Appen(アッペン)とは?アッペンのデータアノテーション代行サービスを徹底解説

こんにちは、AI研究所の松田です。
今回は、Appen(アッペン)のトレーニングデータ作成・データアノテーションサービスについてご紹介します。

データアノテーションとは?

Appenのデータアノテーションサービスをご紹介させていただくまえに、まずは簡単にデータアノテーションについてご説明いたします。
データアノテーションについて既にご存知の方は次の章までお進みください。

データアノテーションの概要

機械学習を実施していくにあたり、必要十分なデータ数を用意することで、ある程度精度が見込めるAI(予測モデル)が出来上がります。
ここで重要になってくるのが、用意したデータが何を意味しているのかを示す「ラベル」と呼ばれるものです。
「あるデータが入ると、これが答えです」というようにデータのラベル、つまり正解を用意する必要があります。
このように、データとその答えが常に静的に決められているものを「教師データ」と言い、このデータを作成して学習を進めていきます。この工程が「データアノテーション」です。

AIプロジェクトにおいてデータアノテーションは非常に重要な工程となります。
データとその答えが常に静的な「教師データ」を綺麗に整えることで、価値のあるデータへと変貌し、機械学習をスムーズに進行することが出来ます。
現在、データアノテーションの需要は非常に高まっています。
アノテーションについてもっと詳しく簡単に理解したい方は下記記事を参考にしてください。

アノテーションとは?やり方や活用事例を元にアノテーションを徹底解説

Appen(アッペン)とは?

アッペンとは、そんなデータアノテーションの作業を代行してくれるサービス会社のことです。
AIや機械学習に使うトレーニングデータに、分かりやすいラベルを付与してくれます。
「そんな作業アルバイトに頼んだ方が安いじゃないか」と思われる方も多いと思いますが、データにラベルをつける作業はAI知識がない方でも簡単にできるわけではなく、機械学習の基礎知識が必要です。
知識がない方が行ってしまうとミスや相違も起こりやすいので、ぜひ安心できるAI系サービスに依頼すると良いでしょう。
そんな時におすすめなのが「アッペン」です。

Appenのトレーニングデータ作成・アノテーションサービスの特徴

それではAppen(アッペン)のデータアノテーションサービスの特徴を紹介します。
アッペンがやってくれるアノテーションのサービスが実際どのようなものなのか確認していきましょう。

アッペンの特徴①様々なデータ作成に対応している

アッペンの特徴①様々なデータ作成に対応している

まず1つ目の特徴として、アッペンのデータアノテーションサービスは様々なデータに対応しています。
音声データでは170カ国、235以上の言語や方言への対応実績があり、アノテーションに必要な音声データの収録、文字起こしなどを行ってくれます。
また、画像・動画についても人物や建物、故障や異常検知のための対象物の収録、各種パラメーターのアノテーションやラベルの付加も可能です。
音声認識から画像・動画認識まで幅広いデータに対応してくれます。

アッペンの特徴②実は世界トップレベルの品質

アッペンの特徴②世界トップレベルの品質

2つ目の特徴は、アッペンはアノテーション界でも世界トップレベルのデータ品質ということです。
アッペンの経験豊富なプロジェクトマネージャーが、トレーニングデータの品質基準をただ満たすだけではなく、期待以上の品質を確保できるように、様々な品質管理方法やメカニズムを活用しています。

アッペンの特徴③納期が早いのに相場より安い

アッペンの特徴は他にもあり、納期が他のサービスより早いのに相場より安価であることです。
先程のプロジェクトマネージャーが高品質な研修を受け成長しているので、高品質なデータを短納期かつ高いコストパフォーマンスで提供することが可能だということです。
これほどの人材を揃えるのは大変なことなので貴重な会社だと言えるでしょう。

アッペンの特徴④世界250カ国の言語や世界各国のデータ作成が可能

アッペンの特徴④世界250カ国の言語や世界各国のデータ作成が可能

アッペンの4つ目の特徴は、170カ国以上の100万人を超える熟練のクラウドワーカーを抱えていることです。
世界各国のクラウドワーカーが230を超える言語および方言のスキルを活用し、AIシステムの構築・改善に使われる大量の画像、文章・発話・音声・映像のデータを収集してラベリングすることが可能です。
ここまで対応データと対応言語が幅広いサービスもなかなかなく、アッペンの大きな特徴となっています。

Appen(アッペン)のサービス料金や費用は?

続いて、Appen(アッペン)のサービス料金についてご紹介します。
詳しい料金はホームページに記載はありませんでしたが、料金の目安は下記になるそうです。

  • 日本語の音声収録の場合: 1時間の音声収録あたり、スクリプトの提供なしで15,000円が目安
  • 画像データ収録の場合: 対象物、収録場所により異なりますが、1イメージあたり1,000円が目安

詳しい料金を知りたい方はこちらから資料のダウンロードができるみたいなので、ぜひ一度確認してみてください。

ラベリング済データセットの購入も可能

アッペンではデータ作成やアノテーションの代行以外にも、データセットとしての収集済・ラベリング済のデータも、270以上のデータセットで音声やテキスト・OCR・画像イメージなどのデータ購入も可能です。

Appen(アッペン)のサービスについてまとめ

今回はアッペンという名のサービスを紹介しましたがいかがでしょうか。
これからの時代に合わせてAIや機械学習はどんどん需要が高まっていきます。
高品質なAIロボットを作成するためにも、高品質なアノテーションサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!