Python初心者がチャットボットを作る手順!ライブラリで簡単にチャットボットを作ろう

Pythonでプログラミングができるようになれば、自分でさまざまなものを作ることができます。
Pythonを使えばチャットボットも作ることができ、初心者でも自分で作ることは可能です。
ここでは、初心者がPythonを使ってチャットボットを作る時の手順について、詳しくご紹介します。

Python初心者がチャットボットを作る手順

Pythonでチャットボットを作る手順

Python初心者が、チャットボットを作る手順を紹介していきます。

Python初心者がチャットボットを作る手順①作る目的を明確にする

Python初心者がチャットボットを制作したい場合には、正しい手順に従って制作した方が、チャットボットを作りやすくなります。
チャットボットを作るために、Python初心者がまず初めにしなければいけないのは、作る目的を決めることです。
どのような目的のためにチャットボットを作るかによって具体的な作り方は違ってくるので、できるだけ早い段階で決めておく必要があります。

一般企業がチャットボットを制作する目的として多いのは、件費を節約することです。
顧客からの問い合わせに全て人間のスタッフが応対していると、そのためだけに多額の予算が必要になりますが、簡単な質問はチャットボットを使って回答できるようにしておけば、スタッフの数を減らせるので費用を効果的に削減できます。

商品の売り上げを増やす目的でチャットボットを制作することもできます。
商品のことをより詳しく知ってもらう目的で、チャットボットを作ることも可能です。

チャットボットを制作する前にこうした目的を具体的に決めておけば、決定した目的に最適な方法でチャットボットの設計ができます。
なお、制作する目的によっては、チャットボットに使用するキャラクターに可愛らしいものを選んだ方が、効果的な場合もあります。
そのために、どのような種類のキャラクターを使用するのかも、できるだけ早い段階で決めておいたほうがおすすめです。
制作する目的を事前に決めておけば、チャットボットを作るために必要となるデータの量も検討をつけることができます。
大量のデータが必要になる場合もあれば、データ量が少なくても制作できるチャットボットもあります。

Pythonの初心者がチャットボットを制作する場合には、使用するプラットフォームを決めておく必要もあります。
チャットボットをどのメディアに導入するかによって、最適なタイプのチャットボットも変わります。
SNSなどでも使用することができ、どのようなSNSで使うかによっても最適なタイプのチャットボットは異なります。
ビジネスパーソンに多く使われているSNSもあれば、若い人に人気のあるSNSもあり、それぞれの特徴に合ったチャットボットを用意する必要があります。

Python初心者がチャットボットを作る手順②ライブラリでプログラミング

チャットボットを作る具体的な目標やプラットフォームが決定したら、次にしなければいけないのは、プログラムの作成です。
Pythonは、初心者でもチャットボットを使用しやすいプログラム言語です。
初心者でもPythonでチャットボットを作りやすいのは、作るために必要となる機械学習に関係したライブラリーを数多く利用できるからです。
深層学習もPythonのライブラリーを使用すれば、チャットボットに搭載しやすくなります。

Python初心者がチャットボットを制作するには、

  1. 利用したいプラットフォームにアクセスしてアプリの登録
  2. 制作したチャットボットに特定の権限を与えて、利用者として認識させる
  3. チャットボットに固有の名前をつけ、導入したい場所へ組み込むための作業
    ※この時にPythonを使用してチャットボットのプログラムを作る必要があります。
  4. 接続するために必要な情報を記録した後で、チャットボットを必要な場所へ移動

上記の一連の作業を全て終了すれば、選んだプラットフォーム上でチャットボットを使用できるようになります。
ですが、Python初心者が自分で作ったチャットボットの場合、初めから全てスムーズに利用できるとは限らないため、実際に自分で使用して不具合を確認する必要があります。
チャットボットがプラットフォーム上で正常に動作できるか確認する場合には、まず規模の小さい方法で運用試験をした方が最適です。
運用をしている時に不具合が発生したら、原因となっていることを追求して適切な改善が必要です。
簡単なプログラムのミスにより、チャットボットが正常に動かないこともあります。
問題が簡単に解決できない場合には、プログラム自体を一から作り直さなければいけないケースもあります。

Python初心者が知識をつけるならセミナーがおすすめ

Python初心者が知識をつけるならセミナー

初心者がチャットボットを作るためにPythonの知識をつけたい場合には、セミナーに参加するのがおすすめの方法です。
自分だけではわかりにくいPythonの知識も、専門的な知識を持つ講師に教えてもらうことで、理解しやすくなります。
Pythonの知識を学びたい人におすすめできるのは、株式会社VOSTのAIエンジニア育成講座です。
このセミナーが特におすすめできるのは、実践的なPythonの知識を短期間で集中して学べるところです。
これまでに1万人以上の人が受講した人気のセミナーで、98パーセント以上の人がセミナーの内容に満足しています。

3種類の方法の中から好きな方法を選べることも、AIエンジニア育成講座がPython初心者におすすめできる理由です。
自分の好きな勉強スタイルに合わせて選ぶこともできれば、仕事のスケジュールに合わせて選ぶこともできます。
仕事が忙しくて会場に行く時間がない人におすすめなのが、ライブウェビナーです。
このコースは、ネット上で講座を受講できることが大きな特徴です。
Zoomのウェビナーを利用してセミナーを開催しています。
インターネットにつなげる環境があれば、受講者は日本全国のどこにいても受講できます。
ネット上のセミナーであっても、会場で受講するのと同じようにしっかりと指導してもらえることも、AIエンジニア育成講座のライブウェビナーをおすすめできる理由です。
セミナーの会場には多くのパソコンが用意されているので、受講者ごとに独立して接続できます。
こうした配慮により、講師からのサポートも受けやすくなっています。
ネットでも一般のセミナーと同じように、講師にリアルタイムで質問をすることが可能です。
パソコンの操作についていけない初心者の人でも、離れた場所からサポートを受けられます。

AIエンジニア育成講座は、会場受講を選んで勉強することもできます。
講師と直接対面しながら講義が受けられるのが、このコースの特徴です。
セミナーが開催されているのは東京都内の会場で、3日間にわたって開催されます。
開催時間は10時から17時までです。

eラーニングというコースもAIエンジニア育成講座には用意されていて、他の種類のコースよりも安い料金で利用できます。
会場で受講するのと同じ内容の動画を、申し込みをした後に1年間いつでも自由に見ることができます。
Pythonを使用した人工知能プログラミングの基本的な文法も学ぶことができ、機械学習ライブラリーを使用したAIの実装方法も学習できるセミナーです。

Python初心者がチャットボットを作りたいならセミナーが早い!

Python初心者がチャットボットを制作したい場合には、プログラミングに関する基本的な知識を一通り覚えておいた方が最適です。
独学でプログラミングを学ぶこともできますが、効率良くPythonの知識を学びたい人は、セミナーを受講するのもおすすめの方法です。
株式会社VOSTのAIエンジニア育成講座は特におすすめできるセミナーで、Pythonのプログラミングに必要な基礎知識から、しっかり学ぶことができます。

最新情報をチェックしよう!