G検定の勉強法4選!合格するためにG検定を正しく勉強しよう

G検定は、AIに関する知識をビジネスに活かせる能力があると言うことを証明できる検定です。
そのG検定を取るためには試験に合格する必要があるため、試験の勉強が欠かせません。
そして、G検定の勉強法は複数あり、自身に合ったものを選択することが大切です。
今回は、G検定の勉強法にはどういったものがあるのか、それぞれの勉強法の特徴やメリットなどをご紹介します!

G検定の勉強方法4選!

G検定の勉強法について

今回はG検定の勉強法を4つに分けてご紹介します。

G検定の勉強法①手軽にできる独学

G検定の勉強法として最も手軽なのは、独学です。
独学はその名の通り自分自身でG検定について調べて学ぶことを言います。
独学の勉強方法にもいろいろありますが、書籍が一番一般的な独学方法です。
書籍ではG検定を作った日本ディープラーニング協会が監修している専用のテキストが市販されているので、それを元に学習を進めていきます。
実際にテキストだけを使った勉強法でG検定の試験に合格した人も大勢いますので、自分ひとりでしっかり学習できる人であれば、専用テキストのみで試験に合格することも不可能ではありません。

G検定で使用するテキストは、ひと通りの範囲を抑えてあるため、理解をして知識を身に付けることさえできれば、試験に合格できます。
ただ、当然勉強時間が不足していればG検定の合格はできないので、勉強用として決まった時間を確保できることが条件です。
もし時間が確保できなかったり勉強が疎かになりそうであれば、別の方法を選択した方が無難でしょう。

G検定合格までの必要勉強時間

G検定に合格するために必要な時間は、人にもよりますが大体20時間から40時間程度だとされています。
仮に30時間必要だとして1ヶ月で勉強を終わらせるのであれば、1日1時間の勉強をしなければなりません。
それを目安に、自身がAIについてどれくらい知っているのか・何時間あれば理解できそうなのかを考えた上で、試験日から逆算して勉強を始めるタイミングや1日当たりの勉強時間を考えましょう。

G検定の勉強法②効率的に学べるセミナー

効率的に学べるセミナー

G検定は、機械学習やディープラーニングといった、AIに関する基本的な内容が中心となっています。そのため、AIに関してある程度の理解度がなければ、勉強を進めるのが難しいかもしれません。
そのような場合は、セミナーを利用すると良いです。専門家による講座を受けつことで、効率的に学習を進めることができます。
会場に足を運ぶタイプのセミナーでは、リアルタイムで質問をすることができるので、スムーズに学習を進めたい人向けです。その他にも、すきな場所から参加できるオンライン講座なども多々存在します。

おすすめのG検定対策セミナー

G検定対策セミナーとして代表的なのは、AI研究所のG検定対策講座です。
午前と午後に分かれた1日のみのカリキュラムで、G検定に必要な内容をひと通り学ぶことができます。
AI研究所のG検定対策講座は、G検定を開催しているJDLAから認定を受けているため、内容に関しては信頼性が高いです。そして、AIに関する基本的なことを知らない人も対象に含まれているため、事前に何らかの学習をしておく必要もありません。
G検定の基本的な範囲は、AIに関する知識が中心です。
しかし、細かな分野に分けると非常に多く、どこを勉強すれば良いのかがわからなくなることも多いです。
もちろん独学でも、勉強すべきポイントを把握できる人であれば、問題ありませんが、そうでない人は、セミナーで重要なポイントを教えてもらった方が、効率的に勉強できるでしょう。
AI研究所のG検定対策講座では、1日のカリキュラムでありながら、必要な部分のみにまとめてあるので、勉強すべきポイントを把握するためにも活用できます。

G検定の勉強法③オンラインセミナーでの学習

G検定のセミナーは、会場に足を運ばなければならないものばかりではありません。手元にあるインターネット環境に接続されたパソコンを使用して、離れたところからでも受講できるオンライン形式もあります。
AI研究所のG検定対策講座も、会場で受講できるものとは別にライブウェビナー形式のオンラインセミナーが用意されていて、会場にいる感覚で講習を受けることができます。
そして、リアルタイムでの接続なので、わからない部分があれば講師に質問することができるため、基本的な内容は、会場で受講するものと大差はありません。
そのため、会場受講が難しい場合は、ライブウェビナーを利用するようにすると良いでしょう。

G検定の勉強法④eラーニング動画での学習

さらにG検定対策講座は、オンラインのライブウェビナーとは別にeラーニング形式もあります。
あらかじめセミナーの内容を録画したものを視聴する形で、基本的な内容はライブウェビナーとそこまで変わりません。
違うのは、eラーニングは録画を見ることになるのでリアルタイムで講師に質問ができない点です。
ただG検定対策講座のeラーニング形式では、視聴を開始してから1年間は動画が見放題なので、G検定セミナーの内容で分からない部分があったら改めて視聴し直すことで理解度を深められます。
したがって、リアルタイムでは勉強が追いつけそうにないという人に向いていると言えるでしょう。

G検定の試験を受ける際に押さえておくこと

オンラインセミナーでの学習も可能

次に、G検定の試験を受ける際に押さえておくポイントをご紹介します。

①基本的なテキストの内容は頭にいれる

G検定の試験は、基本的に持ち込みが可能ですが、試験中に公認のテキストや資料集などを見ながら、回答をしていくことができます。ただ、試験問題の数は毎回220前後に設定されているのに対して、試験時間は120分しかありません。そのため、試験中にテキストと資料を見ながら答えていくというスタイルだと、まず間に合いません。
したがって、基本のテキストに載っているような内容は、事前の勉強によって、ひと通り頭に入れておくようにしましょう。

②テキストの重要なページは事前準備をしておく

試験中にテキストや資料を見ることを前提として挑むのであれば、重要なページはすぐに開けるように付箋を貼ったり、重要そうな情報のまとめを自作したりするなどの準備をしておきましょう。
そういった準備は試験の直前にするという手もありますが、勉強と同時に行った方が効率が良いです。

③解けそうな問題を優先して進める

そして、G検定の試験は範囲が広い上に、毎回テキストには掲載されていないような内容が出るということでも有名です。
AIに関する法律や、新しく世に出てきた技術などに関する問題が、何の前触れもなく登場します。
そういった問題は、後回しにすることが大切です。
G検定の試験は、全体の6割から7割程度が正解だと、合格することができます。
そのため、予想外の問題は、解けなくても良いです。
事前の勉強で、予想外の問題の対策までしていると、途方もない時間がかかるので、全てをカバーすることは考えなくても問題ありません。過去の問題を参考にして、出題されそうな範囲を押さえておく程度に留めておきましょう。
それよりも、テキストに載っているような、基本的な部分を落とさないことが大切です。
試験では、基本的な部分にひと通り解答できてから予想外の問題に取り組むと合格率は高まります。
やってはいけないのは、テキスト外の問題について、持ち込んだ資料を用いて時間をかけて調べることです。G検定の試験は時間が限られているので、少し調べたら解けそうな問題から優先的に取り組むようにしましょう。

自分に合ったG検定の勉強法を選ぼう

G検定は、ただ試験に合格するだけで取ることができます。事前に特定の講座を受講するというような、試験受験のための条件は特にありません。
そのためテキストを購入して独学したり、オンラインセミナーを利用したりするなど色々な勉強法が可能です。
費用を抑えたいのであれば独学で勉強してみる、1人ではなかなか理解できないと思う人はセミナーに参加するなど、自分に合った勉強法を選択してG検定の合格に近づいてみてください。

G検定の勉強法3選!合格するためにG検定を正しく勉強しよう
最新情報をチェックしよう!