Pythonのチュートリアルまとめ

こちらの記事では、プログラミング初心者におすすめのPython学習教材を紹介します。

書籍や有料学習サイト、PDFなど、Pythonを学ぶためのツールはたくさんありますが、初心者の方は何を選んだらよいか迷うケースも多いのではないでしょうか。

最初に手に取った教材が自分に合っていないと、習得に時間がかかってしまうのは勿論、

「自分にはPythonは難しいのかな、、、」と、自信がなくなってしまいますよね。

そうならないためにも、自分に合ったベストなチュートリアルを選んで頂きたいと思います。

本記事がご参考になれば幸いです。

Pythonと機械学習について

このページに来られた方の中には、「Pythonを使ってAIを作りたい!」と思われている方も多いのではないでしょうか。

PythonはAIを作るための機械学習の分野でスタンダードで使われているプログラミング言語のため、近年人気が高まっています。

もし機械学習をメインで行っていきたいという方は、このあとご紹介するチュートリアルについて、1から10まですべて習得する必要はありません!

せっかくプログラミング言語を習得するので、もちろん知識があるに越したことはないのですが、条件分岐を中心とした通常のシステム開発のためのプログラミングと、機械学習のためのプログラミングは若干異なっています。

というのも、機械学習では世界中の研究者が研究したアルゴリズムを先人がプログラムを作ってくれており、それらがライブラリやフレームワークという形で公開されています。

一般的な機械学習モデルを作成するには、それらのライブラリから機能を呼び出すだけで住んでしまうこともあるのです。

とはいえ、Pythonを全く知らなくては機能の呼び出しもできませんし、データの分析や処理もできません。これからご紹介するチュートリアルを使って、基礎的なことをしっかりと学んでみてください。

Pythonチュートリアルについて

はじめに、Pythonの運営組織が作成しているPythonチュートリアルを紹介します。

ここでは「公式版チュートリアル」と呼ぶことにします。

「Python チュートリアル」と調べていくと一度は目にする教材かと思いますが、、、

[結論] 公式版チュートリアルは、完全なプログラミング初心者の方にはオススメできません。

公式版チュートリアルを初心者の方にお勧めできない理由

  • 初心者には難しい用語などがいきなり出てくる。
  • ある程度知識がある前提で説明が進む。初心者にとってはやや説明が不親切。

公式版チュートリアルの良い点

  • 少し勉強を進めた人にはPythonの辞書のような形で使用可能。
  • 良質なサンプルコードが掲載。

公式版チュートリアルへのアクセス方法

プログラミング初心者の方以外に向けて、公式チュートリアルの日本語訳が閲覧できるURLを載せておきます。

原文は英語のドキュメントなのですが、翻訳された日本語版も無料でサイト閲覧できます。

https://www.python.jp/index.html

上記リンクからPythonの公式ページが開けますので、「Python3ドキュメント」をクリックしてください。

また、書籍化もされています。

こちらは有料ですが、書き込んで学習を進めたい方にはオススメです。

価格は1,980円(税込)で、第四版が最新となっております。(2021年6月時点)

引用元:Amazon

初心者におすすめ~Pythonチュートリアル書籍~

初心者におすすめのチュートリアル書籍を紹介していきます。

ある程度の特徴はお伝えしておりますが、自分に合うかどうかの相性は読んでみないと分からない部分もあります。

ぜひ書店で実際に手に取ってみてください。

また、Amazonでは試し読みの機能もありますので、こちらもぜひ活用してみてください。

Python1年生

引用元:Amazon

本体価格 2,178円(税込)

とにかく分かりやすいです。

途中で挫折したくない!という人にはオススメの一冊です。

イラストが多く対話形式になっているため、飽きが来ないのが特徴です。

活字が苦手な方でもスラスラ読み進めることができます。

また、「この章で何を学ぶか」「今から何を学ぶのか」を常に確認しながら進んでいきます。

初心者の方でも「迷子」にならないように、という読者への配慮が感じられますね。

さらにありがたいことに、1年生を読み終えた後に「2年生」もあります。

順を追って学習を進めることができる点もGood!ですね。

引用元:Amazon

注意点を挙げるとすると、次のステップに進むために新たな教材が必要だということでしょうか。

「2年生」が出版されているように、この一冊で網羅している内容は限られています。

それでも、プログラミング初心者の第一歩目という観点では非常にオススメの一冊です。

独習Python

引用元:Amazon

本体価格  3,300円(税込)

こちらも、全くのプログラミング初心者でも入門書として活用できるレベルです。

説明もシンプルで分かりやすいです。

対話形式などのポップな雰囲気が苦手な方にはこちらがオススメです。

また、筆者は他のプログラミング言語の入門書も執筆しており、そちらも大変人気です。

実績があるので、安心感がありますね。

みんなのPython 第4版

引用元:Amazon

本体価格 2,970円(税込)

こちらもプログラミング初心者の方にもオススメできる一冊です。

前半までの内容で基本的な文法を一通り学べるため、途中で挫折しにくいのは勿論、最後まで読まなくても基礎知識を習得できるというのは安心できるポイントです。

一度読み終えた後は、辞書のような使い方も出来ます。

所々に図解は散りばめられてますが、基本的に文字が多めの形式になっています。

スラスラ読み進めるというよりは、じっくり読み込んでいくのが得意な人にオススメです。

初心者におすすめ~PythonチュートリアルWebサイト~

ドットインストール

https://dotinstall.com/lessons/basic_python_v3

ドットインストールは月額会員制(1,080円/月)の動画学習サイトです。

無料公開中の動画もありますので、ぜひ一度視聴してみてはいかがでしょうか。

1レッスンが約3分になっており、セクションが細かく分かれています。

継続して取り組みやすいのは勿論、後で必要な項目だけ見返しやすいのもGood!

有料会員であれば、質問機能も使用できます。独学の方にはありがたいですよね。

Udemy プログラミング言語 Python3入門コース

https://www.udemy.com/course/intro-to-python3/

Udemy(ユーデミー)は米国の会社で、100,000以上の講座があるオンライン学習のプラットフォームです。

こちらのPython3入門コースは、プログラミング初心者の方でも分かりやすい内容となっております。

ただ、こちらはMacの画面で説明されており、Windowsの方には不向きかもしれません。ご注意ください。

有料ですが、こちらの講座はいわゆる「買い切り」で、一度購入すると閲覧期限がありません。

じっくり勉強したい方にオススメです。

正規価格は9,600円ですが、ホームページへの初回アクセスから6時間までは割引価格の1,840円で購入可能です。(2021年6月現在)

こちらも無料動画が公開されているので、興味のある方はぜひ一度視聴してみてはいかがでしょうか。

初心者におすすめ~PythonチュートリアルPDF~

PDF教材のメリットは、場所を選ばずに学習できる点が挙げられます。

一度ダウンロードしてしまえば、オフラインで閲覧可能です。

また、紙に印刷すれば必要分だけ持ち運べるため、書籍よりもさらに持ち運びが便利ですよね。

ここではプログラミング初心者にもオススメのPDF教材を紹介していきます。

Python 1年生

https://www.seshop.com/product/detail/21451

PDF版のダウンロードサイト 2,178円(税込)

書籍編でも紹介しましたが、こちらはPDF版でもスラスラと読み進められる内容になっております。

イラストが多く、対話形式になっているため、飽きが来ないのが特徴です。

また、「この章で何を学ぶか」「今から何を学ぶのか」を常に確認しながら進んでいきます。

初心者の方でも「迷子」にならないように、という読者への配慮が感じられますね。

さらにありがたいことに、1年生を読み終えた後に「2年生」もあります。

順を追って学習を進めることができる点もGood!ですね。

Python3入門

https://qiita.com/KatsunoriNakamura/items/b465b0cf05b1b7fd4975

こちらは無料のPDFファイルとなっております。

無料なのに369ページと、ボリュームたっぷりです。

PDFファイルの冒頭に、学び方についても記載がありますので、その通りに進めていくのが良いと思います。

内容は基礎的なものから実践まで網羅されているのですが、全くの初心者の方には少しとっつきにくいと感じるかもしれません。

他の教材の補助的な位置づけで使用することも可能です。

無料ですので、ぜひ一度見てみてはいかがでしょうか。

まとめ

プログラミング初心者にオススメのPython学習教材を紹介していきました。

書籍、Webサイト、PDFとそれぞれ解説しましたが、いかがだったでしょうか。

自分の学習スタイルに合った教材を見つけることができれば、学習効率は大きく上がると思います。

気になった教材には、ぜひ直接触れてみましょう。

最新情報をチェックしよう!
企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG