初心者でもできるPython案件とは?案件に必要なPython知識や初心者向けの学び方も解説

1991年にプログラマーのグイド・ヴァンロッサムによって開発されたPythonは、シンプルながらもその使い勝手の良さから多くのエンジニアから注目されています。初心者でもPythonの案件を行う事は可能でしょうか。また、どのような案件なのでしょうか。ここでは、Pythonの初心者が案件をこなす方法などについて詳しく解説します。

初心者でもできるPython案件とは

Python初心者でもできる案件はたくさんあります。その種類も多種多様なので、自分に合った案件が見つかりやすいです。ですが、いきなり難しい案件を始めようとしても、スムーズにいかなかったり、戸惑う事も多いでしょう。おすすめなのは、比較的簡単なスクレイピング(データ収集)から始める事です。Webサイトから必要な情報を集めて加工し、全く新しい記事として完成させるのです。たとえば、流行りの飲食店に関する情報を集めてランキング形式でおすすめするといった内容で、決して難しくはありません。

平均相場は、時給で換算すると千円から3千円前後で、初心者でも無理なくこなせます。ですが、注意点もあります。収集する時に利用するWebサイトには、情報の抜き出しが禁止されているものもあります。使用した後でトラブルにならないためにも事前にWebサイトの利用規約を確認しておきましょう。

Pythonは記述がしやすくコードの読み込みも早いため、アプリケーション開発にも大いに活用できます。多くの企業がWebアプリを開発しているため、案件も多くあります。相場はクライアントによって異なりますが、月額60万円前後と高額になる可能性もあります。業務によってはクライアントと意見をディスカッションしながら完成させるケースも多いですし、比較的短期間での案件もあります。初心者の場合は、いきなり大きなアプリを作ろうとしても失敗の元です。まずは、規模の小さな案件からスタートするといいでしょう。また、ビッグデータを活用する事が多くなったため、データ分析ツールの案件も多いです。その相場は5千円から1万円前後となっています。Pythonを使用した案件には、他にも業務用ツールの開発やAI関連の案件など多数あります。募集している企業や、作業内容によっては報酬の相場も異なります。自分のスキルに合わせて、向いている案件を選択する事が何よりも大切です。

Python初心者が案件をこなすために必要な知識

Python初心者が案件をこなすためには、何よりもそのデメリットについて知っておく事です。Pythonは習得しやすく、なんでもできるというイメージがあるかもしれません。ですが、誰でもすぐに使いこなせるかというとそうではありません。Pythonのデメリットとして挙げられるもののなかには、インデントがあります。インデントというのは、空白を行頭に入れて1字下げる事です。Pythonは、インデントによりブロックを1つの処理だと判断してしまいます。そのため、案件をこなすのに面倒だと感じる人もいます。万が一、インデントがズレてしまうと更に手間がかかってしまい、なかなか先へ進めません。相場がいい案件には、短期間で終わらせなければいけないものもあるため、インデントによる手間はストレスになる事もあります。この時に、タブかスペースかで迷う人もいますが、使いやすい方を選択するといいでしょう。

また、Pythonは実行速度が遅いという情報もあります。実行速度が遅いと、なかなか作業が進ますイライラしてしまいます。ですが、これには理由があります。それは、Pythonの自由さです。メリットでもある自由さが、場合によってはデメリットに感じてしまうのです。Pythonは、データの文字列やリストが決まってはいません。それでも作業を可能にしているのは、動的型付き言語を使用しているからです。動的型付き言語は、自由さや簡単さには優れているのですが、多くのメモリが必要となり結果的に時間がかかるのです。特に、Pythonを初めて使った時にはこの遅さに戸惑うでしょう。ですが、事前に実行速度が遅い事を理解しておけば、さほど困る事はありません。Pythonには、一見するとデメリットに感じる事もありますが、それ以上のメリットもあるのです。多くのエンジニアがおすすめのプログラミング言語に挙げるのは、あらゆる案件で活躍するからなのです。

Python初心者におすすめのセミナー

Python初心者におすすめのセミナーに、AI研究所のAIエンジニア育成講座があります。AIに関する必要な基礎知識やプログラミングの手法を学べるので、これまでAIに携わってこなかったという人も気軽に受講できます。なぜ初心者が効率よく学べるのかというと、その秘密は学習サイクルにあります。講義と議題、そして解説を繰り返す事によって必要なスキルが身につきます。講義を受ける事は大切ですが、単に受けているだけではなかなか身につきません。ですが、このセミナーでは講義を受けながら手を動かすので、知識と技術が同時に覚えられるのです。また、せっかく知識や技術を得ても、使わなければなんの意味もありません。議題をこなす事によって、実践形式で学習できます。解説で理解できなかった時には、講師にメールで尋ねる事ができるため、わからないところもそのままではありません。そして、プログラミングなど難しい知識を身につけるには長時間かかるという人もいるでしょう。この場合、スケジュールを考えるのが大変です。しかし、このセミナーはその心配はいりません。3日間という短期集中学習なので、期間を気にする事はありません。

このセミナーが教えるのは、単にプログラミングの知識だけではありません。案件を行うに当たって感じる楽しさと難しさについても学べるのです。案件での悩みや相場への不安というのは、実際に経験した人でなければ理解できない事もたくさんあります。セミナーでは、プログラマーの経験談などが聞ける事もあるため、将来的には大きな役に立ちます。セミナーを受講するというと、様々な物を会場に持っていくイメージを持っている人もいるでしょう。ですが、遠方から行く場合には、かなり面倒に感じます。AIエンジニア育成講座では、会場でパソコンの貸し出しを行っているため、荷物はほとんど必要ではありません。筆記用具さえあれば、特に不便は感じません。また、事情がありどうしても来場できない人もいるでしょう。そんな時には、オンラインでの受講も可能なので困る事はありません。AI研究所の最高技術責任者である三谷大暁さんを始め、信頼できる優秀な講師が揃っているので、初心者が感じる疑問や不安にも丁寧に答えてくれます。更に、丁寧な解説が書かれたテキストもありますし、eラーニングの視聴回数には制限がありません。苦手な部分を何度でも復習できるので、自分の欠点も克服できます。Pythonでの案件を獲得するためには、まずはAIやプログラミングに関する豊富な知識をセミナーで身につける事が大切です。

Python初心者でも理想の案件を獲得しよう

自由度が高く、使いやすいと感じるPythonは多くの案件で活躍する言語プログラミングです。案件も豊富で、内容やクライアントによって相場は異なりますが、幅広い分野で活用できます。しかし、初心者が使いこなすまでには独学では難しいと感じる場面も多々あります。そんな時には、必要な知識を基礎から教えてくれるセミナーを受講する事がおすすめです。わからない所も丁寧に教えてくれるので、案件をこなす時にも役立ちます。
ぜひこの機会にPythonの案件を獲得してみてください。

最新情報をチェックしよう!