E資格を転職で利用する方法!求人の特徴や実例を解説

E資格をエンジニアが取得すれば、転職活動に利用することもできます。
E資格を取得した人を対象にした求人も数多くあり、その中には高収入の仕事も多く含まれています
そのために、収入を今よりも増やすため、E資格の取得を目指すエンジニアも増えています。
ここでは、このようなE資格の取得者を対象にした求人の特徴や、E資格を取得するまでの流れについて、詳しくご紹介します。

E資格とは

E資格とは、ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力や知識を有しているかを認定する AI エンジニア向けの資格です。

「AIエンジニアとして活躍したい方」「AIエンジニアとして転職を目指している方」は取得しておくべき資格の1つです。

E資格の概要

E資格の概要について表にまとめてみました。
年に2回(2月と8月)、全国各地で開催されます。

受験資格JDLA認定プログラムを試験日の過去2年以内に修了していること
実施概要試験時間:120分

知識問題(多肢選択式・100問程度)

試験日程年に2回(2月中旬、8月下旬)
試験会場全国各地
出題範囲シラバスより、JDLA認定プログラム修了レベルの出題
受験費用一般:33,000円(税込)

学生:22,000円(税込)

会員:27,500円(税込)

申し込み方法日本ディープラーニング協会の公式HPから

参考:日本ディープラーニング協会「E資格とは

E資格を取得するメリット

さてここでは、E資格を取得するメリットを3つ紹介します。

  1. 就職・転職に役立つ
  2. AIに関する網羅的な知識が身につく
  3. 合格者コミュニティでスキルアップできる

1つずつみていきましょう。

E資格のメリット①就職・転職に役立つ

履歴書の資格欄にE資格を記載しておけば、AIプログラミングに関しての知識があると理解してもらえます
また、技術レベルを対外的にも示せるので、就職や転職に役立ちます。

E資格のメリット②AIに関する網羅的な知識が身につく

E資格取得に向けて学習することで、AIに関する網羅的で深い知識が身につきます
アルゴリズムの中でどのような計算がされているかを、数式を用いて理解することで、最新の論文などを読んで業務に活用する際にも役立ちます。

E資格対策講座を見る

E資格のメリット③合格者コミュニティでスキルアップできる

E資格に合格すると専用コミュニティに参加でき、業界の他社AIエンジニアと情報交換したりして人脈が広がり、転職など自身のキャリアアップにも役立ちます

また、E資格の取得を通して、講座で人脈を広げることができるのも大きなメリットです。

E資格の受験者数・合格者数

E資格は2018年から開催されている試験で、2018年は1回開催でしたが、それ以降は1年に2回開催されています。
2020年の試験は2回目が延期となったため、2021年の受験者が多くなりました。
過去7回と併せた、E資格の累計合格者数は5,482名です。

過去7回の受験者数・合格者数を表にまとめてみました。

開催回受験者数合格者数合格率
2018年(年1回)33723469.44%
2019年(年2回)1,08371766.2%
2020年(年1回)1,04270968.04%
2021年(年2回)2,8582,19676.84%
2022年(年2回)2,2241,62673.11%
累計6,3745,482

参考:日本ディープラーニング協会「E資格(エンジニア資格)2022#2」結果発表(897名が受験し、644名が合格)

E資格の認知度が向上し、受験者数は1回目と比較すると約7倍となりました。
合格率は60%台後半から70%台後半と高めで推移しています。
合格率のみを見ると、合格しやすい印象を受けますが、受験者の多くはすでに知識と経験を持っているため、数字以上に難易度は高い資格といえます

E資格の勉強方法

結論から言うと、E資格を独学で勉強するという選択肢はありません
独学での合格が難しい理由は以下の2つです。

  • 過去問や合格点などが開示されていない
  • 受験資格に条件がある

1つずつ簡単に説明します。

独学では難しい理由①過去問や合格点などが開示されていない

E資格の過去問や合格点などは開示されていません。
過去問がなければ、試験対策をとることができないため、独学で学習をすすめて合格するのは至難の業といえます。

独学では難しい理由②受験資格に条件がある

加えて、E資格試験の受験資格には「JDLA認定プログラムを試験日の過去2年以内に修了していること」とあり、E資格講座の受講は必須となります。

次の項目で、おすすめのE資格講座について紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

E資格に合格するまでの流れ

E資格はAIプログラマーの転職に有利な資格ですが、資格を取得するためにはまず試験に合格する必要があります。
誰でもE資格の試験をすぐに受験できるわけではなく、E試験を受験するためには一定の条件を満たしている必要があります。
JDLA認定プログラムを、試験が開催される日の過去2年以内に修了していることが、E試験を受験するための条件です。
JDLAとは、一般社団法人 日本ディープラーニング協会のことで、ディープラーニングの技術を利用して、日本の産業を発展させることを目的に設立された団体です。
E資格の試験もこの団体が開催していて、この団体が決めた認定プログラムを修了した人だけが、試験を受験できます

JDLA認定プログラムとは、高等教育機関や民間の事業者が提供している教育プログラムです。
JDLAが定めている基準とシラバスを両方とも満たしているものが、JDLA認定プログラムです。
JDLAでは、ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選んで実装する能力を持つ人材を教育している講座を、JDLA認定プログラムとして認定しています。
E資格の受験資格を取得するためには、こうした講座を受講して、受講を修了することが必要です。
民間の企業が開催しているさまざまなディープラーニングに関する講座が、JDLA認定プログラムとして認定されています。
それぞれの会社が開催している講座には特徴があり、料金や受講に必要な期間も、講座によって違いがあります。

E資格に合格するのにおすすめの講座

E資格対策ディープラーニング短期集中講座

E資格を受験したい人におすすめできるのが、株式会社VOSTが開催しているE資格対策講座です。
JDLA認定講座なので、講座の受講を修了すれば、そのままE資格の受験資格が取得できます。
他の会社が開催しているJDLA認定プログラムとの大きな違いは、受験資格を取得できるまでの期間が非常に短いことです。
全4回の講座で、E資格を受験するために必要な知識を学ぶことができます。

この講座は3種類の受講形式の中から好きなものを選んで受講することができます。

  • 会場を使用して開催される講座
  • オンライン受講
  • eラーニング

会場受講は、会場で講師と直接対面しながら指導を受けられるのが特徴です。
オンライン受講は、ネット上で講師に質問をしながら、勉強ができる受講方法です。
eラーニングは、動画で受講する方法で、どこでも動画を見ることができるため、場所を選ばずに勉強をしたい人に最適です。申し込みをしてから1年間はいつでも動画を視聴することが可能です。
会場受講とeラーニングは、4人以上の受講者が集まった場合に限り開催されています。

E資格を利用できる転職の実例

E資格を利用できる転職の実例

E資格を利用して転職できる仕事にはさまざまなタイプがあります。

  • AIエンジニア
  • AIプログラマー

など、幅広い種類の技術者が応募できる仕事が揃っています。
E資格を所有していることを履歴書に記載できる人ならば、いずれも応募することが可能です。

E資格を取得した人を対象にした求人の一つが、画像解析のシステム制作を担当する仕事です。
写真や動画などに写っている図形や文字・言語などを、ディープラーニングの技術を使用して解析していくシステムを作る仕事です。
こうしたタイプの求人では、E資格を取得していることの他に、別の条件が必要とされる場合もあります。
コーティングを実務でおこなった経験が求められる場合もあるので、注意が必要です。

Pythonを使用してプログラミングができることも求人の条件になっている場合があります。
他の種類の資格を持っているかどうかも、採用の際に参考にされることがあります。

E資格を利用した求人の特徴

E資格を取得した人を対象にした求人の中には、機械学習を利用したシステム開発を担当する仕事もあります。
このタイプの求人にはさまざまな種類があり、自動車の運転のために使用される機械学習のシステムや、物体を検知するためのシステム開発を担当する仕事などがあります。
クラウドの技術を利用した機械学習のシステム制作を担当する仕事もあり、こうした求人に応募するためには、機械学習やディープラーニングの知識だけでなく、インターネット関連の技術に関する知識も必要になります。
機械学習を利用したシステム開発の求人では、何らかのプログラム言語を修得していることが求人の条件になっていることも多いです。
機械学習のシステム制作でも、Pythonでプログラムを書ける人が優遇されています。
求人によっては、大学生レベルの数学の知識が求められることもあります。

E資格を活用して転職するための手順

E資格を活用して転職するための手順を紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

  1. ポートフォリオ作成
  2. 情報収集
  3. 応募

1つずつみていきましょう。

①ポートフォリオ作成

転職する際には、ポートフォリオを作成しましょう。
履歴書と職務経歴書といった紙面上の情報のみでは伝わりづらい、自身の実績や力量・スキルなどをアピールするためにも作成するのがおすすめです。

ポートフォリオには、自己紹介・経歴・保有スキル・作品・実績を明示しましょう。

②情報収集

転職先を決める上で、環境や待遇など、自分に合った求人情報を探す必要があります
転職する目的を明確にし、企業のリサーチは入念に行いましょう。
応募先の企業における仕事内容、エンジニアに求めるスキルなども調べておいたほうが良いでしょう。

③応募

E資格を保有しているだけで、簡単に転職できるわけではありません
「自分にできること」だけでなく、企業側にとって自身を雇うメリットを具体的に示せるように準備しておきましょう。
習得したスキルを、実務でどのように活用するのかを明確にしておくと、企業側に好印象を与えられるはずです。

E資格を転職に活用しよう

AIエンジニアの転職にも利用できる、E資格に関する情報についてご紹介してきました。
E資格の取得者を対象にした求人も多くあり、画像解析や機械学習のシステム制作ができる人材などを募集しています。
システム制作の実務経験やプログラミング言語の習得が、求人の条件になっている場合もあります。
JDLA認定プログラムを受講すれば受験資格を取得できるので、興味のある方はぜひ受講を検討してみてください。

最新情報をチェックしよう!