Python初心者でもできること7選!実装例や学び方を初心者にも分かりやすく紹介

汎用性が高く、さまざまな分野で活用されるPythonが注目を浴びています。しかし、プログラミング言語は難しい、挫折してしまうかもしれないと不安を覚える人も少なくないでしょう。この記事では、Pythonの概要や初心者でもできる実装例、学習方法についてわかりやすく紹介しています。

初心者でもPythonでできること

AI開発に不可欠な機械学習などのPythonの高度な知識とスキルが必要な実装例もありますが、学習し始めたばかりの初心者でもできる実装例もあります。Python初心者でもできる実装例は以下の7つです。

画像認識

画像認識や画像処理などの画像全般に対応した「OpenCV」をPythonに組み込むことで、顔などの認識ができます。たとえば顔認識をしたい場合は、顔が含まれた画像と、顔が含まれていない画像、それぞれを多数入力します。抽出するべき顔がある画像とない画像を機械学習させ、顔の認識精度を高めるのに適したプログラミング言語がPythonです。

デスクトップアプリケーション

他のプログラミング言語でもデスクトップアプリケーションは作成できます。しかし、コードが短く、シンプルなPythonはよりスピーディーにアプリケーションを作れるでしょう。

ゲーム開発

Pythonには、ゲーム開発用ライブラリの「Pygame」や、2Dゲーム開発用フレームワーク「Cocos2d」があります。ブロック崩しなどの単純なゲームであれば、少ないコードで作れます。

情報収集ツール

情報収集には、URLのリストからプログラミング情報を収集する「クローリング」と、取得したプログラミングから任意の情報を抜き出す「スクレイピング」を用います。Pythonはこの2つの技術で株価や為替などを自動で定期的に集めることが可能です。

webサイト制作

Pythonはブラウザ側のフロントエンドから、サーバー側のバックエンドまで必要なものが揃った、webアプリケーションの構造の基になる「Django」が実装されています。そのためPythonは、webサイトの制作にも適したプログラミング言語です。大手の動画投稿サイトやSNS、大規模な掲示板サイトがPythonで制作されています。

情報の抽出や処理

Pythonは数値計算機能と組み合わせ、情報の処理や抽出が可能です。たとえば、データベース内の膨大なデータを内部計算し、表にまとめることや、目的の情報を抽出し、別のファイルに移行することができます。

チャットボット

チャットボットはチャット上の質問に対して、自動で回答するシステムです。Pythonを用いれば、チャットボットの開発もでき、さまざまな場面で活躍の機会が増えています。たとえば、ユーザーからの問い合わせが多い内容に関してはチャットボットで対応すれば、オペレーターを減らし人権費を削減できます。デジタル化や自動化が進んでいるので、Pythonの知識とスキルが必要とされる機会も増えるでしょう。

Pythonは実は初心者でもできる!

Pythonは汎用性が高いプログラミング言語です。そのため、多くのエンジニアやプログラマーに支持されており、AI開発に不可欠な機械学習などの最先端技術の分野から、データの処理や分析、収集などの初心者ができることにも使われています。Python初心者へのメリットは以下の4つです。

コードが短いので実は学習が簡単

Pythonは他のプログラミング言語と比べて、コードが短いです。そのため、処理の内容を支持する「コード」を覚えることに費やす時間が短くなるので、学習にかかる負担が減ります。コードが短いということは、コーディングにかかる時間も短縮できるメリットがあります。ディスプレイにはサイトや動画など、ネット上のコンテンツが映りますが、大量のコードが書き込まれ画像や文字、音が処理されているのです。コードを学習する時間と、書き込む時間が短縮できるので、Pythonはこれからプログラミングに取り組む人にも適した言語といえるでしょう。

エラーが起こった部分を特定しやすい

コードは書く時間より、エラーがあった場合にその部分を探すことに時間を費やします。Pythonのコードは短く、シンプルなため、エラーの部分を探す時間も短縮できます。たとえば、5文字の単語を表示させるのに、Javaでコードを書く場合は153文字打ち込み、行列は9です。一方、Pythonであれば、1行列14文字になります。このようにコードの量が少ない分、間違った部分を探しやすくなります。

初心者でも修正しやすい

大規模なプログラミングであれば、複数人のプログラマーで取り組む場合もあります。共同でプログラミングする際に、コードがシンプルで短いと、他の人が書いたコードもわかりやすく、修正も容易です。

Pythonだけでさまざまなコンテンツを作れる

Pythonは動画投稿サイトやSNS、AI、IoTなどさまざまなコンテンツや分野で活用されています。政府が推進するDX(デジタルトランスフォーメーション)も後押しし、さらに事業や業務のデジタル化を進める企業が増えるでしょう。そのため、汎用性の高いPythonの需要も高くなる可能性があります。

Pythonが苦手なこと

Pythonは汎用性が高く、メリットが多いプログラミング言語ですが、苦手とすることもあります。Pythonが苦手とするのは、以下の2つです。

実行速度が遅く、基幹システムには導入されにくい

Pythonは実行速度が他のプログラミング言語に比べて遅く、正確性や安定性、処理速度が重視される基幹システムには導入されにくいです。

日本語のサポートが少ない

Pythonは日本で普及し始めて日が浅いため、他のプログラミング言語に比べて日本語でのサポートが少ないです。しかし、Pythonについて解説した書籍やサイトも増えてきているので、学習しやすい環境が整う日も遠くないでしょう。

初心者が最短でPythonを学習する方法

初心者がPythonを最短で学習する方法は以下の3ステップです。

本・書籍で学習する

初心者であれば、プログラミングでしか使わない用語を知らない場合もあるでしょう。次のステップからが学習のメインになりますが、そこでの学習スピードを落とさないためにPythonやプログラミングに関する基本的なことは事前にインプットしておきましょう。また、併せてタイピングスピードも上げます。コードを打ち込む量も、Pythonの早い習得に不可欠です。

オンライン講座を受ける

基本的な知識を修め、タイピングスピードを上げたらオンライン講座に取り組みます。最短でPythonを学習するためには、知識とスキルを持つ人に質問できる環境が必要です。機械学習などのPythonを使った高度な開発に対応した講座は高額な傾向がありますが、基本的なプログラミングは低額な講座もあります。目的に合わせた講座を選びましょう。

実装と改善を繰り返す

コードを書き、実装して稼働させます。コードはエンジニア向けのサイトや本にも掲載されているので、解読し、実装しましょう。初めはエラーが発生し、上手くいかないかもしれません。エラーが発生した部分を探し、改善して稼働の成功までつなげることを繰り返せば、短期間でPythonを学習できるでしょう。

Pythonは初心者でもできることが多いプログラミング言語

プログラミングの初心者でもできることから、AIの機械学習など最先端の開発までできるのがPythonです。さまざまな分野で活躍しており、コードが短くシンプルで、学びやすいことなど、メリットが多いプログラミング言語です。また、Pythonはブロックチェーンの開発でも重要な役割を担っているため、さらに活躍の場が広がることが予想されています。

最新情報をチェックしよう!