初心者がAWS セミナーで学べることとは?メリットやおすすめの講座も紹介

AWSの最新技術やサービスに関する情報提供を行うAWSセミナー
「AWSのエキスパートから直接学びたい」「ネットワーキングを利用してスキルアップしたい」という方にも最適なサービスです。この記事では、AWSセミナーについて、利用するメリットや選び方、参加方法について解説します。

AWSセミナーとは?

AWSセミナーとは?

AWSに関連するエンジニア、ビジネスリーダーなど、あらゆる企業人が参加するAWSセミナー。ここでは、AWSセミナーの目的、開催されるセミナーの種類、参加すべき人について解説していきます。

AWSセミナーの目的

AWSセミナーの主な目的は、AWSの技術を効果的に活用し、ビジネス上の課題解決を目指すためのスキル習得です。
AWSセミナーの目的は、ユーザーによっても異なります。例えば、技術者向けのセミナーは「日本ディープラーニング協会認定プログラム」を通じてAI技術を体系的に学ぶのが主な目的です。
IoT技術者向けのセミナーであれば、AWSを活用して課題を克服する、またはクラウドと接続して製品を高機能化することを目的とした方が多いでしょう。

AIや機械学習の活用を目的とした企業の場合、新しい業務アプリケーション開発などの最新情報を提供するセミナーがおすすめです。このようにAWSセミナーの目的は多岐にわたるため、あらかじめ学習したいカテゴリ・内容を明確にしてから利用するセミナーを決定しましょう。

開催されるセミナーの種類

AWSセミナーは、初心者から上級者まで幅広いレベルのユーザーが利用できる魅力的なイベントです。
AWSセミナーの種類は、主に初心者向け(AWSの基本的なサービスや機能を紹介)、中級者向け(特定のAWSサービスや機能を紹介)、上級者向け(AWSの高度な機能や活用方法を紹介)の3パターンがあります。

また、機械学習やWebアプリケーション開発など一つの分野に特化したセミナー、金融、製造、医療など各業界に合わせたセミナー、ハンズオントレーニングや認定対策セミナーなど資格取得や目的に合わせたセミナーも開催されています。
利用する際には、自分の希望・目標に合ったセミナーを選びましょう。「開催予定のセミナーを知りたい」という方は、AWS公式サイトに記載されているセミナー(イベント)情報を参考にしてください。

どんな初心者が参加すべきか?

AWSセミナーに参加すべき初心者は以下の通りです。

  • AWSの基本的概念やサービス内容を知りたい
  • AWSの最新情報や事例をチェックしたい
  • AWSを用いた具体的な活用方法・スキルを習得したい
  • AWSの認定資格を取得したい

参加する職種としては、主にクラウド技術のスキルアップやビジネスの効率化を目指すITエンジニアやシステム管理者、経営者などが挙げられます。

初心者がAWSセミナーで得られるメリット

AWSセミナーで得られるメリット

AWSセミナーで得られるメリットは、最新技術の学習機会、実践的な知識とスキルの獲得、ネットワーキングとコミュニティへの参加です。それぞれ順番に解説するので、セミナーの利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

最新技術の学習機会

AWSセミナーに参加すると、最新技術を学ぶ機会を得られます。例えば、コンテナ技術の概要、および実践的な内容、サーバーレスサービスや機械学習・AIを用いた画像・音声認識などのアプリ開発などです。

AWSセミナーでは、専門家による講演や実践的講座、AWS認定資格に向けた対策講座などが行われているため、「AWSの最新技術を深く理解したい」「AWSの認定資格を取得したい」という方にもおすすめのサービスといえるでしょう。

実践的な知識とスキルの獲得

AWSセミナーでは、実践的な知識、スキル獲得ができることもメリットです。
一般的な講座では、実際のAWS環境で仮想サーバーの設定・データベースの管理などを行います。「クラウド技術の理解を深めたい」「実務における問題点への対処能力を育成したい」という方にもおすすめの知識です。また、ハンズオンを経験することで、AWSの資格試験に向けた実践的経験を積めることも魅力といえるでしょう。

AWSセミナーを受講すると、データベース管理や機械学習などの分野における高度な技術を得られ、さらに難易度の高い機能まで最大限活用できるようになります。収入アップを目指す方、キャリア発展を目指す方にとってもメリットが大きいサービスといえるでしょう。

ネットワーキングとコミュニティへの参加

AWSセミナーを利用すると、ネットワーキング、およびAWS認定グローバルコミュニティーに参加できるのもメリットです。世界各国にメンバーが存在するコミュニティに参加すると、AWSの最新情報を得られる、クラウド技術の知識を共有できるなど数多くのメリットがあります。また、人脈を広げる手段として利用する方も多いです。

ちなみに、ネットワーキングとは、日本語に訳すと「異業種交流会」という意味があります。AWSセミナーを利用して目標を達成するためには、質の高いセミナーを見つけること、そして積極的にコミュニケーションを図ることが重要です。

初心者のAWSセミナーの選び方

AWSセミナーの選び方

ここでは、AWSセミナーの選び方について解説していきましょう。以下でお伝えするポイントを押さえたうえで、気になるセミナーをピックアップしてみてください。

自分の目的に合ったセミナーを選ぶ方法

AWSセミナーを選ぶ際には、自分の目的に合ったセミナーを選定することが重要です。
例えば、専門知識とスキルの習得を目指す場合は、自身のレベルに応じたセミナーを選択してください。適したコースでないと、着実なスキルを習得できない恐れがあります。資格取得やキャリアアップを目指す方は、試験範囲に沿った学習や模擬試験を提供するサービスを選びましょう。

さらなる知識向上や深い技術習得を目指す人は、最新の業界トレンドやテクノロジーに対応したセミナーを選んでください。学習を効率的に進めるためにも、自分の目的を明確にしたうえでスキルに合った内容のサービスを受けましょう。

オンラインとオフラインのセミナーの違い

オンラインとオフラインのセミナーの主な違いは受講場所です
オンラインセミナー(ウェビナー)はウェブを利用したセミナーなので、ネット環境があれば場所を問わず受講できます。「気軽にセミナーに参加したい」「多忙なので会場に出向けない」という方におすすめです。オンラインセミナーでもネットでリアルタイムにつながっているため、疑問点などはその場で質問できます。

オフラインセミナー(対面型)は講師に対面しながら受講できるセミナーです。会場で参加者同士コミュニケーションをとれるなどのメリットもありますが、セミナー開催の日時や会場などのスケジュールに合わせなければいけないというデメリットもあります。

参加者の評価とフィードバックを活用する

AWSセミナーを選ぶ際には、参加者の評価とフィードバックを活用しましょう。実際の参加者の体験や意見を得ると、広告や公式サイトでは分からなかったリアルな情報を得られます。

口コミをリサーチするときには、良い口コミと悪い口コミの割合、口コミの多さを確認してください。また、できる限り新しい情報を重視する、公式サイトや口コミサイト、SNS(X、インスタグラムなど)など幅広い情報源を参考にすることも大切です。より信頼性の高い情報を得るためにも、偏らない意見を参考にしましょう。

初心者必見!AWSセミナーの参加準備

AWSセミナーの参加準備

AWSセミナーに参加する際には、いくつかの準備事項があります。スムーズに参加するためにも、以下のポイントをチェックしておきましょう。

参加前に知っておくべき基本情報

AWSセミナー参加前には、セミナーの基本情報を押さえておいてください
AWSセミナーはオンライン(会場受講)とオフライン(ライブウェビナー)の両方で開催されるのが一般的です。テーマはAWSの基礎から機械学習や人工知能まで多岐にわたります。参加費は無料から有料などさまざまです。また、AWSの利用を検討する企業や最新技術を学びたい方、認定資格を目指す学生など対象ユーザーもそれぞれ異なります。

セミナーで最大限学ぶための準備

AWSを学ぶ際は、セミナーで最大限学べる準備をしておきましょう。一般的には、AWS初心者向け資料や公式YouTubeチャンネル、BlackBelt資料、ハンズオン資料などの公式リソースで事前学習するケースが多いです。

「試験対策としてセミナーを利用したい」という方は、認定試験対策学習リソースやAWS Skill Builderを活用すると良いでしょう。「AWSの最新情報をチェックしておきたい」という場合は、AWSドキュメントやAWS公式ブログ、What’s Newページがおすすめです。

質問や疑問を整理する

AWSセミナーに参加する前には、質問や疑問を整理しておきましょう。例えば、AWSの基本的な概念やサービスの中で理解できない点、セミナーの内容や講師のプロフィールに対する質問事項などが挙げられます。セミナーをより有意義なものにするためにも、参加前に自分の学びたいことや知りたいことを整理しておくことが重要です。

AWSセミナーの参加方法

AWSセミナーの参加方法

ここからは、AWSセミナーの参加方法をお伝えします。事前に参加方法をシミュレーションすることで、戸惑わずリラックスしてセミナーを受講できるでしょう。

登録プロセスと参加条件

AWSセミナーに参加する際には、登録プロセスと参加条件をチェックしておくことが大切です。セミナーごとに条件や手順が異なるので、あらかじめ利用予定のセミナー情報をリサーチしておいてください。

AI研究所の「AWS構築初心者向けのインフラ構築基礎セミナー」は、初心者から中~上級者まで誰もが受講可能です。会場受講とライブウェビナーの2つの受講形式から選択でき、会場受講ではパソコンを貸し出しているため気軽に参加できます。
ライブウェビナーではインターネット環境とパソコンが必要です。最小開催参加数は4名、開催5日前までに最少人数に満たない場合は日程が変更されます。会場受講・ライブウェビナーともに、3日前までのキャンセルは無料です。

参加費用と特典

AWSセミナーの参加費用・特典はセミナーごとに異なります

AI研究所が提供する「AWS構築初心者向けのインフラ構築基礎セミナー」の参加費用は、会場受講・ライブウェビナーどちらも30,800円です(2日間)。一般的なセミナーよりもリーズナブルな価格設定となっています。
セミナー利用者の特典は、「AWSで始めるインフラ構築完全攻略セミナーガイド」というオリジナル教材プレゼント(PDF形式)。受講期間の復習はもちろん参考書としても活用できるので、コストパフォーマンスが気になる方にも最適です。

セミナー当日の流れ

セミナーの当日の流れは、利用するサービスによって違います

AI研究所の「AWSで始めるインフラ構築基礎セミナー」の1日目は、AWSを使ったサービス構築の全体像やクラウドインフラの理解、Webサーバー構築スキルを習得します。
2日目はサーバー環境構築やアプリケーション実装・運用に向けた安定化スキルまで学習するため、セミナー終了後は現場の即戦力として活躍することも可能です。未経験者でもわずか2日間でAWSについて理解できるカリキュラムなので、「AWSについてあまり詳しくない」という方にもおすすめのセミナーといえるでしょう。

AWSで始めるインフラ構築基礎セミナー

AWSセミナー参加の次のステップ

AWSセミナー参加の次のステップ

それでは最後に、AWSセミナー参加の次のステップについて解説します。

学んだ知識を実践に活かす方法

AWSセミナー参加後は、学んだ知識を実践に活かすステップに進みましょう。例えば、AWSの無料枠を利用して実際にサービスを構築・運用するのもおすすめです。個人プロジェクトや開発環境でAWSを活用し、実践的経験を重ねることも効果を発揮します。コミュニティやオンラインフォーラムで他の参加者と情報交換するなど、さまざまな方法を活用して実践に強い知識を習得しましょう。

AWSコミュニティへの参加とさらなる学習機会

AWSセミナー終了後は、AWSコミュニティへ参加してみましょう。AWSコミュニティでは、他のエキスパートとの情報交換やネットワーキングなどを行いさらなる学習機会を提供しています。AWSユーザーグループやオンラインフォーラムなどで最新情報を共有し、より効果的なAWS運用を目指すことも可能です。

まとめ

まとめ

AWSセミナーでは、AWSの基礎から応用まで幅広い知識が学べます。AI研究所の「AWSで始めるインフラ構築基礎セミナー」では、クラウドインフラの理解やWebサーバー構築スキルを習得できます。AWSの知識はもちろん、実践的なスキルを身につけるためにも最適なセミナーといえるでしょう。

AWSで始めるインフラ構築基礎セミナー

最新情報をチェックしよう!