重要なお知らせ:新型コロナウイルス、インフルエンザ等の感染予防・拡散防止の対策についてこちらをご確認ください。

AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  IBM Watsonとは?世界で知られるAIの活用事例やその仕組みを大公開

公開日:2020.01.24 

IBM Watsonとは?世界で知られるAIの活用事例やその仕組みを大公開

カテゴリー: AI(人工知能)の知識

IBMが誇る人工知能システムであるWatson(ワトソン)。
世界中で使われているAIとして知名度が高いです。
実質的なIBMの創設者であるトーマス・J・ワトソンから名前を取ったこの人工知能は、2010年から開発が進められています。
ディープラーニングを始めとした人工知能ブームが来る前からワトソンはある程度知名度があり、ビジネス利用もされている技術です。
とはいえ、一般向けにはあまりプロモーションしておらず馴染みが薄いのも事実。

  • ワトソンは聞いたことがあるけど具体的にどんな人工知能なの?
  • ワトソンはどんな使われ方をしているの?
  • ワトソンの機能や仕組みを知りたい!

という人も多いはず。
そこでこの記事では、IBM Watsonの成り立ちや機能、活用事例などを詳しくまとめました。
ぜひご一読ください。

IBM Watsonとは?

ワトソンは様々な質問や課題に対して、蓄積された膨大なデータの中から最適な回答を見つけ出し解決してくれるサービスのこと。
質問応答・意思決定システムとも呼ばれます。
アメリカの人気クイズ番組で歴代のチャンピオンに圧勝したことからワトソンは一躍有名になりました。
今ではビジネスシーンや医療分野で大活躍。
人々の業務をサポートしています。

ワトソンは人工知能ではなく拡張知能

同じAIですがIBMはワトソンを「人工知能(Artificial Intelligence)」ではなく「拡張知能(Augumented Intelligence)」と呼んでいます。
人工知能が人間の脳を真似しているのに対し、拡張知能は人間がよりよい意思決定ができるようにアドバイスしたり、サポートすることを目的としているのです。
人間には処理できない大量の情報を短い時間で処理することで知能を拡張する、ということですね。
人工知能というと「ターミネーター」のようなロボットが人間を支配するというイメージを持ちがちですが、ワトソンはあくまで人間の思考をアシストする役回りなので恐れることはありません。

コグニティブ・コンピューティング・システムとは?

ワトソンは「Cognitive Computing System(コグニティブ・コンピューティング・システム)」とも定義されています。
コグニティブとは日本語で「認知」のこと。
ある対象を見たり聞いたりすることでそれが何であるかを判断したり解釈するプロセスを指します。
すなわちコグニティブ・コンピューティングとは単なる情報処理の機械ではなく、人間のように物事を理解して判断し推論するシステムなのです。

IBM Watsonの活用実例

ワトソンはビジネスを始めとした様々な分野で活躍しています。
今回はJR東日本やソフトバンク、みずほ銀行の活用事例を紹介していきましょう。

JR東日本

ワトソンを使ってJR東日本が構築したのは「お問い合わせセンター業務支援システム」。
お客様との電話の内容をAIで音声分析し、オペレーターに文章で回答を瞬時に提示します。
JR東日本のコールセンターは時刻や運賃など鉄道に関するものから不動産やクレジットカードなど広範囲に渡る質問を同じ電話番号で受けています。
そのためオペレーターにも幅広い知識が求められるのですが、すべてのオペレーターがベテランというわけではありません。
ワトソンが回答を提示してくれることで、経験の浅いオペレーターも問い合わせにスムーズに答えられるようになり、回答の精度が上がりました。
応答時間も30%削減することができ、サービスの質が貢献しています。
ワトソンは人間の仕事を奪うのではなくアシストするということがよくわかる一例です。

ソフトバンク

ソフトバンクは新卒一括採用にワトソンを活用しています。
新卒採用にワトソンを使うってどういうこと?と思う方もいるかもしれませんね。
どんな使われ方をするかというと、応募者のエントリーシートの分析に使われます。
ワトソンのNLC(Natural Language Classifier、自然言語分類)という機能を使って自己PRを分析し評価していくのです。
合格基準を満たす書類について選考通過とし、不合格者の書類については直接人事担当者が内容をチェックして合否判定を行うという仕組みになっています。
合格者はAIで自動判定し、不合格者には人のチェックが入るという仕組みが、ワトソンに対する信頼の高さを物語っていますね。

金沢工業大学

企業だけではなく、教育機関もワトソンの活用が始まっています。
金沢工業大学はワトソンを活用した就学支援サービス「KITコグ」を導入。
KITコグは成績や図書データの貸出、学生一人ひとりの性格診断など、約40項目にわたるデータを学習します。
そうして溜まっていった100万人を超える卒業生のビッグデータを使って、在学生に似ている卒業生をランキング形式で抽出します。
最も似ている卒業生のデータと照らし合わせることにより就学に対する取り組みやアドバイスを個々の学生に提供することにより学生の目標達成を支援していく仕組みです。
理系の大学らしい、先進的な取り組みと言えますね。

IBM Watsonの機能

IBMはワトソンの機能をAPIとして公開しています。
APIとはアプリケーション・プログラミング・インターフェースの略で、外部のソフトウェアと連携できる窓口のようなものです。
ワトソンの代表的な機能である

  • 言語解析
  • 画像認識
  • 音声認識

の3つを中心にまとめました。

言語解析

自社のサービスにチャットボットを導入したいという場合に役に立つ機能です。
ワトソンに想定される質問と回答例のキーワードを学習させて、ウェブサイトやLINEなどのサービスと繋ぐことができます。

画像認識

ディープラーニングを使って写真に写っている物体の抽出や顔の認識ができる機能です。
すでにワトソンが画像について学習をしており、すぐにこの機能を使用できます。
もちろん機械学習により新たに独自の画像を読み込ませて学習することも可能。
画像認識機能を使って大量の画像のタグ付けや分類、製造ラインにおける画像検査によって不良品を検出することができるようになります。

音声認識

音声認識は企業のコールセンターなどで重宝される機能です。
オペレーターの音声をリアルタイムで文字化することによって円滑に業務が回せるように支援してくれます。
日本語の他にも英語やフランス語、中国語など複数言語に対応。
IBMの音声認識システムは世界最高の性能を達成していて、精度がとても高いです。
今後もさらに多様なビジネスに使用されていくことでしょうね。

IBM Watsonについてまとめ

ワトソンは日本の名だたる大企業の業務改革に使用されており、高い評価を得ています。
今後もさらに発展を続けていくであろうことは間違いありません。
今はまだビジネス中心の使われ方をしていますが、私達のプライベートな生活の中にもワトソンが関わってくる未来は近いでしょう。
ぜひ、この記事で理解を深めていってください。

タグ:


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中
AI(人工知能)入門セミナー AI(人工知能)入門セミナー

AI入門ブログの中の人

AI研究所 研究スタッフ

【マサミ】

アメリカ・サンフランシスコにある情報メディアの専門学校を卒業。大手金融会社での事務経験を経て、2016年9月よりAI研究所に入所。見習い研究員として、AI技術を日々勉強中。


【三谷】

AIセミナー責任者、講師。AIについての幅広い知識を持ち、人に分かりやすく伝える技術を持つ。特にAIを事業や仕事に取り入れる方法について日々講義しています。

AI研究所Twitter

AIの最新情報、セミナー情報を受け取る

*メールアドレス

Facebookページ