Pythonの初心者向けサンプルコード一覧!サンプルコードを覚えてPythonを記述してみよう

Pythonをこれから本格的に学習したいと考えている人は、まず基本的なコードの書き方を覚える必要があります。
Pythonのコードは他のプログラミング言語と似ている部分もあるので、他の言語を知っている人ならば、覚えやすくなっています。

ここでは、初心者が知っていれば役立つPythonのサンプルコードについて、詳しくご紹介します。

Pythonの初心者向けサンプルコード一覧

それではPythonの初心者が使えるサンプルコードを紹介していきます。

Pythonの初心者向けサンプルコード一覧①print

Pythonの初心者向けサンプルコード一覧①print

Pythonをこれから始める人がまず覚えておくべきサンプルコードとしておすすめできるのは、画面に文字を表示させるためのサンプルコードです。
コードを書いて画面に文字を表示させる方法は、どのようなプログラミング言語でも基本となることなので、しっかりとコードの書き方を覚えることが重要です。Pythonで文字を画面に表示させるために使用する関数はprintです。

print関数を使用してコードを書く時には、printの後に()をつけて、()の中に画面に表示したい文字を記入します。
例えば、画面に「あいうえお」と表示したい場合には、入力するコードは「print(‘あいうえお’)」となります。

このサンプルコードを書くうえでのポイントは、画面に表示させたい文字をクォーテーションマークで挟んでいることです。このようにコードを書くことで、Pythonが()の中のクォーテーションマークで挟まれた部分を、文字列として認識できるようになります。
通常のクォーテーションマークではなく、ダブルクォーテーションマークを使用してコードを書くこともできます。ダブルクォーテーションマークを使えば上記のサンプルコードは「print(“あいうえお”)」と書き換えることができます。
このコードも実行すれば、画面に「あいうえお」という文字列が表示されます。

print関数の応用サンプルコード

Pythonのprint関数を使用すれば、画面に複数の文字列を同時に表示することも可能です。複数の文字列を表示したい場合には、表示したい2つの文字列の間を半角のコンマで区切ってコードを書きます。
例えば「かきくけこ」と「さしすせそ」という2つの文字列をPythonで同時に表示したい場合に使用できるサンプルコードは、「print(‘かきくけこ’,’さしすせそ’)」となります。
このコードを実行すると画面には「かきくけこ さしすせそ」と表示されます。2つの文字列の間に半角のスペースが自動的に入るので、別の文字列であることをわかりやすく表示したい場合に使用できるコードです。

画面上に数字を表示することも、Pythonのprint関数を使用すれば簡単にできます。print関数の()の中に、表示させたい数字を入れれば良いだけなので、非常に覚えやすいです。
ただし、文字列を表示させたい場合と若干ルールが違うので、注意が必要になります。文字列を表示する場合には、()の中の文字列をクォーテーションマークで囲む必要がありましたが、数字を表示させたい場合にはクォーテーションマークは不要です。
例えば、画面に「1000」という数字を表示をさせたい場合のサンプルコードは、「print(1000)」となります。
その一方で「print(‘1000’)」というサンプルコードを実行すると、画面には「1000」という数字が表示されても、実際は文字列の「1000」として扱われているので注意が必要です。

Pythonのprint関数を使用すれば、小数点以下の位がある数字を画面に表示することも可能です。
小数点以下の位がある数字を画面に表示するためには、print関数の()の中に、表示したい数字をそのまま記入するだけで良いです。
例えば「print(4.87)」というサンプルコードを実行すれば、4.87という数字がそのまま表示されて、小数点以下の数字を含む数として扱うことができます。

Pythonの初心者向けサンプルコード一覧②数字や文字の計算結果

Pythonの初心者は、演算子を使用したPythonの基本的なサンプルコードも覚えておいた方が、プログラミングの理解に役立ちます。Pythonではさまざまな演算子を使用することができるので、計算した結果を画面に表示させることもできます。
2つの数字を合計した数字を画面に表示することも、print関数と演算子を使えば簡単にできます。2つの数字を合計した数字を表示したい場合には、print関数の()の中に、それぞれの数字を記入します。
2つの数字の合計値を画面に表示するためには、数字の間に「+」を入れる必要があります。例えば45と55の合計値を画面に表示したい場合のサンプルコードは、「print(45+55)」となります。このサンプルコードを実行すると、画面上には2つの数字の合計値である「100」が表示されます。

数字や文字の計算結果の応用サンプルコード

print関数と演算子を使えば、引き算の結果もPythonで簡単に表示できます。「print(55-45)」というサンプルコードを実行すれば、画面上には計算の結果である「10」が表示されます。
掛け算の結果をPythonで表示させたい場合には、「*」を使用します。「print(5*6)」というサンプルコードを実行すれば、画面には「30」という数字が表示されます。
割り算の結果を表示したい場合に使用できるのは「/」です。「print(10/5)」というサンプルコードを実行すると、画面に「2」という数字が表示されます。

print関数と演算子は、文字列を表示するために使用することもできます。
例えば上記の「print(45+55)」というサンプルコードを「print(’45’+’55’)」に変更した場合、このコードを実行すると画面に表示されるのは、「4555」という文字列です。
クオーテーションマークを使用したことにより、それぞれの数字が文字列と認識されるため、2つの文字列が並んで表示されます。
半角のコンマで2つの文字列を区切る方法と違い、文字列の間に半角のスペースが挿入されないのが、このサンプルコードの特徴です。半角を入れないで2つの文字列を入力したい場合に使用できます。

「+」以外の演算子を、文字列を表示するためのサンプルコードに使用することもできます。掛け算に使用する「*」という演算子も、文字列の表示のために使用できる演算子です。
この演算子とprint関数を一緒に使用すれば、文字列を好きな回数だけ表示させることができます。
表示させたい文字列の後に「*」を置いて、その後に数字を入れれば良いので非常にわかりやすいコードです。
例えば「print(‘リンゴ’)*3」というサンプルコードを実行した場合、画面上には「リンゴリンゴリンゴ」と「リンゴ」が続けて3回表示されます。記入する数字を変えれば、10回でも20回でも連続して表示できます。

Pythonの初心者向けサンプルコード一覧③変数

Pythonのプログラミングをより深く理解するためには、変数の扱い方も知っておく必要があります。変数と一般の数字や文字列との違いは、変数はまず特定の数字や文字列を入れる必要があることです。
例えばaaaという名前の変数に「みかん」という文字列を入力したい場合には、「aaa = ‘みかん’」というコードを入力する必要があります。
このコードを入力した後に「print(aaa)」と入力して実行すると、画面には「みかん」という文字列が表示されます。

Python初心者がコードを記述するときに知っておいた方がいいこと

Python初心者がコードを記述するときに知っておいた方がいいこと

Python初心者がコードを記述する時に知っておいた方が良いのは、Pythonには複数のバージョンがあることです。
最新のバージョンのPythonはPython3ですが、以前はPython2というバージョンが広く使用されていました。
Python3とPython2では仕様が一部変更されているため、Python2で実行できるコードがPython3では実行できない場合もあります。
ですのでこれからPythonを始めたいと考えている初心者の人は、必ず最新のPythonをインストールしてコードを記述する必要があります。
Pythonのインストール方法に関しては下記記事でも詳しく解説しています。

Pythonをインストールする方法とは?Pythonの始め方

Pythonの初心者が知っておくべき基本的なサンプルコードまとめ

Python初心者が役立つサンプルコードを理解しておけば、Python関数の使い方を覚えやすくなります。
Pythonで使用されることが多いのはprint関数で、初心者はまずprint関数を使用したサンプルコードを多く覚えておいた方がおすすめです。print関数を使えば、文字列や数字を画面に簡単に表示できます。
演算子を一緒に使用すれば、さらに複雑な内容の数字や文字列を表示させることも可能です。
ぜひこの機会にPython上級者になるためにもサンプルコードを覚えてみてください。

Pythonの初心者向けサンプルコード一覧!サンプルコードを覚えてPythonを記述してみよう
最新情報をチェックしよう!