G検定を受けるメリット3選!G検定が役立つ職種や特徴について解説

G検定の受けることには、どのようなメリットが存在しているのでしょうか。また資格に興味を持っていても、自分の職種に役立つのか判断できず、受けるか迷っている方もいるかもしれません。そこでG検定のメリットと合わせて、どのような職種で役立つのか考えてみましょう。特徴も含めて考えていくことで、G検定がどのようなものか理解しやすくなります。

G検定を受けるメリット

それでは早速G検定を受講し、合格するまでの流れで得れるメリットをいくつか紹介します。

G検定のメリット①合格という目標のために頑張れる

G検定を取得するメリットの1つが、AIやディープラーニングに関する体系的な知識を持っていることを証明できるという点です。また証明に役立つだけではなく、知識を獲得して定着させるうえでも役に立つ資格です。実際にAIやディープラーニングなどの分野について学びたいと考えていても、何から学習を開始したらいいのか迷ってしまう方も多くいます。そこでG検定の取得という目標を作ることで、目標に向かって効率的に学習できます。何の目標もない状態で学習を進めるより、合格という目標があるかどうかで勉強に集中して取り組みやすくなるという点を押さえておきましょう。

また合格という目標に近づきやすいように、どのような学習方法を選ぶかもポイントの1つです。学びたいという気持ちはあっても、独学で学ぼうと考えると、わからない点などで躓いて挫折してしまう可能性もあります。特に基礎知識がない状態で学習を始めると、独学だと誰にも質問できず挫折してしまう方も多くいます。そこで挫折することなく学習を進めやすい環境を作るために、オンライン講座を活用するのも1つの手です。自分に合った学習方法を選ぶことも取得後のメリットにつなげるための大切なポイントです。

G検定のメリット②就職や転職にもつなげられる

G検定を取得してAIなどの体型的な知識を持っていることを証明できれば、就職や転職に役立つというメリットがあります。実際にAI関連の仕事をしたいと考えていても、自分の知識やスキルを証明する方法がないと、就職や転職に苦労するという方も多くいます。そこでG検定を取得したメリットを活かして、希望の職種で働けるチャンスを得ましょう。

ほかにもG検定のメリットとして注目するべきポイントの1つが、コミュニティに参加できるという点です。合格者のみが参加できるコミュニティでは、勉強会やさまざまなイベントに参加できます。定期的に行われる勉強会やイベントに参加すれば、資格取得者同士の情報交換も行えます。資格取得者がどのようにG検定を活かしているのか話を聞くことで、資格を活かす新たな形を見つけられるかもしれません。

G検定のメリット③合格したら資格はずっと続く

さらにG検定のメリットで忘れてはいけないのが、有効期限が存在しないことです。有効期限がある資格だと、定期的に試験のために勉強をする必要があります。ですが有効期限は存在しないため、1度資格を取得したら長くG検定を活かしていくことも可能です。ただしAI分野は常に進歩を続けているので、新たな知識を得るために定期的に受験するのも1つの手です。合格証には取得した年度が表示されているため、定期的に合格すれば最新の知識を持っていることが証明されるので、就職や転職がさらに有利になる可能性もあります。

G検定が向いている職種とは

AIやディープラーニングに関する体系的な知識、そして適切な活用方針を決定して事業に応用する能力をアピールできるのが、G検定を取得することならではのメリットです。そのためG検定は、AIに関連する職種に就職もしくは転職したいと考えている方に適しています。特に資格を活かせる職種としてあげられるのが、機械学習エンジニアとデータサイエンティストです。

機械学習エンジニアは、機械学習のすべての領域に関わるエンジニアのことです。例えば機械学習モデルの選択、データの前処理やAPIの整備、ほかにも学習環境システムの設計や構築など機械学習に関連するさまざまな業務に携わります。そのため機械学習に関する知識を持っているとG検定で証明できれば、機械学習エンジニアの就職や転職に有利になる可能性が高いのです。またAIは、IT業界だけではなく、さまざまな分野で注目が集まっています。そのためG検定を活かせる機械学習エンジニアは、需要が高い職種の1つだと押さえておきましょう。

一方でデータサイエンティストとは、データ分析に特化した業務を行うエンジニアのことを指します。AIやディープラーニングなどのデータ分析を担当するとき、関連する知識を持っているかという点で即戦力になるかどうかという点が変わってきます。ある程度の知識を持っている方であれば、即戦力としてデータサイエンティストに採用されやすくなります。仕事に必要な知識を持っていると証明できるので、データサイエンティストを目指したいならG検定の取得を検討しましょう。

G検定の概要や特徴

そもそもG検定とは、ディープラーニングの基礎知識を持っていて、適切な活用方針を決定できるかに加え、事業活用する能力や知識を持っているか検定するものです。受験資格はないので学生も含めて誰でも受験が可能です。出題範囲にはAI(人工知能)やディープラーニングに関する内容などが含まれています。実際に受験を検討する場合には、最初に出題範囲を確認して効率よく学習が行えるようにしましょう。

またG検定の試験は、120分で220問程度出題されます。知識を問う問題で選択肢を選んで答えていく形式です。自宅でオンライン受験ができるため、住んでいる場所に関係なく受験できるのがG検定ならではの特徴です。インターネットに接続できる環境さえ整っていれば、交通費の心配などをすることなく誰でも気軽に受験できます。自宅から受験も可能なので、リラックスした状態で試験が受けやすいのもメリットの1つです。

G検定における受験費用は、一般と学生で異なります。学生なら一般より安く受験が可能なので、将来的にAI関連の仕事がしたいと考えているのであれば、学生のうちに受験してみるのも1つの手です。ちなみに受験日から2年以内に再受験をする場合であれば、半額で受験が可能です。年に何回か試験は実施されているので、日程を確認したうえでG検定のサイトから申し込みを行いましょう。

G検定を攻略するポイント

G検定に合格するために、いきなり問題集を解いて勉強しようと考える方もいます。しかし基礎知識ない状態だと、問題集を利用しても内容を理解するのが難しいかもしれません。合格するための特徴の1つが、G検定ではAIに関する幅広い知識が求められるという点です。基礎知識がない状態で問題を解いていっても、中途半端な理解になって効率よく勉強できない可能性もあります。まずはAIの概要などを学ぶところから始めて、徐々に問題を解いていって合格に必要な知識を身につけるようにしましょう。実際に合格した方のおすすめ書籍などを参考にしながら、学習に適した書籍や問題集を探すことも大切です。

G検定のメリットについてまとめ

G検定は、AIやディープラーニングに関する体系的な知識を持っていることを証明したいという方に適しています。そのため機械学習エンジニアやデータサイエンティストになりたいという方は、G検定を取得していると就職や転職に有利になることもあります。実際に取得を目指したい場合には、試験の特徴などを把握したうえで、自分に合った形で学習を進めていくようにしましょう。

G検定を受けるメリット3選!G検定が役立つ職種や特徴について解説
最新情報をチェックしよう!