ディープラーニングのおすすめスクール3選!おすすめスクールで深層学習を学ぼう

人工知能の技術は急速に進化しています。人工知能を使用することで、より高度な処理ができるようになったのは、ディープラーニングという技術が開発されたことと深く関係しています。そのために、これから本格的にAIのことを学びたいと考えている人にとって、ディープラーニングの学習も不可欠になります。ここでは、ディープラーニングを学習できるおおすすめのスクールを紹介するので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

ディープラーニングのスクールとはどんなものか

ディープラーニングのスクールとは、AIやディープラーニングの技術を学習できるスクールのことです。ディープラーニングのスクールにはさまざまなレベルがあり、AIに関する知識を全く持っていない人を対象にしたものから、AIやプログラミングに関するある程度の知識を持った人を対象にしたものまで、種類はさまざまです。初心者を対象にしたディープラーニングのスクールでは、AIに関する基本的な知識から学習できる場合が多いです。機械学習に関する基本的な知識もこうしたスクールでは学ぶことができます。ディープラーニングに関する知識を証明できる、E資格を取得するためのスクールもあり、講座を修了することでE資格の受験資格を得ることが可能です。

ディープラーニングを学べるおすすめ講座3選

ディープラーニングを学べるおすすめ講座3選

ここからは、ディープラーニングを学ぶことができるおすすめのスクールについて紹介していきます。

ディープラーニングを学べるおすすめ講座①ビジネス向けAI完全攻略セミナー

まずビジネスのためにディープラーニングの技術を学びたい人におすすめできるのが、「ビジネス向けAI完全攻略セミナー」です。このセミナーの特徴は、ビジネスで使用できる人工知能やディープラーニングの知識を、わずか1日だけで学習できることです。このセミナーはAI学習をしたことがない人でも受講が可能で、基本的なことからAIについて学ぶことができます。基礎的な知識だけでなく、AIに関する応用的な知識が学べることもこのセミナーの魅力になっています。午前中にAIの基本を学んで、午後からAIの応用方法を学ぶことができます。ビジネスの実務で使用できる知識や活用法を、効率的に習得できるセミナーです。

このセミナーの午前の部分では、AIの基礎知識や機械学習について学習できます。人工知能に関する基本的な知識を先に学んでおくことで、ディープラーニングの技術を理解しやすくなるのがメリットです。AIの基礎知識として紹介しているのは、人工知能の活用事例やAIをビジネスで活用するためのコツや知識です。人間の知能をコンピュータ上で再現するための方法や、メールスパムを判定するシステムについても学習できます。機械学習の講座ではAIとプログラミングの違いについても教えていて、ディープラーニング理論と活用方法についても学ぶことができます。

午後の部では、午前の部で学んだ知識を生かして、より高度なAIの知識を学ぶことができます。人工知能を作るための方法も教えていて、クレジットカードの審査や高度な画像認識ができる人工知能を例にあげ、それぞれ具体的な作成方法を紹介しています。 AIの応用知識として、畳み込みニューラルネットワークを使用する機械学習の知識も教えていて、これがディープラーニングと呼ばれる技術の中核です。プログラミング言語を使用した機械学習も学ぶことができます。午後の部では受講者に実装課題も課されていて、ニューラルネットワークを使用した中古車の価格予測できる回帰モデルを作る課題などに挑戦できます。

ディープラーニングを学べるおすすめ講座②「AIエンジニア育成講座」

AIエンジニアがディープラーニングのことについて本格的に学習したい場合におすすめのスクールが、「AIエンジニア育成講座」です。このスクールはAIエンジニアとして働いている人を主な対象としていて、エンジニアの仕事に活用できる、AIやディープラーニングの知識について学習できます。この講座も、AIについて学習したことがない人でも受講が可能です。短期間に集中して学習することで、効率的にAIに関する知識をスキルアップできるようになっています。最短の場合たったの3日間で、応用レベルまで学習することが可能です。

この講座では受講者が効率良くAIの知識を学習できるように、独自の学習サイクルを採用しています。講義と課題と解説を1セットにして順番におこなっているのが、この講座の大きな特徴です。講義の時間では講師の話を聞くだけでなく、手を動かしながら実践することで、より効果的に知識と技術を身につけることができます。講義の後に受講者に課される課題では、覚えた知識を実際に使用できるようにするため、問題形式の課題が出題されます。頭の中に記憶した知識や技術をすぐに活用することで、講義で獲得した技術をしっかりと定着させることが可能になります。受講者が課題に取り組んだ後でおこなわれる解説では、課題でわからなかった部分もすぐに解決することが可能です。解説を読んでも理解できなかった問題がある場合には、メールで講師に質問することもできます。こうした方法で十分な解説がおこなわれることにより、受講者はわからなかった部分をしっかりと理解してから、先に進めるようになっています。

AIエンジニア育成講座では3つのステップに分けて受講者にAIの知識を教えていて、ステップ1ではAIの基礎や実装・可視化の知識を学ぶことができます。ステップ2ではライブラリーの活用法などを教えていて、ディープラーニング用のライブラリーのコーディングを理解し、高度なAIを実装できるようになることなどが、このステップの到達目標です。ステップ3では、実務レベルのさらに高度なAIの知識を学ぶことができ、転移学習についても学習できます。

ディープラーニングを学べるおすすめ講座③「E資格対策講座」

E資格の取得を目指している人におすすめできるディープラーニングのスクールは、「E資格対策講座」です。この講座はE資格の受験資格を得たい人を主な対象にしていて、試験に合格するために必要となるAIやディープラーニングに関する知識を総合的に学習できます。この講座の特徴は、短期間で多額の費用をかけず簡単に、E資格の受験資格を得ることができることです。他の会社でも同じようなE資格受験資格取得のための講座を開講していますが、そうした講座の中でもE資格対策講座は特に、価格や期間の面で非常に有利です。講義を受講するために必要となる前提知識も不要なため、さまざまなレベルの人が受講しやすい講座です。

E資格対策講座は、受講者が好きな方法を選んで学習できることも特徴になっています。対面型の授業やオンラインの授業を自由に選択できます。できるだけ費用をかけずにディープラーニングの知識を学びたい人に最適なのがeラーニングのコースで、最安値の受講料で資格対策のための勉強ができます。対面講義で授業を受けられる会場受講は、綿密な学習ができるのが魅力です。オンライン受講を選べば、どこにいても講座を受講することが可能です。E資格対策講座では全4回にわたって講座が開講され、1回目の講座の前には事前学習をすることもできます。試験直前フォローアップ講座も開講されていて、E資格の問題の全範囲を総復習したい時にも利用できます。実践形式に則した模擬試験が開催され、全119問の問題が出題されます。試験の後には解説もおこなわれています。

さまざまな目的でディープラーニングを学べるスクール

さまざまな目的でディープラーニングを学べるスクール

ディープラーニングを学べるスクールにはいくつかのタイプがあります。ビジネスのためにディープラーニングを学びたい人が利用できるスクールもあり、1日で応用的な知識まで学べるおすすめのセミナーも開催されています。AIエンジニアになりたい人のためのスクールもあり、AIに関する学習をしたことがない人でも受講できるスクールもあります。E資格の取得を目的とした講座もあり、講座を修了することで受験資格を取得できます。

ディープラーニングのおすすめスクール3選!おすすめスクールで深層学習を学ぼう
最新情報をチェックしよう!