Pythonのおすすめ研修3選!Pythonを研修で学ぶメリットも解説

Pythonは、様々な分野で大きな注目を集めているプログラム言語です。
中でも使われることが多いのはAI分野で、今後もますます需要が見込まれています。

しかし、Pythonはまだ新しい言語ということもあり、スキルを身につけているエンジニアの数は、そこまで多くありません。
研修などを通してPythonのスキルを獲得し、仕事の幅を広げてみてはいかがでしょうか。

Pythonの研修でどのようなメリットが得られるのか

Pythonのスキルを習得する方法としては、本や動画などを使って独学で学ぶ方法や、スクールに通う方法が考えられます。

前者の場合、自分のペースに合わせて無理なく進められるというメリットがありますが、その分モチベーションを維持し続けなければ、継続が難しくなってしまいます。

後者の場合は、勉強する環境に身を置きやすく、まわりの人の存在が良い刺激を与えてくれます
しかし一方で、スクールに通う時間を確保する大変さがあるでしょう。

「独学での勉強では不安を感じるし、かといってスクールに通う時間もない」という場合は、研修を利用してみてはいかがでしょうか。
数日間など短期間で開催されているため、スクールに通うことに比べると、スケジュール調整しやすいというメリットがあります。
また、短期間でPythonのスキルを習得できるように、要点だけがまとめられているため、効率良く学んでいけるでしょう。
さらに、研修によっては、実際に会場に足を運んで勉強する会場型や、ライブウェビナーやEラーニングなどのようなオンライン型もあるため、自分の環境や都合に合わせて最適なスタイルを選ぶことができます。

AIや機械学習、アプリケーション開発など、Pythonは今後も多くの事業で活躍が期待されています。
研修では、最新のスキルや情報を習得できるため、仕事でもすぐ活かせるようになるでしょう。

Pythonのおすすめ研修3選

ここでは、Pythonのおすすめ研修を紹介していきます。

①AIエンジニア育成講座

3日間で、AIプログラミングのスキルを習得できる「AIエンジニア育成講座」です。

1日目はまず、プログラミング手法や基礎AIの実装など、AI実装の基礎を学んでいきます。
わずか1日で、Pythonを使ってAIの実装を目指します。AI学習未経験の状態でも、安心して受講できるような内容です。
2日目にはAI実装の応用を、三日目には発展を目指して、着実にステップアップしていけるようカリキュラムが組まれています。
また、プログラム言語のPythonに関する知識だけではなく、AIプログラミングのスキルまで学べるのが、この研修の特徴でもあります。
実務にも活かしやすいスキルが身につけられるでしょう。

この研修の受講形式は三つあります。
まずは、会場に足を運び、対面学習ができる会場受講型です。
会場の臨場感も味わえ、同じように勉強に励む仲間の存在が良い刺激にもなるでしょう。
勉強モードにスイッチを切り替えやすいのも、メリットのひとつです。

また、オンライン型の研修も行っています。
ライブウェビナー型は、ネットワーク環境やパソコンなどの設備が整っていれば、どこでも好きな場所で受講することができます。
チャットや音声通話で講師に質問することも可能なため、疑問点もすぐに解決できるでしょう。
会場が遠くにしかない人や、移動時間を省きたいという人に最適です。

Eラーニング型の研修の場合は、場所や時間を問わず、自分のペースで勉強していくことができます。
研修開催日に予定を調整できない場合や、マイペースに勉強したいという人におすすめのスタイルでしょう。

②Pythonプログラミングトレーニング

TRAINOCATEが提供しているPythonの研修です。
Pythonに関する研修は何種類も行っており、その中のひとつ「Pythonプログラミング1 基本文法編」は、プログラミング初心者向けのものとなっています。
2日間で、Pythonの基本文法や、簡単なアプリケーション実装のためのスキルを学んでいきます。
講義と実習のサイクルを繰り返していくスタイルです。
また、会場型の他、オンラインLIVEでも研修を行っているため、直接会場に足を運べない場合でも受講することができます。

この研修の他には、「オブジェクト指向編」や「ライブラリ活用編」、「Pythonによるデータ分析入門」などの研修もあります。
現在のレベルや目標などに合わせて、最適な研修を選べるため、スキルアップを図りやすいところも、この研修が持つ特徴でしょう。

この他には、Eラーニングの「[ASP]Pythonプログラミングパック」も提供しています。
Pythonプログラミングやオブジェクト指向技術などのスキルを習得できるもので、標準学習時間は57時間です。
受講期間は三カ月あるため、忙しい人でも比較的スケジュール調整しながら受講しやすいでしょう。

③Python入門 1〜インフラエンジニアのための基本文法スクリプト編〜

CTC教育サービスでは、数多くのIT・技術研修を行っています。
Pythonに関する研修は、基礎的な内容のものから、データ分析やAI・機械学習について学ぶものまで、いくつかの種類に分けられています。
その中でも、「Python入門 1」は基礎知識やスキルを学べる、初心者でも参加しやすい内容のものです。
この研修を通して、簡単なスクリプトを書けるようになるでしょう。
開催期間はわずか一日のため、スケジュール調整もしやすいです。
それぞれの研修ごとに、学習目標や対象者、前提知識などが明確にされているため、自分にとって最適な研修を選択することができます。
LIVEオンラインにも対応しており、自宅から会場が遠い場合でも受講可能です。

また、Tech On-Demand Plus「Python3 エンジニア認定基礎試験対策」は、「Python 3 エンジニア認定基礎試験」対応のEラーニングで、自分の好きなタイミングで受講できます。
受講期間は30日間です。
メールやオンラインで講師に質問ができるなど、フォロー体制も整っているため、安心して勉強を進められるでしょう。

Pythonの研修の選び方

Pythonの研修には、様々なものがあるため、どれを選んだらよいのか迷ってしまう人は少なくありません。
次のポイントに気を付けながら最適なものを選ぶようにしましょう。

①学ぶ目的に合ったものを選ぶ

研修によって、学習目標は異なります。
まずは、Pythonの基礎的な知識を学びたいのか、それとも応用的なスキルを習得したいのかなど、学習目標を明確にし、その目標に合ったものを選びましょう。

②自分のレベルに合ったものを選ぶ

現状のレベルをしっかり把握する必要があります。
基礎的な知識もない状態で応用編の研修を受けても、スキルの習得は難しいです。
研修に必要な前提知識を参考にしながら選択していきましょう。

③最適な受講スタイルを選ぶ

研修には、会場型やオンライン型のものがあるため、環境やスケジュール、好みなどに合わせて最適なものを選ぶようにしましょう。
最適なスタイルを選ぶことで、負担を減らせるようになります。

AIの人材研修はこちら

Pythonの研修を受ける目的

Pythonはプログラミング言語の一つですが、現在このPythonユーザーの需要が高まってきています。
そんなPythonを書けるようになる研修はとても良いものであること間違い無いですが、下記のような目的が挙げられます。

  • 初心者でも分かりやすいので誰でも入門しやすい
  • AIロボットを作ることができるのでビジネス系の需要が高い
  • 個人で受けてフリーランスになることも可能

こういった研修の目的が挙げられます。
研修の目的を明確にし、効率の良いPython研修を選ぶと良いでしょう。

Python研修のよくある質問

それではPython研修のよくある質問に答えていきます。

Python研修に準備するものはありますか?

その研修によって違いますが、前提知識がない場合はそこまで準備はいらないでしょう。
研修によりパソコンを持参する場合もあるので、必要なものはよく確認しておきましょう。

Python研修は社内のDX化にも役立ちますか?

はい、Pythonを社員が覚えると社内でのDX化も可能になります。

Pythonと他の言語との違いはありますか?

一般的にプログラミング言語はそれぞれできることが違います。Pythonは機械学習に使える言語ですが、例えばJavaやUnityなどはゲームやCGを動かすのに特化していたりします。

Python研修を上手に活用して仕事で活躍しよう

Python研修を上手に活用して仕事で活躍しよう

Pythonはシンプルな言語のため、プログラミング初心者でも比較的学びやすいと言われています。
研修を上手に活用して、スキルを習得してみてはいかがでしょうか。
今回紹介したもの以外にも、様々なところで研修が開催されています。
今後、このプログラミング言語は多くの分野で活用が期待されるため、仕事のチャンスも広げられるでしょう。

最新情報をチェックしよう!