E資格を転職で利用する方法!求人の特徴や実例を解説

E資格をエンジニアが取得すれば、転職活動に利用することもできます。
E資格を取得した人を対象にした求人も数多くあり、その中には高収入の仕事も多く含まれています
そのために、収入を今よりも増やすため、E資格の取得を目指すエンジニアも増えています。
ここでは、このようなE資格の取得者を対象にした求人の特徴や、E資格を取得するまでの流れについて、詳しくご紹介します。

E資格を利用できる転職の実例

E資格を利用できる転職の実例

E資格を利用して転職できる仕事にはさまざまなタイプがあります。

  • AIエンジニア
  • AIプログラマー

など、幅広い種類の技術者が応募できる仕事が揃っています。
E資格を所有していることを履歴書に記載できる人ならば、いずれも応募することが可能です。

E資格を取得した人を対象にした求人の一つが、画像解析のシステム制作を担当する仕事です。
写真や動画などに写っている図形や文字・言語などを、ディープラーニングの技術を使用して解析していくシステムを作る仕事です。
こうしたタイプの求人では、E資格を取得していることの他に、別の条件が必要とされる場合もあります。
コーティングを実務でおこなった経験が求められる場合もあるので、注意が必要です。

Pythonを使用してプログラミングができることも、求人の条件になっている場合があります。
他の種類の資格を持っているかどうかも、採用の際に参考にされることがあります。

E資格を利用した求人の特徴

E資格を取得した人を対象にした求人の中には、機械学習を利用したシステム開発を担当する仕事もあります。
このタイプの求人にはさまざまな種類があり、自動車の運転のために使用される機械学習のシステムや、物体を検知するためのシステム開発を担当する仕事などがあります。
クラウドの技術を利用した機械学習のシステム制作を担当する仕事もあり、こうした求人に応募するためには、機械学習やディープラーニングの知識だけでなく、インターネット関連の技術に関する知識も必要になります。
機械学習を利用したシステム開発の求人では、何らかのプログラム言語を修得していることが求人の条件になっていることも多いです。
機械学習のシステム制作でも、Pythonでプログラムを書ける人が優遇されています。
求人によっては、大学生レベルの数学の知識が求められることもあります。

E資格に合格するまでの流れ

E資格はAIプログラマーの転職に有利な資格ですが、資格を取得するためにはまず試験に合格する必要があります。
誰でもE資格の試験をすぐに受験できるわけではなく、E試験を受験するためには一定の条件を満たしている必要があります。
JDLA認定プログラムを、試験が開催される日の過去2年以内に修了していることが、E試験を受験するための条件です。
JDLAとは、一般社団法人 日本ディープラーニング協会のことで、ディープラーニングの技術を利用して、日本の産業を発展させることを目的に設立された団体です。
E資格の試験もこの団体が開催していて、この団体が決めた認定プログラムを修了した人だけが、試験を受験できます

JDLA認定プログラムとは、高等教育機関や民間の事業者が提供している教育プログラムです。
JDLAが定めている基準とシラバスを両方とも満たしているものが、JDLA認定プログラムです。
JDLAでは、ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選んで実装する能力を持つ人材を教育している講座を、JDLA認定プログラムとして認定しています。
E資格の受験資格を取得するためには、こうした講座を受講して、受講を修了することが必要です。
民間の企業が開催しているさまざまなディープラーニングに関する講座が、JDLA認定プログラムとして認定されています。
それぞれの会社が開催している講座には特徴があり、料金や受講に必要な期間も、講座によって違いがあります。

個人の受講者を主な対象にしている講座の他に、法人を対象にしている講座をおこなっている会社もあります。
講座の開催方法も会社によって違いがあり、特定の会場を使用しておこなう講座もあれば、オンラインで受講できるタイプの講座もあります。
そのために、受講者のスケジュールや予算に合わせて、好きな講座を選べるようになっています。

E資格に合格するのにおすすめの講座

E資格対策ディープラーニング短期集中講座

E資格を受験したい人におすすめできるのが、株式会社VOSTが開催しているE資格対策講座です。
JDLA認定講座なので、講座の受講を修了すれば、そのままE資格の受験資格が取得できます。
他の会社が開催しているJDLA認定プログラムとの大きな違いは、受験資格を取得できるまでの期間が非常に短いことです。
全4回の講座で、E資格を受験するために必要な知識を学ぶことができます。

この講座を受講する場合には、用意されている事前学習動画を全て視聴しておいた方が、講座の内容を理解しやすくなります。
E資格に合格するために必要となる、数学の基礎的な知識や応用数学についても、事前に学習ができます。
Pythonを使用したAIプログラミング基礎やAIの仕組みも、事前学習動画を見れば一通り学習できます。

全4回の講座では、ディープラーニングの理解に必要となるさまざまな知識を、実践課題を通して勉強することが可能です。
統計分析やデータ分析から、モデル実装まで幅広い種類の知識を、課題を通して学ぶことができます。
フレームワークを使用してAIを作成できる能力だけではなく、ビジネスの課題を解決するためにディープラーニングを利用するための能力も鍛えることができます。
講座はいくつかの単元に分けられていて、受講者の理解度を確認するために、それぞれの単元ごとに小テストをおこなっています。
テストの結果を自分で分析すれば、十分に理解できていなかった部分を復習してから、その後の講義を受講できます。

何らかの理由により全4回の講座のいずれかを欠席してしまった場合でも、E資格の受験資格を取得することは可能です。
開催される講義は全て動画で撮影されているので、講座に欠席をした人でも、撮影された動画を見て学習すれば、受験資格を得ることができます。
ただし、2回以上講義に出席しなかった場合には受験資格が得られなくなるので注意が必要です。

この講座は3種類の受講形式の中から好きなものを選んで受講することができます。

  • 会場を使用して開催される講座
  • オンライン受講
  • eラーニング

会場受講は、会場で講師と直接対面しながら指導を受けられるのが特徴です。
オンライン受講は、ネット上で講師に質問をしながら、勉強ができる受講方法です。
eラーニングは、動画で受講する方法で、どこでも動画を見ることができるため、場所を選ばずに勉強をしたい人に最適です。申し込みをしてから1年間はいつでも動画を視聴することが可能です。
会場受講とeラーニングは、4人以上の受講者が集まった場合に限り開催されています。

E資格を転職に活用しよう

AIエンジニアの転職にも利用できる、E資格に関する情報についてご紹介してきました。
E資格の取得者を対象にした求人も多くあり、画像解析や機械学習のシステム制作ができる人材などを募集しています。
システム制作の実務経験やプログラミング言語の習得が、求人の条件になっている場合もあります。
JDLA認定プログラムを受講すれば受験資格を取得できるので、興味のある方はぜひ受講を検討してみてください。

最新情報をチェックしよう!