないので、注意してください。

人工知能に関して学習経験がある人は有利

エンジニアとしての経験はそれほど関係ないと言いましたが、人工知能に関して学習経験がある人は、多少有利になります。
大学で人工知能に関する講義を受けていた、オンライン講座などで学習経験がある、そういった人は20時間程度の勉強時間で合格を目指せるかもしれません。
G検定に合格するためには、実装経験ではなく人工知能の概要や基本的な知識などを知っておく必要があるということです。
ただし、いくら学習経験がある人でも、試験に慣れておくために問題集を解くなど基本的な勉強はしっかりしておく必要があります。

G検定はどのような試験?試験時間や出題数

G検定はどのような試験?試験時間や出題数

それではG検定がどのような試験なのか、実際の試験時間や出題数などを紹介していきます。

G検定の試験時間

G検定の試験時間は120分です。
知識問題のテストのみという構成で、120分以内にすべての問題を解かなければなりません。
参考書を見たり、インターネットで調べたりしながら答えることができますが、問題数が多くすべてを120分で調べることは難しいため、あらかじめ一定の知識を習得しておく必要があります。

出題される問題数

出題数は約220問となっており、様々な分野の知識問題が多肢選択式で出題されます。
試験範囲は

  • 人工知能の概要や動向
  • 機械学習の手法について
  • ディープラーニングの概要や手法

などです。
試験範囲が広く問題数が多いですが、検定の合格率は60~70%程度となっています。

オンラインでの自宅受験が可能

G検定はオンライン実施の試験となっています。
自宅受験が可能で、どこからでも試験を受けられるということで人気があります。

G検定の受験費用

受験費用は一般の方が13,200円、学生が5,500円です。
若干費用が高く感じるかもしれませんが、再受検の場合には一般の方が6,600円、学生が2,750円に割引されます。
ただし、前回の受験から2年以内に再受検する必要があるので注意してください。

G検定の合格率を上げるための勉強ポイント

G検定の合格率を上げるためのポイント

G検定の試験は、問題数が約220問と非常に多いです。
試験時間は120分となっているため、1問にかけられる時間は30秒程度となります。
1問1問じっくり考えながら答えていては、すべての問題を解くことができません。
事前に問題集を使って、素早く問題を解くことに慣れておくとよいでしょう。
また、問題文の中のキーワードから、どういうことを問われているのか反射的に理解できるようにしておく必要があります。

テキストを使って出題範囲を押さえておく

公式テキストが出されているので、それを使ってどのような問題が出されるのか、傾向を把握しておくとよいです。

特に、ポイントになるのが出題範囲です。
G検定の試験は人工知能やディープラーニングに関する概要や手法など、様々な知識が問われます。
範囲が非常に広いので、テキストを使って試験範囲をしっかり把握しておきましょう。

カンニングペーパーを用意しておく

カンニングペーパーというと悪いことに感じるかもしれませんが、G検定の試験はカンニングペーパーを見ながら受験することが認められています。
試験中に資料を見たり、ネットで調べたりしても問題ないということです。
そのため、事前に適切なカンニングペーパーを用意しておくことが合格率を上げる重要なポイントになります。
ただし、試験中に色々調べていると時間がなくなってしまうので、事前に自分が苦手とする分野や、何度も間違えてしまう問題などをカンニングペーパーにして、使えるようにしておきましょう。

独学だけではなくセミナーに参加してみる

G検定の勉強は独学で進めることもできますが、途中で挫折してしまうケースが少なくありません。
人工知能やディープラーニングに関する知識は、未経験者にとってはとっつきにくいものが多いです。
一人で勉強していて何か分からないことがあった時、解決できずそのまま放置してしまうこともあるでしょう。
それでは、試験対策になりません。
一人で勉強するのが難しいと感じた時は、セミナーに参加してみるのがおすすめです。

G検定に関するセミナーに参加すれば、プロから直接試験に必要な知識や対策方法などを学ぶことができます
一人では解決できない問題も、解決するかもしれません。
試験の合格率を上げるためには、独学だけではなくセミナーに参加するなど、色々な方法で勉強に取り組むことが大切です。

セミナーを探している人におすすめのG検定講座

セミナーに参加してG検定に関する知識を身につけたいと考えている人におすすめなのが、G検定対策講座です。
G検定対策講座は、自分の好きなスタイルでG検定の学習が進められる講座ということで人気があります。
東京など様々な会場でセミナーを開催しているので、直接プロから色々な指導を受けることができます。
近くに会場がない、セミナーに参加している時間がないという人には、オンライン上で参加できるライブウェビナーも用意されています。

ネット環境があれば、どこにいても講師に質問しながら学習を進められるので、初めて試験に挑む人も安心です。
G検定は開催される年によって出題傾向がかわりますが、G検定対策講座は最新のG検定に対応しています。
さらに、ただ指導を受けられるだけではなく、合格まで専門スタッフが徹底サポートしてくれるのが魅力です。
G検定対策がなかなか上手くいかないと悩んでいる人は、参加してみてはいかがでしょうか。

しっかり勉強時間を確保してG検定合格を目指そう!

G検定は人工知能やディープラーニングの基礎を学ぶのに最適な検定で、未経験者でも気軽に挑戦できるということで人気があります。
比較的合格率が高い試験ですが、対策はしっかりしておかなければなりません。
試験用のカンニングペーパーを作成する、G検定向けのセミナーに参加するなど、合格率を上げる努力をした上で試験にチャレンジしましょう。

G検定の勉強時間はどれくらい?G検定の時間に関して徹底解説
最新情報をチェックしよう!