AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

製造業のためのAI人材育成サービス短期的なプランから、中長期的なプランまで、
御社にあったAIの人材育成プランをご提案いたします。

一社でも多くの企業様にAIの能力獲得の機会をもっていただきたい。

AI研究所では、多くの企業様がAI技術を活用することが、社会全体の活性化と革新に繋がるものと考えています。
そのため、時間的な制限をできるだけなくし、金銭的な負担を軽減し、高度な内容を体系的に学ぶ仕組みが必要と考えサービスを開発・提供しています。みなさまの、AI能力向上の一助になれば幸いです。

AI研究所 特別技術顧問

東京大学大学院情報理工学系研究科AIセンター 松原 仁 教授

1986年東大大学院情報工学専攻博士課程修了。工学博士。同年通産省工技院 電子技術総合研究所(現産業技術総合研究所)入所。2000年公立はこだて未来大学教授。2016年同副理事長。2020年東京大学大学院情報理工学系研究科AIセンター教授。公立はこだて未来大特任教授。人工知能、ゲーム情報学、エンタテインメントコンピューティングなどに興味を持つ。2020年AI研究所特別技術顧問就任。

AI研究所 特別技術顧問

慶應義塾大学理工学部 教授/電気通信大学人工知能先端研究センター 特任教授 栗原 聡 教授

慶應義塾大学大学院理工学研究科修了。博士(工学)。NTT基礎研究所、大阪大学大学院情報科学研究科、電気通信大学大学院情報理工学研究科などを経て、2018年から現職。電気通信大学に国立大学では初となる人工知能先端研究センター(初代センター長)を設立。人工知能学会理事・編集長などを歴任。人工知能、複雑ネットワーク科学、自律分散システム等の研究に従事。

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップと
AI研究所が提供するサービス

AIを業務で活用するためには、社内の解決すべき問題を持った上で、社内で得られるデータを活用しAIを用いて問題を解決できる人材が必要です。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成AIプロジェクトの支援を行います。

STEP 1プロジェクトメンバー全体のAIリテラシーの向上が必要

サービス内容①
プロジェクトメンバー全員に対してAIの基礎研修を実施いたします。
基礎研修を行うことで、プロジェクトメンバー内でAIに対する意識統一を図ります。
AIに対する過剰な期待や間違った理解を避け、AIを活用した最適な問題解決ができるようになります。

STEP 2業務に直結するAIスキルの習得が必要

サービス内容②
AIの必要なスキルは業務や職種、役職によって異なります。そのため、役割ごとに併せた人材育成のカリキュラムが必要となります。
御社の業務内容やプロジェクトメンバーの役割にあわせ研修プログラムをカスタマイズし実施いたします。
業務に直結するAIスキルを習得していただきます。

STEP 3効果的なAIプロジェクトの推進が必要

サービス内容③
習得したAIスキルを基に、AI事業計画の策定を支援いたします。
また、AIプロジェクト実施に必要なデータの収集やモデルケースの作成、機械学習用モデルの作成もサポートいたします。

AI人材育成、AI事業サポートの無料相談受付中!

お電話、メール、ご訪問、いずれも無料で承ります。まずはお気軽にご連絡ください。

TEL 03-6912-0791

提案を受ける
資料ダウンロードはこちら

AI研究所のAI人材育成 サービスが選ばれる3つ理由

課題解決に必要な人材育成プランをご提案

御社の課題をヒアリングをした上でご提案いたします。

特徴1
AI研究所はお客様の問題と理想をヒアリングをした上で課題設定を行い方向性と解決策をご提案しています。研修後はAI活用のためのアイデア出しを行う場を設け、現場の課題解決のためにどのようにAIを活用していくべきかをふまえて支援いたします。その結果、学習重視の社員研修で完結することなく企業側が求めるAI人材が育成されます。

短期的なプランから中長期的なプランまで

日常業務と並行して人材育成が実施できるようになります。

特徴2
日常の業務である開発、設計、製造、生産などを行いながら新しい技術を習得するには時間がない場合があります。AI研究所の人材育成サービスでは、短期的なプランから中長期的なプランで御社の業務にあわせてカリキュラムを構築することで、御社にとって必要な内容を厳選し教育を実施いたします。また、Eラーニングにも対応しているため、時間や場所の制約がなく人材育成を行うこともできます。

製造業を熟知したAIコンサルタント

社員教育から事業サポートまで徹底支援いたします。

特徴3
製造業を中心に10年以上のコンサルティング経験を持つコンサルタントが 、ご提案から人材育成の実施まで行います。また、産業用IoT・AR・3DCAD・3Dプリンターなどの製造業向けの教育コンテンツやコンサルティングサービスをすべて対応できるため、AI関連に限らず業務効率化や新製品・サービス開発の支援も行います。

お問い合わせからサービス実施までの3つのステップ

  1. ステップ1お問い合わせとご提案

    まずは、お電話 03-6912-0791 またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。弊社担当が御社の現状をヒアリングさせていただきます。ヒアリングさせていただいた内容を基に、課題解決に向けて必要なプランをご提案いたします 。

  2. ステップ2実施内容の決定

    ご提案させていただいた内容を基に、ご納得いただくまでカリキュラムや研修後のフォローについてお打ち合わせさせていただきます 。

  3. ステップ3実施と検証・報告

    研修実施後に、研修中に出たご質問やプロジェクトメンバーが興味を惹かれた内容、理解度などを記載した実施報告書を提出します。今後のAI事業計画の策定や、より高度なAI人材の教育のためにご活用いただけます。

AI人材育成、AI事業サポートの無料相談受付中!

お電話、メール、ご訪問、いずれも無料で承ります。まずはお気軽にご連絡ください。

TEL 03-6912-0791

提案を受ける
資料ダウンロードはこちら

製造業者様の導入事例

スタートアップから大企業まで業界問わず多数導入

開発事業へのAI導入。技術部社員約100名に対して人材育成を実施しAIプロジェクトの立ち上げに成功

J社様
  • 地域:東京都
  • 事業:自動車部品製品開発
  • 売上規模:3,000億円
  • 従業員数:15,000名以上

オートモーティブ向けのコンシューマー向け製品開発を行っている同社は、他社との差別化を図るためにAI 技術を製品開発に使用したいが、体系的に学ぶ場が今までなく、独学の社員が研究レベルで行っている状況でした。「技術者が体系的にAIを学ぶことで全員の知識ベースを統一し部署ごとで最適な技術を使ってAI活用をできるようにしたい」という目的でご相談をいただきました。

当社からの提案例

教育の目的が知識ベースの統一だったため、短時間での知識共有を主目的とした教育をご提案しました。3時間でAIの活用事例や仕組み、今後のプロジェクトの進め方などをお伝えし、部署ごとのプロジェクト化へ向けた足がかりとしていただきました。

導入後のご感想

AIに関する取り組みが部署ごとで異なっている状況から部署をまたいでもAIに関する共通言語ができ社内教育でも役立てることができました。おかげさまでセミナー後いくつかの部署で実際にAIを活用するプロジェクトが立ち上げることができました。リソースの問題からAIの実装部分を外部に委託する部署もありましたがAI開発をしている会社の方と共通言語を持った状態で話せるようになりました。

自社製品のIoT化を検討。AI・IoT・3DCADの利用した設計の効率化を実現。

T社様
  • 地域:東京
  • 事業:ポンプ部品メーカー
  • 売上規模:150億円
  • 従業員数:400名以上

産業用ポンプ部品メーカーの同社は、自社製品のIoT化を進める上でIoTで収集したデータをどのようにAIで活用すればよいかがわからないため、IoTなどのAI以外の技術との連携を知れるセミナーを探しているということでお問い合わせいただきました。

当社からの提案例

ビジネス向けAIセミナーの短縮版(3時間)を重役を含めた方々向けにご受講頂くご提案をしました。また、一般社員の方にはビジネス向けAIセミナーおよびIoT入門セミナーを受講頂くことでIoTとAIの連携について理解して頂くご提案をしました。

導入後のご感想

AI以外の技術との連携を同時にご理解頂くことで、自社製品のIoT化を進めていただくことができました。今後はIoTで収集したデータを利用して製品改良を進められるということで、3DCADを利用した設計効率化を含めたAI・IoT活用のコンサルティングに進んでいただきました。

化学材料メーカーグループ3社合同でAI研修を実施。研修後、経営陣を含め全社を上げてAI人材育成を進める方針に決定

N社様
  • 地域:東京都
  • 事業:化学系材料メーカー
  • 売上規模:1,500億円
  • 従業員数:数百名

AIを活用して業務効率を上げる取り組みを3カ年計画で行うため、重役が正しくAIについて知った上でプロジェクトを進めたいが、経営者向けの浅い内容では不足で技術者向けの内容では深すぎるため、ちょうどよいセミナーが見つからないとのお問い合わせをいただきました。

当社からの提案例

技術上がりの経営者様が多かったため、ビジネスサイドのお話と技術側のお話をバランス良くミックスしたセミナーをご提案しました。通常6時間のセミナーから経営者様に必要な内容を抽出し一部をデモンストレーションでご覧いただく工夫をすることで、6時間で得られるのと同様の内容を2時間の研修にまとめました。

導入後のご感想

重役の方にプロジェクト全体の進め方や会社全体のAIリテラシーを高めることの重要性を理解していただき、全社を上げてAI人材育成を進める方針を決めていただくことができました。

製造業向けコンサルティング事例

当社はAI以外にも幅広い分野でお手伝いが可能です。

AI人材育成、AI事業サポートの無料相談受付中!

お電話、メール、ご訪問、いずれも無料で承ります。まずはお気軽にご連絡ください。

TEL 03-6912-0791

提案を受ける
資料ダウンロードはこちら

AI研修サポート実績

日本全国の企業様の社員研修を支援し、組織改善、事業拡大に貢献しています。

  • オカモト株式会社
  • セイコーエプソン株式会社
  • キリン株式会社
  • シチズン時計株式会社
  • ダイキン工業株式会社
  • ゼブラ株式会社
  • テルモ株式会社
  • 日野自動車株式会社
  • 旭化成株式会社
  • 旭化成エレクトロニクス株式会社
  • 伊藤忠プラスチックス株式会社
  • イビデン株式会社
  • 株式会社イナック
  • 株式会社中北製作所
  • 大晃機械工業株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • スズキ株式会社
  • パナソニック株式会社
  • ブラザー工業株式会社
  • ヤマハ発動機株式会社
  • 横河電機株式会社
  • 株式会社 本田技術研究所
  • 株式会社 JVCケンウッド
  • 株式会社クレハ
  • 岩崎電気株式会社
  • 株式会社エービーケーエスエス
  • AGCセイミケミカル株式会社
  • NTKセラミック
  • エムケー精工株式会社
  • 株式会社大川原製作所
  • 株式会社ブリヂストン
  • 日産自動車株式会社
  • 日本発条株式会社
  • 株式会社沖データ
  • 株式会社河合楽器製作所
  • 株式会社日立製作所
  • 株式会社日立ソリューションズ
  • 京セラ株式会社
  • 三井造船システム技研株式会社
  • 岡谷電機産業株式会社
  • オリンパス株式会社
  • 鬼怒川ゴム工業株式会社
  • 栗田工業株式会社
  • 小原歯車工業
  • 株式会社ケーヒン

会社や自宅から参加できる無料オンラインセミナー開催決定!

AI人材育成とAIプロジェクトを同時に成功させる秘訣

AIの人材育成やAIプロジェクトを進める上で欠かせないAIの基礎と最新動向をわかりやすく解説します。プロジェクトマネジャーや人事担当におすすめの無料のセミナーです。先着100名様限定 お申し込みはお早めに!

講義内容
  • ●AIを取り巻く状況と活用事例
  • ●AIのプロジェクトを推進する上で必要なこと
  • ●データの収集と社内にあるデータの活用方法
  • ●AI人材の育成に必要なこと
  • ●AIの構築方法と手順
  • ●ディープラーニングとプログラミング

講座詳細・お申し込みはこちら

AI人材育成サービスに関するお問い合わせ

まずはお電話またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
弊社担当が御社の現状をヒアリングさせていただきます。

お電話でのお問合わせはこちら

どんなささいなことでもお気軽にご連絡ください。お客様のご状況にあわせてご相談を承ります。

03-6912-0791

電話受付 9:00~18:00(土・日・祝除く)

メールでのお問合わせはこちら

■ 要件
■ 会社名  例. 株式会社VOST
■ 担当者名  例. 佐藤 太郎
■ 部署名  例. 生産管理部
■ Email  例. info@ai-kenkyujo.com
■ 電話番号  例. 03-1234-5678
■ 住所  例. 東京都江東区青海2-5-10 テレコムセンタービル
■ 内容