【2024】G検定が活用できる仕事は?意味ないといわれる理由も解説

ディープラーニングの基礎知識やAIのビジネス活用など、広範な知識が必要なG検定。しかし、「G検定は取得する意味がない」「G検定を活用できるシーンが少ない」という声も耳にします。

AI人材不足が叫ばれる中、G検定はどのような価値を持ち、どのようなニーズに応えているのでしょうか?

そこで今回は、G検定が活用できる仕事、「意味ない」といわれる理由を解説します

G検定とは?

G検定とは?

G検定の特徴は、次の4つです。

  • 自宅で受験できる:インターネット環境があれば、自宅など好きな場所で受験できる
  • 幅広い知識を対象とする:AI・ディープラーニングの基礎知識、ビジネス活用や数理・データサイエンスなど、広範な知識が問われる
  • 実務での応用性:AIを活用したビジネス企画や開発、データ分析などの実務で役立つ
  • キャリアの向上:AI・IT分野でのキャリアアップが目指せる

G検定について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

【2024】G検定とは?ディープラーニングを学ぶメリットや勉強法を紹介

G検定の試験範囲(シラバス)・難易度

G検定の試験範囲(シラバス)は、大きく以下の3つに分かれます

AI・ディープラーニングの基礎知識

人工知能の定義と歴史、ディープラーニングの手法、代表的なニューラルネットワーク、データの収集と前処理、評価指標などについて出題されます。

ビジネス活用

画像認識、自然言語処理、音声認識などビジネスにおける活用シーン、および金融、医療、製造、マーケティングなど多岐にわたる業界での具体的事例も紹介されます。

数理・データサイエンス

統計学、線形代数、確率論、など、AI・ディープラーニング技術を理解するために必要な数学的知識について出題されます。

一般的に、G検定の難易度は中程度とされています。E資格よりも難易度は低いですが、G検定は幅広い範囲の基礎知識が必要です。G検定の難易度や勉強方法について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

【2024】G検定の難易度とは?高い理由やG検定の勉強方法も解説

G検定は意味ないといわれる理由

G検定が活用できないといわれる理由

それでは、G検定は意味がない、活用できないといわれる理由について解説します。

類似資格の増加

G検定の価値が低下していると指摘される一因に、類似する他の資格の増加が挙げられます。

AIエンジニア向けの資格であるE資格やデータサイエンティスト認定試験、情報処理技術者試験(ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者)などがその例です。

G検定は、AIの基礎知識を証明する有効な手段の一つですが、類似資格の増加により評価される場面が限られてきました。そのため、「活用できない」、「G検定は意味ない」との見方も出ているようです。

認知度の低さ

G検定が活用できないといわれる理由の一つは、認知度の低さです。

G検定は、情報処理技術者試験やデータサイエンティスト認定試験と比べて歴史が浅いため、一般に広く知られていません。試験内容や難易度も、関連業種以外では明確に理解されていないのが現状です。

このように、G検定の認知度の低さと企業の評価の不明確さが、就職活動や転職活動で活用できないといわれる理由と推察されます。

専門性の不足

近年、AI関連の求人市場において、E資格やデータサイエンティスト認定試験が注目度を増しています。これは、企業が各分野における高い専門知識を備えた人材を積極的に求めている証ともいえます。

G検定は、AIの基礎知識を証明する有効な資格であることに変わりはありません。しかし、「実務で活用できない」という評価が存在するのは、専門性の不足が原因であると推察されます。

G検定を活用するメリット

G検定を活用するメリット

続いて、G検定を活用するメリットについて解説します。

幅広いビジネスに対応できる

G検定では、AI技術の基礎的な仕組みや種類、活用事例などを通じてAIに関する理解を深め、幅広いビジネスに対応できる能力を養います

G検定で学んだ知識を活かし、E資格やデータサイエンティスト認定試験などの専門資格を目指すことで、AI技術開発者としての道が一層広がり、さまざまな業界や分野で活躍する機会も広がります。

G検定は、AI技術開発そのものには直接役立つスキルではありません。
しかし、こうした取り組みからAI技術をビジネスに活用する能力が向上する、AI技術開発者としてのキャリアパスが拡大するなど多くの間接的なメリットを得ることができます。

就職・転職で有利になる

G検定は、就職・転職活動においてもメリットがあります
近年、AI技術の活用分野は広がり続けている一方、その仕組みや可能性を理解するAI人材は不足しているのが現状です。

AIの基礎知識を有するG検定取得者は、AIの導入に関する戦略立案やプロジェクトのリーダーシップなど、多岐にわたる業務領域で活躍が期待されます。G検定取得は、AI人材不足を解消したい企業に対して、効果的なアピールポイントとなるでしょう。

AI研究所の「JDLA認定 G検定対策講座」は、最新のG検定に対応した効果的なカリキュラムを組み、わずか1日で合格を目指せます。
専門スタッフによる丁寧な指導、充実・安心のサポート体制も評判です。詳細はこちらからご確認ください。

JDLA認定 G検定対策講座の詳細はこちら

G検定が活用できる仕事

G検定が活用できる仕事

最後に、G検定が活用できる主な仕事は以下の通りです

  • ITコンサルタント
  • データサイエンティスト
  • システムエンジニア
  • データベース管理者

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、企業のIT戦略策定やシステム開発支援を行う仕事です。

近年、ITコンサルタントの仕事においてAIに関する知識が求められる場面が増えてきました。そのような中、G検定は以下のような場面で活用されています。

  • 顧客のニーズに合致したAI技術を提案
  • AI技術を活用したシステム開発プロジェクトの企画
  • AI技術導入におけるリスク分析
  • AI技術を活用したシステム開発の設計
  • 開発チームへの技術指導
  • AIシステムの運用・保守

データサイエンティスト

データサイエンティストは、統計学、機械学習、プログラミングなどの知識を用いてデータから価値ある情報を導き出す仕事です。

G検定を取得すると、データサイエンティストのベースであるデータ分析の精度向上や効率化に貢献できます。具体的には、以下のような場面で役立ちます。

  • データソースから必要なデータを収集
  • 機械学習アルゴリズムを用いてデータからパターンや傾向を抽出
  • 統計分析を用いてデータの信頼性を検証
  • ビジネス課題の解決に役立つ機械学習モデルを構築
  • 分析結果を基に経営層や現場に提案

システムエンジニア

システムエンジニアは、企業のシステム開発や運用・保守を行う仕事です。
G検定は、システムエンジニアの仕事において以下のような場面で役立ちます。

  • AI技術を活用したシステムの要件定義
  • AIアルゴリズムの選定
  • AIモデルの構築
  • AIシステムのテスト
  • AI技術を活用したシステム開発・プロジェクトの計画

G検定は、AI技術の基礎知識を証明する資格であり、専門性を証明するものではありません。より専門的な知識を習得するためには、E資格やデータサイエンティスト認定試験などの資格取得も検討しましょう。

データベース管理者

データベース管理者は、データベースの構築、運用、保守など、企業の基幹システムを支える仕事です。

近年、ビッグデータの活用が進む中、データベース管理者には、データ分析やAI技術に関する知識も求められるようになっています。
G検定のスキルはデータベース管理者の仕事において、以下のような場面で役立ちます。

  • データベースに蓄積されたデータを分析
  • データ分析結果に基づきビジネス課題の解決策を提案
  • AIシステムの開発
  • AIシステムの運用・保守
  • AI技術を用いたデータベースのセキュリティ対策

G検定が活用できる仕事についてさらに知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

G検定を受けるメリット4選!G検定が役立つ職種や特徴について解説

まとめ

まとめ

AI技術の進歩とともに、幅広い業界でAIの基礎知識が求められるようになってきました。G検定は、AI技術の基礎知識を証明する公式資格であり、就職や転職で有利に働きます。

今後AIを活用していた業務をしていきたい方は、スキルアップの一つとしてG検定の受験を検討してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!