生成AI人材に求められるスキルとは?需要や育成する方法を徹底解説!

米Appleは2024年3月に、生成AI人材に年4,500万円近い基本給を提示すると明らかにしました。Appleは、2024年内に生成AI分野で具体的なサービスを発表する予定で人材獲得に力を入れるようです。

現在、生成AIは様々な分野で活用されており、生成AIに特化した人材の需要も高まっています。そこで今回は、生成AI人材に求められるスキルや生成AI人材を育成する方法を解説します。

そもそも生成AIとは

そもそも生成AIとは

生成AIとは、文章や画像などの様々なコンテンツを生成できるAIのことです。Generative AI(ジェネレーティブAI)とも呼ばれ、深層学習や機械学習を活用して、まるで人間が作り出すようなデジタルコンテンツを自動で生成することができます。

生成AIはデータをコピーするのではなく、自ら学習して新たにデータを生み出すのが特徴です。学習した大量のデータからパターンを分析してオリジナルのコンテンツを出力できるため、多様なコンテンツ生成ができます。そのため、クリエイティブな分野だけではなく、ニュースやゲームなど様々な分野で幅広く活用されています。

生成AI人材の需要が高まっている

生成AIは現在急速に進歩している技術であり、様々な分野で活用され始めています。近年では、生成AIを活用したサービスなどが続々とリリースされており、今後もその数はますます増えていくことでしょう。

今後も生成AIの需要が高まることが予想されるため、生成AIに特化した人材は特に重宝されると考えられます。しかし、生成AIは最新の技術であるため、精通した人材はまだ多くない傾向です。

企業側は生成AIを活用した事業を展開するために、生成AI人材を積極的に求めているのです。

生成AI人材に求められるスキル

生成AI人材に求められるスキル

経済産業省は2023年8月に、生成AI時代のDX推進に必要な人材・スキルの考え方を公表しました。以下のようなスキルが生成AI人材に求められています。

  • 生成AI利用においてのマインド・スタンス
  • AIに関する基本的な知識
  • AIに関するリテラシー
  • プロンプトの習熟
  • 言語化の能力
  • 対話力
  • 分析力
  • 問いを立てる力
  • 仮説を立てる力
  • 検証する力

それぞれの項目を以下で詳しく見ていきましょう。

生成AI利用においてのマインド・スタンス

生成AI人材にはAIに対する技術や知識・スキルに加え、様々なマインドやスタンスを身につけることが求められます。生成AIは日々進化している最新技術であるため、生成AI人材にも常に知識や技術が生み出されています。

そのため、生成AI人材には日々進化する生成AIの変化を恐れず、新しい知識や技術を積極的に学び続ける姿勢が重要です。また、生成AIで出力したデータには著作権侵害や倫理的な問題などを含む可能性もあります。

そのため、生成AIの特性を理解した上で生成AIを責任ある形で利用することも重要です。

AIに関する基本的な知識

生成AI人材にはAIに関する基本的な知識を持つことが求められます。例えば、機械学習やディープラーニングの基礎や仕組み・人工知能の種類・生成AIの技術や仕組み・Pythonなどのプログラミング言語・ライブラリ・データ分析のスキル・生成AIの論理的な問題などです。

AIに関する基本的な知識を正しく理解しておくことで、AIのスキルや技術が身につきやすくなり、ビジネスを飛躍させるきっかけになる可能性もあるでしょう。

AIに関するリテラシー

AIに関するリテラシーとは、AIの仕組みやデメリットを理解した上で、自分自身で判断しAIを適切に活用していくことを指します。リテラシーとは、ある分野に関する知識や活用する能力のことです。

元々は読み書きの能力を意味していた言葉でしたが、ビジネスの場面では、情報を適切に理解し解釈して活用する意味で使用されることが大半です。AIに関するリテラシーを身につけることで、AIのメリットを最大限に活かしながらリスクを回避することが可能になります。

AIに関するリテラシーを高めるには、書籍やインターネットで知識を身につけたり、講座やセミナーに参加して資格を取得したりする方法があります。

プロンプトの習熟

プロンプトとは、AIに対してユーザーが与える指示文や質問文のことを指します。例えば、ChatGPTなどの対話型AIにおいては、ユーザーが入力したプロンプトに基づいて応答を生成する仕組みです。

画像生成AIでは「犬の画像を生成してください」というプロンプトを入力すると、AIは犬の画像を出力することができます。プロンプトの質が出力結果に左右されるため、具体的で明確なプロンプトを入力することが重要です。

生成AI人材には、具体的な指示や情報・適切な表現を盛り込んだ効果的なプロンプトを作成するスキルが求められます。

言語化の能力

言語化の能力とは頭の中の考えを言葉にし、相手が理解しやすい表現を用いて伝える力を指します。先述したように、生成AI人材にはプロンプトの習熟が重要です。

プロンプトを習熟するには、自分の頭の中の考えを明確かつ詳細に言語化する必要があります。例えば、曖昧なプロンプトや長すぎて内容が伝わらないプロンプトではAIが理解しにくく、誤った解釈をしてしまうでしょう。

その結果、ユーザーの意図に反する生成結果が出力される可能性もあります。

対話力

対話力とは、会話を通じて合意を形成する能力を指します。生成AIは、ユーザーが与えたプロンプトに基づき生成した結果を出力しますが、AIの出力結果に再度プロンプトを与え、要素を追加したり修正したりすることが可能です。

ユーザーはAIに分かりやすく明確なプロンプトを与えることで、AIに理解させ生成結果をアップデートすることができるでしょう。先述したようにプロンプトの質により生成結果が変わるため、生成する精度を高めるためには、プロンプトの入力の仕方にこだわる必要があります。

求めている回答を得るには対話力を意識し、適切な指示を与えることが重要です。

分析力

分析力とは集めたデータや情報を調査し、要素を分解・整理して考えを明らかにする能力を指します。生成した出力結果に対し、生成AIがどのようにデータを生成しているのかを分析する能力が重要です。

分析力を高めると生成AIの出力結果の偏りや精度などを把握することができるため、プロンプトの文脈や内容を変更して、作成したい生成結果に近づけることができるでしょう。

問いを立てる力

問いを立てる力とは、問題解決能力を高めるために必要なスキルです。 ただ疑問を持つだけでなく、問題の本質や背景を深く考えることができる力を指します。

また、問いを立てることによって、新たな視点やアイデアが生まれることもあります。問題の本質を見抜き、解決に向けた道筋を見つけるために必要な思考力です。

仮説を立てる力

仮説とは、結論を導き出すことです。仮にの答えを立てて検証すべき項目を絞りこむことで、問題を解決し結論にたどり着くことができるのです。

仮説を立てる力を養うことで生成AIが生成したデータを分析し、問題点を発見し解決策を検討することができます。また、既存の知識や経験に囚われない独創的な仮説を立てると、新しいアイデアに基づいたデータを生成することもできるでしょう。

仮説を立てる力を鍛えるには様々な視点から物事を考えたり、ブレインストーミングやマインドマップなどの手法を活用したり、常に疑問を持つことが大切です。

検証する力

生成AIを活用するには、生成済みのデータを検証することが重要です。生成AIの特性として学習したデータに偏りや著作権のあるデータが含まれていた場合、出力結果にもデータの偏りが生じたり、著作権に触れるデータが生成されたり、誤りや論理的な問題が反映される可能性があります。

そのため、生成AIが出力した結果を批判的に評価し、問題点を発見して解決策を検討する能力が重要です。検証する力を鍛えるには実際に生成AIを活用し、検証や問題解決の経験を積み、機械学習やデータ分析などのスキルを磨きましょう。

生成AI人材を育成する方法

生成AI人材を育成する方法

生成AIは、様々な分野で革新をもたらすことが期待されています。生成AI人材の需要も高まっていますが、生成AIの分野に精通した人材はまだ多くない状態です。

企業では、生成AI人材の育成に力を入れていくことが重要となります。以下で、生成AI人材を育成する具体的な方法を紹介します。

自分で生成AIについて勉強する

生成AIの知識やスキルは、独学で勉強することも可能です。YouTubeでAIに関する解説動画を視聴したり、ブログやSNSなどで生成AIに関する情報を収集したり、GitHubなどのオープンソースプロジェクトで実践的な経験を積むこともできます。

また、生成AIのコミュニティに参加して、他の生成AI人材と交流するのもおすすめです。独学で生成AIを勉強する際は、目標を明確にして計画的に学習を進めましょう。

学んだことをアウトプットする習慣をつけると、生成AIへの理解を深めることができます。

生成AIの社内勉強会を開催する

社内で生成AIに関する勉強会を開催することで、社員に生成AIに関する基礎知識や手法を効率的に伝えることが可能です。また、勉強会の参加者同士の交流を促進して理解を深め、モチベーションを高める効果も期待できるでしょう。

生成AIに関する社内勉強会を成功させるためには、生成AIに関する知識レベルに合わせた内容の調整や生成AIを活用したタスクの実行・学んだ内容を活かすためのフォローアップが重要になります。

講座やセミナーでスキルを身につける

生成AI人材を育成するには、講座やセミナーでスキルを身につけることが有効です。講座やセミナーでは専門家から直接生成AIについて学ぶことができるため、疑問点を直接講師に質問することができる上に、基礎知識から専門知識までを体系的に学ぶことができます。

また、講座やセミナーによっては生成AIモデルを構築し、生成AIを業務ですぐ活用できるスキルを習得することができるでしょう。

AI研究所なら最短3日で生成AI人材のスキルが身につく

AI研究所では、AIに関する様々なセミナーを開催しています。最短1日間から習得できるセミナーもあり、未経験の方でもAIに関する基礎〜応用までの知識が身につけられます。

セミナーによっては会場受講やライブウェビナー・eラーニングからご希望の受講形式を選択できるため、ご自分の予定に合わせて学習可能です。また、会場受講の場合は使用するパソコンは全て貸し出いたします。

以下でAI研究所のおすすめセミナーを具体的に解説します。

チャットボット入門セミナー

AI研究所のチャットボット入門セミナーは、チャットボットの基礎知識から作成方法までを体系的に学べるセミナーです。未経験の方でも1日でチャットボットについて理解できる内容となっています。

実務に即した課題に基づきトレーニングする形式のため、受講後はすぐにチャットボットが業務で活用できるようになります。eラーニングでのセミナーになるため、場所を問わず自分のペースで学習可能です。

ビジネス向けAI完全攻略セミナー

AI研究所のビジネス向けAI完全攻略セミナーは、AIの基礎知識から制作方法・作成したAIをサービスとして活用する方法までを1日で学べます。実務で使える知識と活用術を習得できるため、自由にAIプロジェクトを進められるようになるでしょう。

AIの基礎から応用までを学び、応用ではクレジットカード審査が可能なAIや高度な画像認識ができるAIの作成方法を学ぶことができます。

AIプロフェッショナル人材育成コース

AI研究所のAIプロフェッショナル人材育成コースは、AIの基礎知識から最先端技術までを体系的に学び、AIプロフェッショナルを目指す実践型研修プログラムです。AIモデルの開発から実務応用まで、実践的なスキルを習得できます。

AIを本格的に学び、ビジネスに活用できるスキルを身につけることができるため、AIプロフェッショナルを目指す方におすすめです。会場受講とライブウェビナーから選択することができます。

AIのスキルを身につけてAI時代で有利になろう

今回は、生成AI人材に求められるスキルや生成AI人材を育成する方法を解説しました。生成AIの特徴や仕組み・リスクを正しく理解し、生成AI人材に求められるスキルを身につけましょう。

生成AI人材はまだ多くない傾向ですので、ぜひAI研究所のセミナーで生成AIに関する知識を身に付けて、いち早く実務で役立ててください。会場受講やライブウェビナーでは講師に直接オンラインチャットや音声通話で質問やレクチャー等のやりとりができるので、分からないことなども気軽に聞けます。

また、AI研究所では企業向けDX・AI人材育成研修サービスという出張セミナーも承っております。短期的な研修カリキュラムから中長期的なプランまで、御社にあったDX・AIの人材育成の研修プランをご提案いたします。

生成AIの社内勉強会にもぜひ、お役立てください。

生成AI人材に求められるスキルとは?需要や育成する方法を徹底解説!
最新情報をチェックしよう!