Python初心者向け副業4選!おすすめの副業や案件の探し方も紹介

本業の収入だけでは満足できない、色々な仕事をしてスキルを磨きたい、そう考えている人におすすめなのがPythonの副業です。
今回は副業を始めようと思っている人に向けて、Python初心者でもできるおすすめの副業やPython案件の探し方などを紹介します。

Python初心者でもできる!おすすめの副業4選

それでは早速Python初心者でもできるおすすめの副業を紹介していきます。

1.スクレイピング

Python初心者の人にまずおすすめしたい副業が、スクレイピングです。スクレイピングというのはデータ収集のことで、様々な分野で活用されています。例えばネットにある様々なホームページのタイトルを収集し、それをランキング化するような時にスクレイピングが使用されます。Pythonの技術を使えば、こういったデータ収集を自動化できるのです。

スクレイピングは比較的簡単な作業のため、Python初心者の人でも問題なく取り組めます。案件の単価はそれほど高くありませんが、特別な知識やスキルが必要ないということで、Pythonの扱いに慣れていない人に人気があります。Pythonのことをより深く知るきっかけになりますし、副業に慣れるためにも最適な仕事です。

2.講師として初心者にPythonを教える

講師業を副業にしている人も多くいます。講師というと難しいというイメージがあるかもしれませんが、初心者向けに教える程度であれば、それほどPythonに関する高度な知識やスキルは必要ありません。どちらかと言えば、コミュニケーション能力や人に分かりやすく教える力が必要です。講師を副業にすると、自分自身のスキルアップにも繋がるというメリットがあります。

誰かに教える時には、自分自身が生徒以上の知識を持っていなければなりません。講師として誰かに教えている内に、自分自身に足りないスキルや知識が分かるので、そこをしっかり勉強しておけば仕事にも活かせます。お金を稼ぐだけではなく、スキルアップするためにも講師業は最適な副業です。ただし、案件によっては高度なスキルや知識が求められるものがあるので注意してください。生徒が中級者上級者になってくると、初心者程度の知識では教えることが難しくなります。仕事を探す時は、初心者向けに教えるようなものを選ぶようにしましょう。

3.アプリ開発

アプリ開発も人気の副業です。スマホやタブレットが普及し、様々なアプリが開発されるようになりました。PythonはAI開発でよく使われるものですが、実はアプリ開発にも活用されるケースが多いです。副業でアプリ開発の仕事をする時に注意しなければならないのが、開発期間です。副業の場合、本業の合間に作業することになるので、長期的な案件をこなすのは大変です。まずは短期間で開発を行うような案件に参加してみるとよいでしょう。

また、アプリ開発は種類によって必要になる知識が変わります。OSやデバイスなど、開発環境次第で求められるスキルが変わるので、Python以外にどういったスキルが必要になるのか確認しておきましょう。よく使われるJavaScriptやRubyなどの知識は身につけておくとよいです。副業でアプリ開発をすることで、Python以外の言語にも強くなるので、対応できる仕事の幅が広がります。

4.自動化ツールの作成

自動化ツールの作成を行う案件も多く出されています。Pythonは、自動化ツールの開発に活用できる言語です。決められた単純作業の繰り返しは、Pythonが得意としています。例えば画像を決められた通りに自動編集する、メールを自動で送受信する、Excelの自動更新、こういった作業はPythonで自動化できます。事務系の仕事などで、単純作業を自動化したいという場面は多くあるので、自動化ツールを作成できる人材の需要は高いです。

Python副業の探し方

そんなPythonの副業案件の探し方も紹介していきます。

SNSを活用して営業活動や求人探しをする

ツイッターやフェイスブックなど、SNSを活用して案件を獲得する方法があります。よくあるのが、SNSに自分のポートフォリオを掲載して、営業活動する方法です。SNSは多くの人と繋がれるツールなので、ポートフォリオを見たクライアントから何か依頼が来るかもしれません。また、SNSを通して仲良くなった人の中に、Pythonを扱える人材を探している人がいて、案件を任されたというケースもあります。中にはSNS上で求人を出している人もいるので、それに応募してみるのもよいでしょう。ただし、どちらかというと受け身の方法になるので、他の方法と併用するのが効果的です。

求人サイトやエージェントサービスを利用する

求人サイトやエージェントサービスで副業を探す人は多いです。求人サイトには様々な案件が掲載されているので、その中から自分好みの案件を探して応募することができます。ポイントは、副業に特化した求人サイトを利用することです。求人サイトの中には正社員募集がメインのところや、副業ではこなすのが難しい案件が多いところがあります。副業向けの求人サイトなら、短時間でこなせる案件が豊富に掲載されているので、仕事が見つかりやすいです。

自分で求人を探しても上手くいかないという時は、エージェントサービスを利用してみましょう。エージェントサービスは、登録すると自分に合った求人をエージェントが紹介してくれます。さらに、クライアントとの交渉などを代行してくれるサービスもあるので、安心して副業を始めることができます。副業をしたいけれど、営業活動や交渉などに時間を使いたくないという人におすすめのサービスです。大手のITプロパートナーズやレバテックフリーランスなどが人気です。

クラウドソーシングサイトを利用する

Python初心者の方が、副業を探す時におすすめなのがクラウドソーシングサイトです。クラウドソーシングサイトには、ありとあらゆる案件が掲載されています。もちろんIT系の募集も充実していて、Pythonで検索すれば色々な案件が見つかります。初心者や未経験者歓迎の、比較的簡単な案件が多いのも魅力です。ランサーズやクラウドワークスなど、利用者が多いサイトを利用してみましょう。

Pythonの副業をしたい人がPythonを学ぶ方法

Pythonを学ぶ方法は色々あります。専門の本がたくさん売られているので、それを購入して独学で学ぶことも可能です。しかし、初心者の人の中には独学だとモチベーションが上がらない、なかなかスキルが身につかないという人もいるでしょう。そういう人はセミナーや講座を受講してみましょう。人気になっているのが、「AIエンジニア育成講座」です。

対面学習やライブウェビナー、Eラーニングなど様々な方法でPythonを学ぶことができます。短期集中学習で、未経験者でも効率的にAIに関する必要な知識を身につけられるので、すぐに仕事で実践できます。3つのステップに分けて、未経験者からAIマスターを目指せる内容になっているので、最速3日間で応用レベルまで到達できます。会場で対面でセミナーを受けることもできますが、ライブウェビナーやeラーニングなら場所を問わずPythonの学習を進められます。

Pythonの技術を磨いて自分に合った副業を始めよう!

副業は収入をアップさせるだけではなく、自分のスキルを向上させるためにも役立ちます。Pythonは色々な分野で使われる言語なので、副業の案件が多く見つかります。
ただし、より高単価の案件をこなすためには、Pythonに関する知識や技術をしっかり身につけておくことが大切です。
一見難しそうなPythonも、「AIエンジニア育成講座」のように手軽に学べるセミナーや講座があるので、Pythonの技術を磨いて高単価の案件にチャレンジしてみてください。

Python初心者向け副業4選!おすすめの副業や案件の探し方も紹介
最新情報をチェックしよう!