G検定の模擬試験を見よう!傾向や特徴が分かる模擬試験でG検定を予習

人工知能や機械学習を学ぶ上で取得しておきたい資格がG検定です。
AIやデータサイエンスを学ぶ人が受験することが多く、注目度の高い資格となっています。
しかしG検定の出題範囲や内容についてあまり理解できていない人もいるかと思います。

今回はG検定のメリットや勉強方法について紹介するので、G検定を受験する人も受験を迷っている人もぜひ参考にしてみてください。

G検定とは

G検定の正式名称はジェネラリスト検定です。
ジェネラリストとは豊富な技術や知識、経験を兼ね備えている人のことで、ディープラーニングに関する知識問題が出題されます。
G検定は比較的新しい試験ですが、色々な業種でAI化が進む中、必要な知識として注目されています。
主にG検定の目的は、人工知能やディープラーニングなどの技術をビジネスとして活用するための試験です。

G検定の模擬試験を見てみよう

G検定の模擬試験

例題としてG検定で出そうな模擬試験を紹介します。以下で紹介する問題は(ア)~(エ)に当てはまる単語を選ぶ問題です。

例題①ディープラーニングの研究分野の問題

ロボティクス分野でも、機械学習の応用が進められている。
例えば、ロボットの動作制御にQ学習やモンテカルロ法などの(ア)のアルゴリズムを利用する事例は多く存在する。
また、ロボットはカメラ(視覚)、マイク(聴覚)、圧力センサ(触覚)などの異なったセンサ情報を収集できる(イ)システムを持っていることから、これらの情報をDNNで統合的に処理する研究や、ロボットの一連の動作の生成をひとつのDNNで実現しようとする(ウ)の研究も行われている。

こちらはG検定で出題されるディープラーニングの問題となります。
Q学習やモンテカルロ法、ロボットについてが問題として出てきていますね。

例題②ディープラーニングの手法

画像認識の国際的なコンペティションのひとつに、ILSVRC(ImageNet Large Scale Visual Recognition Competition)がある。
ここで、2012年にCNNのモデルである(ア)が優勝を飾った。
それからというもの、続けざまにCNNのモデルが高い成果を上げている。2014年にはインセプションモジュールという構造を利用した(イ)が優勝し、(ウ)もまたそれに迫る優秀な功績を収めた。また、2015年には残差学習という深いネットワークの学習を可能にした(エ)がそれぞれ優勝している。

こちらはディープラーニングの手法の1つ、画像認識についての模擬試験です。
分からなかった方は画像認識のコンペティション、ILSVRCについて調べてみると良いでしょう。

ア〜エの穴埋め、解けましたでしょうか。実際は穴埋めだったり選択問題だったりするので、両方に対応できるように勉強しておくと良いでしょう。

G検定を受けるメリット

G検定を受けるメリット

G検定を受講するメリットは主に2つあります。

1.就職先の幅が広がったり、給与アップに繋がる

ディープラーニングの技術はまだ発展途上で、これから市場の成長に期待できます。需要が高まればディープラーニングを活用した事業が増え、仕事でも触れる機会が出てきたり、資格を持っていれば転職先や就職先の幅が広がります。また企業としてもディープラーニングの知識を持っている人材は貴重なため、場合によっては資格手当で給与アップを狙うことも可能です。

2.ディープラーニングについて効率良く学ぶことができる

人工知能に興味があっても、自分で調べて学ぶには限界があります。例えば技術や概要はインターネット経由で調べることができますが、実際にどのようなプロセスで開発されてビジネスに繋げることができるのか、法律や論理はどのようになっているかなどは専門用語を知っていないと調べることができません。しかしG検定の問題集を利用すれば対外的に知識を学べます。

その他のG検定のメリットについて知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください!

G検定を受けるメリット3選!G検定が役立つ職種や特徴について解説

G検定の勉強方法4つ

G検定の勉強方法4つ

G検定は人工知能やディープラーニングの基本知識・仕組み・ハードウェア、活用方法など幅広い知識が必要です。
具体的には

  • 人工知能の定義
  • 人工知能をめぐる動向
  • 人工知能分野の問題
  • 機械学習の具体的手法
  • ディープラーニングの概要
  • ディープラーニングの手法
  • ディープラーニングの研究分野
  • ディープラーニングの応用

の8分野から出題されます。
出題範囲が幅広いので、G検定は難しく合格率が低いと思われがちですが、6割から7割の人達が合格しているので勉強方法を間違わなければ充分に合格圏内に入ることが可能です。
G検定の勉強方法についていくつかのポイントにまとめたので紹介します。

1.広く浅く勉強する

G検定の出題方法は空欄を埋める問題、様々な単語から正解を1つ選ぶ問題、文章の間違いを見つける問題の3パターンがあり、試験時間の120分以内に224問を解く必要があります。問題は全て選択形式で回答できるので、勉強する際は全ての単語を暗記しようとせずに浅く広く覚えることで、分野を全体的にカバーし、合格率を上げることが可能です。

2.参考書と過去問を繰り返し勉強する

本来であれば複数の参考書を買って、単語1つ1つの意味を理解するのが理想的ですが、実際は仕事や他の勉強で忙しく、試験まで時間が無いことがあります。
効率良く最低限の勉強で済ませるためには、過去問を繰り返し勉強し、出題形式の傾向を知ることが大切です。しかし、過去問を勉強するだけでは「知識として身につかない」「勉強したつもりになっているが、すぐに忘れてしまう」といった問題があるため、参考書を1つ購入して、回答を間違えた時は参考書を確認するクセを付けるようにしましょう。

3.雑誌やニュースからディープラーニングの情報を取り入れる

G検定の出題範囲の中に「ディープラーニングの社会実装」があります。この分野はその年の最新技術や社会動向によって問題内容が変化していくため、過去問の暗記だけでは対応することができません。
常に雑誌やニュースをチェックし、最新情報を集めることで試験の点数を上げることができます。

4.模擬試験を行う

勉強方法の中でも一番おすすめなのが、模擬試験を行うことです。
過去問や問題集を勉強しても実際の試験形式でテストを受けるとうまく解けなかったり、時間配分を間違えて最後まで回答できない場合があります。
そうした事態を防ぐためにも試験形式に慣れておくことが大切です。

模擬試験をするメリット

模擬試験をするメリットは試験の出題傾向を事前に学ぶことができます。
過去問や問題集を勉強しても実際の試験になると今まで見たことがない問題が出題されます。不測の事態に対応し、少しでも点数を上げて合格圏内を目指すなら、模擬試験がおすすめです。

G検定に絶対に受かりたいならセミナーを受けるべき

G検定-セミナー

上記例題を2つ紹介しましたが、手法から研究分野まで幅が広いので出題の傾向がつかみにくく、個人で勉強するのは大変です。
そのため、G検定に1回で合格したいならセミナーをおすすめします。

実際にG検定のセミナーを受けようとしたとき、サービスを提供している企業は色々あります。
お金が掛かるので、失敗してしまうと無駄に出費が高くなってしまいます。そうした失敗を防ぐためにも質が良く、お金があまりかからないサービスを選ぶことが大切です。数あるサービスの中でもおすすめなのが、株式会社VOSTのG検定対策講座です。
その理由をまとめたので模擬対策サービス選びの参考にしてみてください。

AI研各セミナーをみてみる

3つの中から自分に合ったコースを選ぶことができる

G検定対策講座は深く知識を付けたい場合は会場受講・自宅から受講したい場合はライブウェビナー・隙間時間に学習したいならeラーニングと自分の勉強方法に合わせて3つの中から選ぶことができます。
学生から時間が忙しい社会人まで幅広い層の人達に対応しているので誰でも気軽に申し込み可能です。

充実したサポート体制

東京大学大学や慶應義塾大学のAI専門教授が講義するので、ディープラーニングの知識を深く勉強することが可能です。初心者でも安心して受講できるようにディープラーニングの知識がなくても1から説明しています。またウェビナーのコースで音声通話やチャットで質問内容を受け付けているので、会場受講ができない人でもレクチャーしてもらうことが可能です。

独自のカリキュラム

基礎知識だけではなく、ニュートラルネットワークについて深い知識を身に付けることが可能です。独自のカリキュラムによってアルゴリズムや自然言語処理の手法を交えながら講義しています。どのような手順でディープラーニングが行われているか知ることができるので、資格に合格するための知識だけではなく、技術を身に付けることができます。

高いと思ってもセミナーのほうが結果的に安く済むことがある

セミナーを受講すれば合格率は上がりますが、受講料が高いと感じる人もいるかと思います。
しかし、G検定の受験料は学生は5500円ですが、一般は12000円必要です。何回も受験してしまうとお金が掛かってしまいます。
そのため、結果的にセミナーを受講した方が安く済む場合もあるので、気になっている方は1度検討してみてはいかがでしょうか。

AI研各セミナーをみてみる

G検定の模擬試験についてまとめ

今回は、「G検定」の模擬試験とG検定に合格するためのおすすめセミナーなどを紹介しましたがいかがでしょうか。
G検定では参考書などを用いて自身で勉強するのもひとつの手ですが、やはりおすすめしたいのはセミナーの受講です。
直接講師に聞くことができる場でもあるので、分からないことがあってもつまずきづらく効率的に勉強することができるでしょう。
G検定の問題が知りたいと思った方は今回の模擬試験も参考にし、G検定の問題傾向を見極めてみてください。

G検定の模擬試験を見よう!傾向や特徴が分かる模擬試験でG検定を予習
最新情報をチェックしよう!