スカラコミュニケーションズ社「AI-Tell」のコアエンジンに「Terry」を提供へ!

こんにちは!AI研究所の石川です。
本日は、HmcommのAI音声自動応答システム「Terry」に関するtopicsです。

“音”から価値創造を目指す、国立研究開発法人産業技術総合研究所発ベンチャーHmcomm株式会社は、株式会社スカラコミュニケーションズが提供するAI-Tell(エーアイテル)のコアエンジンに、HmcommのAI音声自動応答システム「Terry」が採用されたことを発表しました。

「Terry」とは

Hmcomm AI音声自動応答システム「Terry」とは、音声認識と音声合成、自然言語処理を活用しAIがお客様の電話に音声で対応し、要件のお伺いや商品の販売などが可能なサービスです。人工知能を活用した新たなソリューションを創出するため、さまざまな製品・ユーザーサポートのノウハウとHmcommの先進のAI音声処理を組み合わせることで、サービス力を強化しています。

「AI-Tell」のコアエンジンへの「Terry」提供について

この度、AIオペレータ「AI-Tell」のコアエンジンとして採用されたことにより、「AI-Tell」が実現する、コールセンター業務のサポート機能として、人手不足の解消や対応時間の拡充など、コールセンター業務のDX化をHmcommも積極的に推進できることになります。
まずは、新型コロナウイルスの流行拡大により、企業のコールセンター業務も、環境の変化を求められており、スカラコミュニケーションズ社の「AI-Tell」は、人に代わってAIオペレータが受電業務を行うことが可能であり、運用の効率化を期待されています。そこで、音声認識、音声合成において高い精度を持つHmcommの「Terry」をこのたび採用し、スカラコミュニケーションズ社のSaaS/ASPサービスと組み合わせることにより、次世代のコールセンター業務における価値あるサービスを創出していく方針です。
Hmcommは、これまでAI音声認識技術を活用した様々な事業を行い、取り分けコールセンターDXのソリューションの革新的な技術と安定した運用実績が評価されており、今後もさらなる付加価値の高い事業の拡大に期待が高まっています。

 

AI音声認識と音声合成で、コールセンターのDX化を実現する、「AI-Tell」のコアエンジンとAI音声自動応答システム「Terry」の提携サービスに注目です!

最新情報をチェックしよう!
企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG