Pythonをトレーニングする方法3選!効果的なトレーニングでAIプログラミングを強化しよう

pythonは誰でもが無料で利用することのできる、シンプルなコードで書かれたプログラミング言語です。開発に不可欠なソースが公開されているため、自分で構築する時に便利なだけでなく他人の作成したものを利用することもできます。pythonを学ぶためには様々な方法が用意されているので、その中のいくつかをここでは紹介していきます。

Pythonを学ぶための種類

Pythonを学ぶための方法としては、以下の3つのものがあります。ここではPythonのプログラミングの学習方法を紹介します。

オンライン教材

オンラインでプログラミングを学ぶための教材は多くあります。そういった教材では基礎的な学習内容を抑えることができるだけでなく、オンラインエディタを利用することで簡単な動きを確かめながら勉強する事ができます。

書籍

Pythonはオンラインでも学習できますが、書籍のほうがよりまとまった情報を得ることができます。体系的に学習しようとする場合なら、書籍で学習するほうが効率がいいでしょう。移動と移動の合間などの隙間時間を活用できることも、書籍での学習のメリットだと言えます。プログラミング言語を過去に一つ学んだことのある人なら、書籍を利用したほうが学びやすいこともあります。

プログラミングスクール

誰でもが独学が出来るというわけではありません。独学することが難しいという人はプログラミングスクールを活用した方がいいでしょう。特に初めてプログラミングを学ぶ場合は挫折しやすいので、確実にスキルを習得することができるプログラミングスクールで学ぶのがおすすめです。近くにスクールがない場合でも、完全にオンラインのみで学習できる学校もあります。

Pythonをトレーニングする方法3選

Pythonを簡単に学ぶことができる方法を、いくつか紹介していきます。

学習サイトを利用する

Pythonは学習サイトのProgate(プロゲート)を利用することで、簡単に学ぶことができるでしょう。Pythonをサイト上で書きながら学べるため、オンライン上だけで完結できます。自分のパソコンの開発環境を準備する必要もないので、始めることは簡単です。初心者には分かりづらいプログラミング用語もわかりやすく説明されているため、安心して学習を進めていけます。課題をクリアするごとにレベルアップしていくシステムになっているので、学習のモチベーションを保つことも容易いでしょう。Progateを使えば他の言語も学ぶことが出来るのですが、応用的な内容を学ぶためには月額費用が別途かかってきます。

オンラインスクールで学ぶ

オンラインスクールでPythonを学ぶなら、SAMURAI ENGINEERが最適です。SAMURAI ENGINEERは現役エンジニアからマンツーマンレッスンを受けられるので、挫折をしづらい仕組みになっています。Pythonを学べるAIコースを選べば講師がオーダーメイドカリキュラムを作ってくれるので、無理なく効率的に勉強を進められます。データサイエンティストを目指しているのなら、転職コースに進むのもいいでしょう。キャリアカウンセラーから転職のアドバイスを受けられるだけでなく、実際に転職を成功させたときには授業料が無料にしてもらえます。

セミナーを受講する

セミナーでPythonの知識を得たいのならAIエンジニアセミナーを利用するのがいいでしょう。AIエンジニアセミナーには会場受講コースとライブウェビナーコース、Eラーニングコースの3つのコースが用意されています。対面だけでなくオンラインでも学習できるので、遠隔地にいる人でも簡単に参加することができます。AIエンジニアセミナーの特徴には、学習期間が短いことがあります。未経験の人でも3日間集中的に学習することによって、応用的な知識を身につけることが可能となるのです。ライブウェビナーコースならパソコンを用意できなくてもレンタルしてもらえるので、誰でも安心して参加することができます。Eラーニングコースを選べば一度購入した講義を365日間何度でも反復して学べるので、知識を定着させたいと思っている方におすすめです。

Pythonをトレーニングするメリット

ソースコードの簡易性・無料のオープンソース・需要が高い・汎用性があるという点が、Pythonをトレーニングすることのメリットとして挙げられます。

ソースコードの簡易性

Pythonはソースコードが簡易なプログラミング言語です。シンプルなコードソースで出来ているため、コーティングやエラーの発見が短時間ですみます。Pythonを使用することで時間のかかるプログラミング開発の工程を、大幅に削減することも可能です。

オープンソースの利用

開発に不可欠なオープンソースが無料で展開されていることも、Pythonを用いるメリットの一つと言えます。開発に必要な環境は無償で整えることができるので、誰もが自由に開発環境を作れるのです。他の言語では環境構築を整えるのにお金がかかる場合もあるのですが、Pythonを使えばパソコンとインターネット環境さえ整っていれば誰でも構築できます。他人の作ったプログラムを利用して開発の手間を削減できることも、メリットの一つだと言えます。

需要が高い

世界中で多く使われていることも、Pythonを使うメリットの一つだと言えます。企業や個人が導入していてオープンソースも日々拡充されているので、この言語を学ぶだけで殆どのことが出来てしまうほどです。

高い汎用性

Pythonは色々な分野で利用できる、高い汎用性を持った言語です。例えばデータサイエンスや文章作成の自動化などにも活用できます。オープンソースが広く展開されているため、必要なプログラムを導入するためのハードルも低いのです。

Pythonのスキルを活かせる職種

Pythonを学ぶことで、エンジニアとして様々な分野で活躍することが可能です。ここではどのような仕事に活用できるのかを紹介していきます。

AIエンジニア

AIエンジニアとは、AI(人工知能)を研究・開発したり、AIを使用したシステムを開発などを行うエンジニアです。人工知能は幅広い分野で必要とされ人々の生活に不可欠なものとなっているので、更に需要が高まっていくことでしょう。

webアプリケーション開発エンジニア

webアプリケーション開発エンジニアとは、企業のための会員ページやECサイトを開発・構築するエンジニアのことを指します。業務を効率的に処理するための業務アプリケーションの開発も、webアプリケーション開発エンジニアの仕事です。

データサイエンティスト

データサイエンティストはビッグデータと呼ばれる膨大なデータを分析・解析することで、事業に活用していくエンジニアです。Pythonはデータサイエンスを得意としている言語なので、ビッグデータを扱うなら必要なスキルの一つと言えるでしょう。データサイエンティストが引き出した情報は、企業の新サービスや事業戦略の立案・分析などに利用されます。

pythonのトレーニング方法についてまとめ

pythonを学習する方法には書籍や学習サイトを使った独学という方法もありますが、そういった方法では途中で挫折してしまうリスクがあります。オンラインスクールやセミナーを受講すればお金は多少かかるのですが、講師に逐一わからないことを教えてもらえるので、途中で投げ出さなくてすむでしょう。AIエンジニアセミナーを受講すれば、初心者でも短期間で必要な知識を得ることが出来るため、時間がない人にもおすすめです。

Pythonをトレーニングする方法3選!効果的なトレーニングでAIプログラミングを強化しよう
最新情報をチェックしよう!