Kaggleのアカウント登録方法まとめ

kaggleは、kaggle社が2010年から提供を始めた予想モデリングおよび分析手法関連プラットフォームです。優秀なデータ分析モデルを提出し、世界のデータサイエンティストと競い合うことができます。
そんなkaggleは、コンペ形式で提供されているサービスであり、まず企業などが「AI技術を活用する必要がある課題」を投稿し、kaggleに登録しているユーザーがその課題を自らの知識で解き、ベストなモデル構築を目指していくという仕組みです。
そして、提出した課題に関してはすべて採点が行われ、ランキング形式で点数がサービス上に掲載されます。課題の提出期間が終了し、見事ランキング1位を獲得したユーザーには、課題を掲載した企業への無償利用権と引き換えに賞金を受け取ることができるわけです。
そのため、AI人材としての経験を積んでいきたい人にとって、報酬を得ながら経験を積むことができる貴重なプラットフォームといえるでしょう。

では、登録してみよう!と思ってサイトを覗いてみると、オール英語です。
「せっかく頑張ってみようと思ったけど萎えるなぁ」
「やっぱ、やめておくか…」
そう思ってしまった方に向けて簡単なアカウント解説手順をご案内します。
アカウントの解説までは、すぐなので興味がある方は、アカウント登録を済ませてしまいましょう。

kaggleサイトでアカウント登録

まずは、kaggle公式サイトにアクセスしましょう。上段にコンペ、データセット、ノートブックと項目が並んでいますが、一番右端にRegisterと書いてあるクリックポイントがありますが、これをクリックします。

クリックすると、Googleアカウントか、自分のメールアドレスから新規アカウントをつくるか選択する画面がでてきます。上段を選ぶと、Googleアカウント、下段がメールアドレスです。

 

Googleアカウントかメールアドレス登録で作成

 

特に問題なければGoogleアカウントを使うとアカウント作成がすぐに完了します。ユーザーネームやパスワードはGoogleアカウントと同じものです。
メールアドレス登録で進めると、登録アドレス宛にメールが届きアカウント作成を進めることになります。
ユーザー名、サイト表示名、メールアドレス、パスワードの設定を行います。ユーザー名だけは、登録後変更することができません。サイト内での表示名は変更可能です。匿名での参加が可能ですが、できるだけ覚えやすい名前にしておいたほうがいいですね。

 

入力が完了したらgetstartedを押下します。

 

個人情報取り扱いに同意

 

次に、個人情報の取り扱いに同意します。全文英語になっていますが、英語が苦手な方は日本語に翻訳して確認しましょう。そんなに長い文章ではないので、念の為目を通しておいたほうがいいですね。

同意できるならI agree を押下します。

登録が完了したらユーザー名と自分のプロフィールURLを確認し、特に変更がなければNEXTを押下、これで登録が完了します。Googleアカウントと併用した場合は、ユーザー名はGoogleアカウント名となります。
下のチェックボックスはお知らせメールです。コンペのお知らせなど来るかもしれませんので、チェックを入れておいてもいいかもしれません。必要な方はチェックをお忘れなく。

以下、登録完了後のホーム画面です、アカウント名をクリックするとプロフィール内容を変更することができます。
プロフィール画面では、他のサイトとの連携を設定することができます。連携できるサイトは、GitHub, Twitter, LinkedIn, Websiteです。

アカウントの登録は以上です。アカウントの登録についてはとても簡単です。とりあえずGoogleアカウントかメールアドレスさえあればすぐ登録することができます。
特に悩むような項目はありませんので、さっと登録してしまいましょう。

 

登録後はチュートリアルをsubmit(提出)しましょう

登録が終わったら、分析データの提出を行いましょう。実際の詳しい内容は他の記事に譲るとして、この記事では最初のさわりだけ説明させていただきます。
以下画像は初心者向けタイタニックのコンペです。このコンペの分析データを提出することで自分の名前が順位にのります。
まず、右上のJoin Competitionを押下すると、利用規約について聞かれますのではいと答えるとコンペに参加できます。

この後は、カーネルを使ってコードを確認したり、また自分でコードを書いてみたりして操作性や基本的な使い方を学んでいくといいでしょう。
最後にデータタブよりデータをアップロードできたら提出完了です。自分の名前が順位に反映されていると思います。
これでkaggleを始める準備は整いました。最初のうちはカーネルを中心に学習を積み重ねていきましょう。

関連記事:AIエンジニアになるためのプログラミング・スキル習得はハンズオンでの学習がおすすめ

登録が終わったあとは初心者向けのコンペに挑戦

この記事では、kaggleのアカウント登録を中心にお届けしました。
アカウント登録は、問題なければGoogleアカウントと併用するのが簡単でいいのではないかと思います。メールアドレスを使って登録する場合は、ユーザーネームやパスワード等を新しく決める必要があります。
個人情報の取り扱いなどに同意できたらアカウント開設完了です。英語がメインなので面食らってしまうかもしれませんが、登録自体簡単です。機械学習を志すかたは迷わず登録しておきましょう。
アカウント登録後は初心者向けのコンペに取り掛かりましょう。有名なものでタイタニックのコンペがあります。
kaggleでPythonのコードの書き方などを学習したらとりあえずデータを提出します。自分の名前が順位にのりますので、ここからkaggleの活用スタートです。
一通りの作業が終わったら、カーネルを駆使して更に学習を深めていきましょう。

 

AIについてもっと学びたい方への、おすすめのAIセミナーは!?

より実践的にkaggleを利用するために、AIの知識やAIのプログラミングについてもっと学びたい方は「AIビジネスセミナー」を受講することをおすすめします!
自分でAIのことを学ぼうにもAIの作り方が全く分からない!AIの仕組みやプログラミングの基礎も知らないからどこから手をつけたらいいかわからない!なんて時もあると思います。
独学があまり好きじゃない、上手くいかないと言う人は手っ取り早くAIの講座を受けてしまうのもおすすめです!
AIは一見初心者向けの講座なんてなさそうですが、全くAIが分からない人でも受けられる講座があります。

私のイチオシのAI研究所のAI講座は…

こちらの2つが主におすすめのAI講座になっています!

AIビジネスセミナーは、AIの仕組みや作り方、ビジネスでAIを活用する方法を1日で学ぶことができるセミナーです。
プログラムコードを使わずにAIを作りながら学ぶことができるため、AIプロジェクトのマネージャーなどにおすすめのセミナーです!
また、AI研究所が開催しているE資格対策短期集中講座は、日本ディープラーニング協会にて規定されている出題範囲をすべてカバーしているセミナーです。
セミナーの内容は常に最新のE資格に完全対応しており、試験対策を中心に、E資格に合格するためのポイントを絞って学習できます。
しかも最後には資格が取れるほどの経験までさせてくれるので、初心者から成りあがるにはセミナーが一番手っ取り早いです。

どちらのセミナーも初心者向けで、AIが全く分からなくても受けられる講座とのことなので安心です。
この機会にセミナーを受講してみてはいかがでしょうか?

席数に限りがございますのでお早めにお申し込みくださいね!

最新情報をチェックしよう!
企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG