AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる -

HOME  >  Pythonを学ぶにはこの書籍10選

公開日:2018.12.14 

Pythonを学ぶにはこの書籍10選

カテゴリー: AI(人工知能)の作り方

Python書籍10選

Python(パイソン)を学ぶに相応しい書籍を10冊厳選しました。
ゲームプログラミングや事務処理など、Pythonの活用範囲にはかなり広いです。

1:独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで

独学プログラマー Python言語の基本から仕事のやり方まで
Amazon

この書籍は「Pythonだけ」を学ぶ本ではなく、Pythonを使ってプログラミングを紹介していますが、言いたい内容はPythonだけに限定されず「プログラミング全般」の知識です。

独学プログラマーとは、この書籍の筆者の事で、独学でプログラミングを身に着けるためにPythonを通して学んだ過程が書かれています。
Python(パイソン)の基礎的な文法から、エンジニアに必須の知識がコンパクトにまとまっています。

2:12歳からはじめる ゼロからのPythonゲームプログラミング教室

12歳からはじめる ゼロからのPythonゲームプログラミング教室
Amazon

開始対象年齢は12歳で、知識ゼロからPythonを学習します。
敷居が低いですが、大人も納得の充実の内容になっています。
ゲームをプログラミングしながらPythonのいろはを学んで行く流れです。
学習した集大成がゲームの完成を指すので、達成感の強い内容です。

3:退屈なことはPythonにやらせよう -ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング

退屈なことはPythonにやらせよう -ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング
Amazon

Python(パイソン)は事務的で退屈な処理を代行してくれる事が表題で理解できる書籍です。
対象者はノンプログラマー、プログラミング初心者の学びがこの一冊に凝縮されています。
Pythonを介して事務仕事を解決して行く過程で、プログラミングの構成理解に役立てます。

4:みんなのPython 第4版

みんなのPython 第4版
Amazon

Python(パイソン)そのもの(大蛇、うわばみ)がデザインされた印象的な表紙の書籍で、Pythonの言語使用をざっくり学ぶには持って来いの一冊であるとの評価を得ています。
公式ドキュメントという立ち位置の本書で、Pythonの要点を一から学びましょう。

5:詳細!Python3 入門ノート

詳細!Python3 入門ノート
Amazon

本書は初心者にオススメしたい書籍です。
丁度よい説明量で、一つの機能の説明について、理解が必要な箇所については何個か例示をして見せ比較する形で記載されており、初心者の方でも入りやすい書籍です。

更に、実際のデータを使用して、データの成形やデータの可視化等の、データ解析の手法が解析されている為にTips(助言、ヒント、秘訣、秘法、心付け)も同様に学べる一冊になっています。

6:Python クックブック

Python クックブック
Amazon

プログラミングは、その使用言語にとって最も適合する書き方が存在します。
ですが、Python(パイソン)を独学で学ぼうとするプログラマーは、網羅的に学ぶ機会が限定されてしまいます。

そんな打開策を見出してくれるのが、Pythonのクックブックです。
この書籍は、ある課題とPythonによる解決が、マンツーマンで掲載されている為に、調べたい課題だけ参考にする事ができます。

日本版は現在2版まで出版されている状況です。
(※洋書は3版が先行出版されています)

7:Pythonクローリング&スクレイピング-データ収集・解析のための実践開発ガイド

Pythonクローリング&スクレイピング-データ収集・解析のための実践開発ガイド
Amazon

本書はPythonによるクローリング・スクレイピングの入門から応用・実践までを丁寧に解説した書籍です。

基礎から解説していますので、初心者の方でも問題なく学ぶことが出来ます。
この書籍のテーマは、効率の良いスクレイピングのテクニック、個人がデータ入手する際に頼らざるを得ない、スクレイピングについて理解を深めて行く書籍です。

8:TensorFlow機械学習クックブック Pythonベースの活用レシピ60+(impress top gear)

TensorFlow機械学習クックブック Pythonベースの活用レシピ60+(impress top gear)
Amazon

本書はPythonによるクローリング・スクレイピングの入門から応用・実践までを丁寧に解説した書籍です。

TensorFlow(テンソルフロー)を実例と共に使用例を挙げて行く書籍です。
TensorFlowの基礎的内容から、丁寧な解説が施されています。
TensorFlow関連の書籍の中では、説明の流れが懇切丁寧で、内容に過不足がなく、通読にストレスを伴わないと評判です。

9:ゼロから作るDeep Learning 2-自然言語処理編

ゼロから作るDeep Learning 2-自然言語処理編
Amazon

自然言語処理を中心に扱った内容が本書の筋です。
機械学習に内容を絞ると、画像処理の話がメインになりがちですが、この書籍は自然言語処理に焦点を当てている所に真新しさを感じます。

10:基礎から学ぶDjango

基礎から学ぶDjango
Amazon

Pythonで最も利用されているDjangoを紹介した書籍です。
Wikipediaによると、DjangoはPythonに実装されたWebアプリケーションフレームワークの事です。

Webと言えば、RubyやPHPが高頻度で使われますが、Python人気もあいまって、DjangoがWebの世界でも注目されつつあります。

まとめ

「プログラミングを牽引するPython(パイソン)の存在感」
ゲームのプログラミングに関わったり、退屈な事務処理をこなしたり、ライブラリと連動して機能を発揮するPythonについての理解を深める為の選ばれし10冊の書籍。

網羅すればプログラミングに関しては免許皆伝の知識を得られると確信します。
「机上の空論」から脱するには実際にプログラムを書いてみる事です。

今回は書籍10選に留めましたが、より早く学びたい方のために、全くの初心者でも参加いただけるセミナーを開催中です。
Pythonはプログラミング言語ですので、修得するまでには時間がかかります。
弊社のセミナーでは、機械学習に的を絞り、最低限必要な知識を今流行りのニューラルネットワークを題材に短時間で学ぶことができるカリキュラムとなっています。
今回ご紹介した書籍と併せて皆様の学びの一助となれば幸いです。

タグ:


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中
AI(人工知能)入門セミナー AI(人工知能)入門セミナー IoT入門セミナー

AI入門ブログの中の人

AI研究所 研究スタッフ

【マサミ】

アメリカ・サンフランシスコにある情報メディアの専門学校を卒業。大手金融会社での事務経験を経て、2016年9月よりAI研究所に入所。見習い研究員として、AI技術を日々勉強中。


【三谷】

AIセミナー責任者、講師。AIについての幅広い知識を持ち、人に分かりやすく伝える技術を持つ。特にAIを事業や仕事に取り入れる方法について日々講義しています。

AI研究所Twitter

Facebookページ