【2024】建設業DXとは何?メリットや必要不可欠な技術を詳しく解説

近年、建設業界ではDXの導入が急速に進んでいますが、その具体的な内容や利点についてはまだ十分に理解されていない部分もあります。そんな中DXの導入により、建設業界にはどのようなメリットがあるのか、DXを推進するために必要不可欠な技術とは何なのか、知りたい方は多いのではないでしょうか。

本記事では建設業DXの概要、導入のメリット、必須となる技術について詳しく解説します。建設業界でのDX推進を考えている方にとって役立つ情報が満載なので、ぜひ参考として下さい。

建設業DXの概要

建設業DXは、デジタル技術を活用して業務効率化やイノベーションを促進する取り組みです。いま主流となっているDXを建設業に当てはめたものという認識で差し支えありません。

主にIoTやAIを用いた施工管理や設計プロセスの自動化、データ分析によるリアルタイムなプロジェクト管理が特徴として挙げられます。これにより建設プロセスの透明化や品質向上が図られ、コスト削減やスケジュール管理の精度向上が期待されています。

建設業DXの概要を一覧にすると、以下のようになります。

定義建設業におけるデジタル技術の活用による業務改革と効率化の取り組み。
主要な技術・ツール
  • IoT(Internet of Things)
  • BIM(Building Information Modeling)
  • AI(人工知能)
  • AR/VR(拡張現実/仮想現実)
  • クラウドコンピューティング

など

利点
  • 生産性の向上
  • 品質管理の強化
  • リアルタイムでのデータ収集と分析
  • コスト削減
  • 労働力の効率化

など

課題
  • 技術導入のコスト
  • データセキュリティの確保
  • 従来の業務スタイルとの調整
  • スキルセットのアップデート

など

成功事例
  • デジタルツインの活用
  • 現場のIoT導入によるリアルタイム監視
  • BIMによる設計・施工の一体化
  • AIによる予測メンテナンス

ほか

建設業DXに注目が集まっているのはなぜ?

建設業DXに注目が集まっているのは、従来の業務プロセスの効率化や品質向上を図るツールや技術が登場しているからです。たとえばIoTやAIを活用した施工管理の自動化やデータ分析によるリアルタイムな情報共有が、建設プロジェクトの透明性と効率性を向上させ、競争力を強化すると期待されています。

にもかかわらず現代の建設業界のほとんどは、こういったモダンな技術に対応しきれていないのが現状です。建設は安定した需要のある業界だからこそ、より高い生産性と効率を実現すべく、このような取り組みが推奨されているのです。

建設業DXにおける現状の課題とは

建設業DXにおける現状の課題とは

建設業DXにおける現状の課題として挙げられるのは、大きく以下の3つです。

  1. 深刻な人手不足
  2. 建設業界全体の労働時間
  3. 生産性・効率の低さ

それぞれご紹介します。

課題①深刻な人手不足

建設業DXにおける現状の課題としてもっとも大きいのは、やはり深刻な人手不足です。

具体的には、新たな技術導入により求められるスキルや知識が増える一方で、建設業界全体で適切な人材が不足しているということです。

特に高度なIT技術やデジタルツールの習得には時間がかかり、経験豊富な技術者の確保が難しい状況が続いています。

課題②建設業界全体の労働時間

建設業界全体の労働時間も、大きな課題のひとつです。特に現場作業員や管理職の多くが長時間の過重労働に直面し、長時間労働と労働環境の改善が求められています。

また、それが業務効率や安全性にも影響を与えていることも事実です。この背景から、デジタル技術の導入により作業の効率化が推奨されているというわけです。

課題③生産性・効率の低さ

生産性と効率の低さも、建設業の大きな課題として挙げられます。良くも悪くも伝統的な作業手法や情報の非効率な管理が、プロジェクトの進行やコスト管理に影響を与えているからです。

そのため作業プロセスの最適化やリアルタイムでのデータ分析が可能になる「デジタル技術の導入」が、これらの課題解決の術として期待されています。

なお現状のDXの課題は、上記で紹介したもの以外にも多岐にわたります。以下の記事でくわしく言及していますので、興味のある方はぜひご一読下さい。

【2024】DXの課題とは?現状の推進状況や推進のためのコツを紹介!

建設業DXに取り組むことのメリット

建設業DXに取り組むことのメリットを、以下のとおりご紹介します。

  1. 生産性や作業効率を上げられる
  2. 労働時間短縮が期待できる
  3. 技術・スキルの共有が容易になる

メリット①生産性や作業効率を上げられる

建設業DXの取り組みによるもっとも大きなメリットは、生産性や作業効率の向上です。

デジタル技術を活用することで、作業プロセスの最適化やリアルタイムでのデータ収集・分析が可能になり、作業時間の短縮やコストの削減が実現します。同時にこれは人件費の削減や残業時間の短縮にもつながります。

さらに、より正確な予算管理や品質管理が可能になるので、プロジェクトの進行管理が効果的に行えるようになり、競争力の強化にもつながります。

メリット②労働時間短縮が期待できる

前述でも触れていますが、労働時間の短縮が期待できる点も建設業の大きなメリットです。デジタル技術の導入は作業プロセスの効率化や自動化を推進してくれるので、労働者の負担が圧倒的に減少、もしくは自動化によってゼロにもなります。

このようにDXは長時間労働の削減が図られ、労働環境の改善が促進されるとともに、作業者の生産性向上にも寄与するのがメリットです。

メリット③技術・スキルの共有が容易になる

建設業DXの取り組みにおけるもう一つのメリットは、技術やスキルの共有が容易になることです。本来の建設業は業務に有用なスキルの継承が難しく、技術者やベテランに対して依存している状況がありました。

しかしデジタルツールやプラットフォームを活用することで、作業手順やベストプラクティスをリアルタイムで共有し、全体の技術レベルを均一化することが可能です。これにより組織内での知識の固定化を防ぎ、新たな技術の導入やスキルの習得が迅速に行える環境が整います。

建設業DXに必要不可欠な技術

建設業DXに必要不可欠な技術

建設業DXに必要不可欠な技術を、以下のとおり紹介します。

  1. BIM/CIM
  2. IoT
  3. ドローン

技術①BIM/CIM

BIM(Building Information Modeling)またはCIM(Construction Information Modeling)は、建築物やインフラの設計・建設・管理を3次元的にモデル化し、情報を統合管理することで、効率化や品質管理の向上を実現するものです。

これにより建設プロセス全体を統合的に管理し、設計変更や調整の迅速化したり、衝突を検出できたりします。

技術②IoT

IoT(Internet of Things)は、「モノとインターネットの融合」のことを指します。

たとえばセンサーやデバイスを建設現場や施設に配置し、リアルタイムでデータを収集・分析することで、機械の稼働状況や環境条件を監視し、効率化や安全性の向上を図ります。

他にも設備の遠隔監視やメンテナンス予測、作業者の安全管理など、いまや幅広いシーンで活用され、業務の迅速化と質の向上に寄与しています。

技術③ドローン

ドローンも建設業に欠かせない技術の代表格であり、建設現場での視覚的な監視や測量、進捗管理、安全性確保などに活用されます。

空中からの高精度な映像やデータの収集が可能であり、施工の進行状況の可視化や課題の早期発見に役立ちます。またドローンを使用することで、従来の手法では難しかった高所作業や広範囲な地形の調査も効率的に行うことができます。

なお以下の記事では、上記以外の「建設DXに使われている最先端のITの技術」について詳しく言及していますので、気になる方はぜひご一読ください。

建設DX!建設業における先端IT技術の応用

建設業DXを理解するならAI研究所

建設業DXを理解するならAI研究所

DX完全攻略ハンズオンセミナーは、未経験者でも1日でデジタルトランスフォーメーション(DX)について理解を深めることができる講習です。オンラインでも受講可能でいつでもどこでも学ぶことができます。

基礎から応用レベルまで実務で役立つ知識とスキルを習得でき、セミナーではDXの基本知識や仕組み、ビジネスへの導入方法、さらにAI、IoT、ブロックチェーン、RPAなどの具体的な技術解説や活用事例を学びます。さらに3DプリンターやVR/AR/MRなどの応用的な技術も実践的に扱うため、DXの理論と実践に必要なスキルを体系的に身につけるのに最適です。

DX完全攻略ハンズオンセミナーのスケジュール/お申し込みはこちら

建設業DXの導入方法

この章では建設業DXの導入方法を、以下の順で解説していきます。

  1. 現場を熟知しゴールを明確にする
  2. 人員リソースやITのツールの準備
  3. 小さい部分から少しづつDX化する

方法①現場を熟知しゴールを明確にする

まず現場のニーズや課題を理解し、どのようなデジタル技術が効果的かを検討します。たとえば労働力不足の解消や生産性向上を目指す場合、IoTやBIMの導入が有効となります。

ゴールが明確であれば、技術導入の戦略や予算の設定、ステークホルダーの合意形成もスムーズに進められます。

方法②人員リソースやITのツールの準備

導入を決めたら、適切な人員リソースとITツールの準備を行います。まずデジタル技術を理解し適用できる技術者や専門家の配置を検討しながら、必要なITツールやソフトウェアを導入し運用準備を整えます。

そして導入する技術に応じて、必要なトレーニングや教育プログラムも計画し、全ての関係者が技術の効果的な利用方法を理解できるようにするのが理想です。

方法③小さい部分から少しづつDX化する

建設業DXの導入は、小さい部分から段階的に行うのがおすすめです。まずは限られた範囲やプロジェクトから始め、デジタル技術の導入と効果を評価しましょう。

大きい部分から導入を実施すると、もしいまくいかなかったときの損失が大きくなってしまうためです。一気にやるのではなく、リスクを最小限に抑えつつ、少しずつ組織全体へのデジタル文化の浸透を促進する姿勢が大切になります。

建設業DXの導入事例

建設業DXの導入事例を、以下のとおり紹介します。

  1. 清水建設株式会社
  2. 戸田建設株式会社
  3. 鹿島建設株式会社

導入事例①清水建設株式会社

清水建設株式会社では、ARとタブレット端末を用いたツール「Shimz AR Eye」を導入しています。

これによって建物の「3Dモデルデータ」と「現在のライブ動画」を混合することで、円滑な施工管理を実現しているため、理想的なDX成功例といえるでしょう。

導入事例②戸田建設株式会社

戸田建設は「データ収集・分析、サービス提供」を目的としたプラットフォームを開発し、他のシステムとの締結で事業拡大を図っています。またデジタル化による社会活動の変革を進めるべく、有益なデータを集め、新しい価値を生み出すエコシステムを構築し、他の産業と連携して事業を広げています。

DXのためのロードマップでは、まず「ものづくりデジタル化」を重視し、BIM/CIMを核とした建設生産システムの効率化と高度化を目指しています。

導入事例③鹿島建設株式会社

鹿島建設は、スマートシティの取り組みで地域の課題解決に注力しています。

たとえば羽田空港近くの「HICity」ではデジタルツイン技術を使い、施設や自律走行バスの状況をリアルタイムでモニターで管理したり、AIによるビッグデータ解析で施設運営を最適化しています。

HICityは先端技術の実証場として多様な産業との交流を促進し、持続可能な都市への道を切り拓いています。

建設業DXまとめ

建設業DXとは、建設業界におけるデジタル技術の導入と活用を指します。具体的には、BIMやIoT、AI、AR/VRなどの技術が活用され、設計、施工、管理の各プロセスで革新的な変化が起こっています。

この影響によってプロジェクトの可視化が進み、関係者間のコミュニケーションが円滑になり、ミスやトラブルの発生率が低下します。また現場作業の効率が向上し、従業員の負担軽減や安全性向上にも寄与します。建設業DXの推進により、持続可能な建設プロジェクトが実現し、業界全体の競争力の向上が実現します。

これからの建設業界においてDXは不可欠な要素となるのは間違いありません。建設業DXを積極的に取り入れ、次世代の建設業をリードしていく準備を始めましょう。

DX完全攻略ハンズオンセミナーの詳細はこちら

最新情報をチェックしよう!