AIを簡単に学習させる方法3選!AIをサイトで簡単に学習させたり自分で知識を学ぼう

AIを簡単に学習させるためには、すぐにできる機械学習の方法やディープラーニングの方法を学ぶのがおすすめの方法です。
簡単にAIを作れるアプリやサービスなどを利用することでも、AIを簡単に学習させることができます。

ここでは、AIの学習に興味のある人のために、このようなAIを簡単に学習させる方法についてご紹介します。

AIを簡単に学習させる方法

AIを簡単に学習させる方法それではまず最初にAIを簡単に学習させる方法を紹介します。

  1. 情報サイト
  2. 学習するAIを製作できるサイト

AIを簡単に学習させる方法①情報サイト

AIに簡単に学習させる方法として紹介できるのは、インターネットの情報サイトで機械学習やディープラーニングに関する知識を学ぶ方法です。

ネット上には、機械学習などについてわかりやすく説明されている情報サイトがあるので、こうしたサイトを見れば自分で機械学習を簡単に学べます。
自宅にいながらにして簡単に、機械学習やディープラーニングを学ぶことができるのが、こうしたサイトを利用するメリットです。
学校や会社などに通っていて、機械学習の専門スクールに通う時間がない人でも、時間が空いた好きな時に機械学習を学べます。
こうした学習サイトを利用して、機械学習に関する基礎的なことを一通り学べば、自分でも簡単にAIに学習させるためのプログラムを作ることが可能になります。

AIを簡単に学習させる方法②学習するAIを制作できるサイト

機械学習に関する知識がない人でも、簡単にAIを作れる方法もあります。
インターネット上で簡単にAIを作れるサイトとして注目されているのが、AIメーカーです。

このサイトを利用すれば、誰でも簡単に機械学習を始めることができます。利用者が自分で好きなAIを作ることができるAIのプラットフォームとして人気があります。
AIや機械学習に関する知識に詳しくない人でも、AIを作るための作業がしやすいところが、このサイトの人気がある理由です。
AIに学習をさせるためには、多くのデータを収集することが不可欠になりますが、このサイトで作ったAIは学習するために必要なデータを自動で収集できる機能を持っています
これらの収集されたデータを基にしてAIは機械学習を始めるので、ディープラーニングの知識がなくても簡単に学習できるAIを作れます。

AIメーカーはこちら

このサイトの使いやすいところは、自分で作ったAIをインターネット上で使うことができることです。
学習を終了したAIが正確に情報を処理できるか、インターネットを利用して確認するできるので、自分で作ったAIの正確性を簡単にチェックできます。
APIを使用すれば他のシステムに組みこともできるので、さまざまな目的のためにAI学習の技術を利用できます。

このサイトで作ることができるAIには、さまざまなことを学習させることができます。

画像を分類

画像を分類する技術も、AIに学習させることが可能です。

画像をアップロードすると、AIは画像データをラベル付けして学習するので、その画像データに写っているものがどのようなものかを、自分で正確に分析できるようになります。                                                          物体の検出も、このサイトを利用すればAIに学習させることができます。物体を検出する時には、アップロードされた画像に写っている物体をラベル付けすることで、画像の中の特定の物体を検出します。

テキストデータを分類

テキストデータを分類できる機能を学習させることができるAIも、AIメーカーを利用すれば簡単に作ることができます。

テキストデータもラベル付けをすることで、AIがテキストの内容を認識して、分類することが可能になります。
このサイトで作ることができるAIには、文字起こしを学習させることもできます。
さまざまなデータをアップロードして文字起こしができることが、AIメーカーで作れるAIの特徴です。

画像データや音声データだけでなく、動画データをアップロードしても文字起こしができます。                           これらのデータから、AIは文字を認識して、文字起こしの作業をおこないます。

字幕起こしのための学習型AIを作れることもAIメーカーの特徴です。
字幕をつけたい動画をアップロードするだけで、AIが動画内で使用されている音声を分析して、動画に字幕を自動的につけることが可能です。
画像や動画を変換するためのAIを利用することもでき、画質の向上や拡大ができます。

 

こうした機能を利用することで、AIに関する知識に詳しくない人でも、簡単に学習できるAIを作れるようになっています。
アイデア次第で、さまざまなタイプの学習するAIを作ることができるサイトです。

より高度にAIを学習させる方法

ウェブサイトを利用すれば、初心者でも簡単にAIに学習させることができますが、より高度にAIに学習をさせるためには、機械学習に関する知識をさらに増やすことが必要です。

そのような場合に利用できるのが、AIの技術を学ぶことができるセミナーです。                                 短時間で気軽にAI学習に関する知識を学ぶことができるセミナーもあります。                                  インターネット上で受講できるセミナーもあり、専門のスクールに通う時間がない人も勉強しやすいのがメリットです。

ネットで本格的なAI学習の知識を学べるセミナーとして注目されているのが、「強化学習プログラミングセミナー」です。

AI研究所は、東京大学の松原仁教授や、慶應義塾大学理工学部の栗原聡教授を特別技術顧問としてむかえている、AIエンジニア育成のための研究所です。一般の個人から、社員の能力を向上させたい企業まで、さまざまな人が参加できる機械学習のセミナーです。
AI技術者にとって欠かせない知識を、実践を通じて学習できます。強化学習プログラムの実装スキルを学びたい人や、ビジネスのために強化学習や人口知能の知識を学習したい人にもおすすめです。                                                 このセミナーで学べば、ゲームやロボットの動作にAIを利用して、より高度なものにすることも可能です。

 

このセミナーに参加してAI学習の知識を勉強することで、以下のようなさまざまな知識スキルを獲得できます。

  • 乗り物の自動運転に関するAI学習のスキル
  • ロボットの自動制御に関する知識スキル
  • 配信セグメントの知識スキル
  • ゲームの最適化の知識スキル

配信セグメントの知識スキルを学習することで、利用者の好みや傾向を自動調査したい場合に活用できます。                     ゲームの機能をさらに向上させたいAIエンジニアにも、おすすめできるセミナーです。

 

このセミナーに参加するためには、機械学習に関するある程度の基本的な知識が必要になります。
ニューラルネットワークの仕組みも、あらかじめ知っておくことが必要です。                                  プログラミング言語のPythonに関する知識も、このセミナーの受講者には必要になります。

そんな場合は、先に「AIエンジニア育成講座」というAIセミナーを受講すれば、AIに学習させるための知識をより理解しやすくなるので、参加を希望する人は、事前にしっかりと勉強しておいた方がおすすめです。
そのほかのAIセミナーが知りたい方は下記記事を参考にしてください。

参考記事:おすすめAIセミナー6選!AIプログラミングやE資格セミナーを徹底比較

AIに学習をさせる方法まとめ

AIに学習をさせる方法まとめAIに詳しくない人でも、簡単にAIに学習をさせることができる方法についてご紹介してきました。

学習させることができるAIを簡単に作れるようなサイトも、インターネット上にはあります。
さらに高度にAIに学習をさせたい場合には、専門のセミナーを受講するのがおすすめの方法です。
東京大学と慶應義塾大学の教授が特別技術顧問を務めているAI研究所のセミナーでは、レベルの高いAI学習に関する知識を学ぶことができるので、ぜひ利用してみてください。

AIを簡単に学習させる方法3選!AIをサイトで簡単に学習させたり自分で知識を学ぼう
最新情報をチェックしよう!