プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門について解説

将来エンジニアになるために、Pythonの学習を始めようと考えている人もいるのではないでしょうか。
Pythonを学習できる入門書が色々発売されていますが、プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門が人気になっています。

今回は本書がどういった内容になっているのか解説しつつ、初心者におすすめのセミナーなども紹介していきます。

プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門はどんな本?

それではプログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門がどんな本なのかざっくりと紹介します。

Pythonの基本を深く学べる3部作の入門書

プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門は、1~3巻の3部構成になっています。すべて超初心者向けの内容となっており、Pythonに関する基本的な知識を深く学ぶことができます。

基礎の基礎が学べる1巻「セットアップ・文字列・数値編」

1巻は、Pythonを使ってプログラミングを行うために必要な、基本的な知識を学べる内容となっています。ポイントは、Pythonをインストールする手順から紹介されている点です。プログラミング超初心者は、導入の時点で躓いてしまうケースが多いです。Pythonを使えるようにするまでの過程が、しっかり解説されているので初心者でも安心して学習を始められます。その後はIDLEの使い方や変数に文字列を入れる方法、外部のPythonファイルを実行するやり方などが解説されています。

Phyonの代表的な型を学べる2巻「リスト・タプル・ディクショナリ・if・for ループ編」

2巻はPhyonの代表的な型を学べる内容です。Pythonの代表的な型である、リストやダブル、ディクショナリについて詳しく学べます。さらに、繰り返し操作で使われることが多いfor ループに関しても詳しく解説されています。リストの要素を取り出す具体的な手順、appendやremoveのメソッド、文字列から簡単にリストを作る方法など、Python初心者が学んでおきたい知識ばかりです。

プログラミングにおける重要な要素を学べる「関数・クラス編」

3巻は、プログラミングに欠かせない関数やクラスについて学べる内容となっています。プログラミング初心者が躓きやすい、変数のスコープなど重要なポイントも具体的に解説されています。関数の基本を何項目かに分けて詳しく学習できるので、関数のことをまったく理解していない人でも安心して学べます。他にはwhileステートメントやforとifの組み合わせなど、1巻と2巻では解説しきれなかった部分も網羅されています。それぞれの項目に簡単な練習問題がついている他、最後にどれだけ知識が身についているか試せる、総合練習問題が用意されているのも初心者には嬉しいポイントです。

プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門はこんな人におすすめ!

プログラミングの経験がまったくない人におすすめ

プログラミング超初心者が初心者になるためのPython入門は、プログラミングの経験がまったくない人におすすめの入門書です。Pythonでプログラミングを始めるためには、まずパソコンにPythonを導入する必要があります。パソコンに慣れている人なら問題ないですが、経験がない人の場合導入の段階で挫折してしまうケースが多いです。本書はPythonのインストール方法から解説されているので、パソコンに詳しくない人でも問題なくプログラミングの学習を始められます。Windowsだけではなく、Mac環境でのインストール方法まで解説されているのが嬉しいポイントです。

Pythonの基本が分かっていない超初心者

Pythonの解説書の中には、実践的な内容が書かれてものもあります。しかし、初心者には敷居が高く理解が追いつかないケースが多いです。本書は文字列と文字列の繋げ方や文字列の置き換え、文字列の操作方法など基本的な操作や知識が解説されているので、Pythonの基本が分かっていない人でも理解しやすい内容になっています。

本だけで学習するのが不安ならセミナーがおすすめ!

初心者が書籍だけで学習するのは難しいケースがある

初心者向けのPythonの入門書や解説サイトなどがあるので、それを使って独学でPythonの知識や技術を身につけることが可能です。しかし、初心者の場合、独学ではなかなか効率的に学習を進めるのが難しいケースがあります。書籍などを使った学習は一方通行の学習です。書籍やネットに書かれている解説や情報を見ながら、自分一人で学習を進めなければなりません。

何か分からない部分があった時自分で解決しなければなりませんし、どのような順番で学習を進めればよいのか分からなくなってしまうケースが多いです。そういう場合は、他の方法と併用しながら学習を進めるのがよいでしょう。

独学が難しい時はセミナーに参加してみよう

Pythonを独学で学ぶのが難しいと感じた人におすすめなのがセミナーです。セミナーに参加すれば、講師から直接Pythonに関する知識や技術を指導してもらうことができます。分からないことがあれば、その場で質問をして解決できるというのは初心者には嬉しいポイントです。また、セミナーは短期集中でPythonを学べるようになっていることが多いので、なるべく早くPythonを学習して仕事に活かしたいという人にも向いています。Pythonを効率的に学ぶためには、どのようなスケジュールで学習を進めていくかが重要です。

プログラミングに関する知識がまったくない初心者の人は、何から学んでいけばよいのか分からずスケジュールを立てられないことも多いでしょう。セミナーは初心者が効率的に学べるようにカリキュラムが組まれているので、それに従って学習を進めれば素早くPythonの知識や技術を身につけることができます。独学でPythonのことを学んでいるけれど、なかなか成果がでないという人は、積極的にセミナーに参加してみましょう。

初心者におすすめのセミナー「実践的に学べるAIエンジニア育成講座」

Pythonのことを学べる多くのセミナーがありますが、中でも初心者に人気になっているのが「実践的に学べるAIエンジニア育成講座」です。本講座はAIプログラミングを短期集中で習得できる講座となっています。受講者数は1万人を突破し、多くのAIエンジニアを輩出してきました。特徴的なのは、3日間の短期集中講座になっていることです。

未経験からでも短期間で業務に活かせるAI技術が身につくということで人気があります。3つのステップで効率的に学べるカリキュラムになっており、未経験から初心者、中級者、AIマスターと段階的にレベルアップできます。対面学習可能な会場受講だけではなく、ライブウェビナーに対応しているのも魅力的なポイントです。ライブウェビナーなら、オンライン上で手軽にセミナーに参加できます。Zoomを使ったオンライン受講となるので場所を選びません。

会場が近くになくてセミナーに参加できない、そういう人でも自宅で気軽にセミナーに参加してPythonのことを学べます。講義を聞くだけではなく、問題形式の課題を解く実践的な学習をしたり、分からない部分をメールで講師に質問したりすることが可能で、効率的な学習サイクルが組まれています。仕事で使える実践的なPythonの知識や技術を身につけたいと考えている超初心者にも、最適なセミナーです。

書籍でPythonの学習を進めよう!

AIエンジニアの需要は年々高まっているため、Pythonを扱える人の活躍の場はどんどん広がっています。未経験からPythonの知識や技術を学ぶのは難しいと思っている人がいるかもしれませんが、色々な学習方法があるので自分に合った方法で取り組めば、短期間で学ぶことも十分可能です。「実践的に学べるAIエンジニア育成講座」のような初心者向けの講座もあるので、上手く活用してPythonの学習を進めましょう。

最新情報をチェックしよう!