E資格向け対策セミナーの選び方!おすすめ認定プログラムを紹介

こんにちは、AI研究所です。
今回はE資格を受けるために必須で受講しなくてはならない認定プログラムのおすすめを紹介します!

E資格の認定プログラムとは

JDLA認定プログラムは、E資格試験のシラバスに沿った形で網羅的に勉強できるようになっています。JDLAが認定している事業者以外で受講してもE資格の受験資格は得られませんので注意が必要です。

公式に認定されている認定プログラム一覧は公式サイトのこちらから確認できます。

認定事業者によってオンラインの講座や対面形式、Zoomなどのオンラインミーティングツールを使用したウェブ形式と様々なタイプがありますが、どのタイプを受けても問題はなく、プログラムの主催者がどこであっても構いません。受講して修了することさえできればE資格試験を受けることができます。また、JDLA認定プログラムはAIの技術や考え方、個別のスキルの習得などに適しているもので、一つしか受講できないというわけではありませんので、お金に余裕があれば複数を受講しても問題ありません。

認定プログラムを選定するコツ

複数ある認定プログラムを選定するためには、主に3つのポイントが重要となります。ここでは、認定プログラムを選定するためのポイントを詳しくご紹介します。

価格

認定プログラムの受講料は、各社まちまちです。受講料を公開していない会社もありますが、約10万円~70万円程度となっています。

法人向けと個人向けで価格が異なることもありますが、どのプログラムを選ぶにしても個人で支払うには高額な部類になります。

認定プログラムの受講料はE資格の受験費用とは別に費用がかかるのと、受講料も高額であるため、お財布や受けたいサービスなどを総合的に考慮して慎重に選ぶことが大切です。

受講期間

認定プログラムの講座の時間も、開催会社によって大きく異なります。短いところだと約30時間で4日程度から、長いところだと100時間程で、約3ヶ月かかる場合もあります。

しっかりと勉強して対策を立てる必要がありますが、時間があまりない人は短期間で修了できるプログラムを選定することも必要でしょうし、長期的にしっかりとした学習計画を立てたい方もいるでしょう。
自分の都合に合わせてセミナーを賢く選定することがポイントです。
長いからいいとか、短いから内容が薄いということもなく、各社が最適と思う受講時間で設定されていますので、各社の意図を知った上で選定することが重要です。

認定プログラムごとのコンセプト

認定プログラムごとで、様々なコンセプトがあります。意外に思われるかもしれませんが、このコンセプトを理解することが重要です。

認定事業者ごとで、価格も期間もさまざまなのは、各社がどのようなコンセプトでE資格合格に向けてフォローしようとしているかが大きく関わっています。

例えば、ある事業者は「数学の知識やプログラミングの知識を、1から順に確実に身につけていくことや、アルゴリズムの仕組みを腹に落ちるまで数式を1行ずつ紐解きながら学ぶことで、深い知識を得ることを目標とする」ことを重要視することをコンセプトにしているとすると、プログラムの受講時間は数ヶ月まで長くなり、受講料が高額になるかもしれません。

私たちがおすすめするAI研究所のプログラムは、「実務ですぐに活用できるためになるべく短時間で本当に必要な知識を得ていただく」ことをコンセプトとしています。多くの方は会社での実務や就職・転職を目指してE資格にチャレンジされようとされていると考え、忙しい社会人の方がなるべく短時間・低価格でポイントを絞ってE資格に合格していただけるようなカリキュラムにしています。

これらのコンセプトは、認定プログラムを提供している会社の事業にも関連します。AIの教育を専業としている会社や、AIの開発やコンサルティングを行っている会社までさまざまです。教育専業の会社ですと、わかりやすく教えるスキルが高い傾向があると思いますし、コンサルティングを行っている会社ですと実務に紐付けた説明が聞けるかもしれません。

このような、認定事業者やプログラムのコンセプトによって、自分に合う/合わないを判断するのが重要です。各社のコンセプトを理解するには、JDLAサイトから、各社のインタビュー記事を読むのがおすすめです。事業者ごとの特徴が現れていますので、共感できる事業者に詳細を聞くようにすると良いでしょう。

受講条件

認定プログラムを受講するための受講条件は、各認定事業者が取り決めています。

受講条件がまったくなく、文系の方でも受講できるものもあれば、「線形代数、微分、確率・統計などの基本的な数学の知識を持っていること」が必須条件になっている認定プログラムもあります。また、Pythonの基礎知識やNumpyレベルのPythonライブラリの基本的な使い方が条件となっている認定プログラムもあります。

前提知識がない方がこのプログラムを受講するには、独学で学ぶか、必要に応じてそれらの知識を得るためのオプションセミナーなどを受講する必要がある場合もありますので注意が必要です。

また、認定プログラムによってはこれらの事前知識の習得ができるコンテンツを無料で公開しているものもありますので、事前知識の有無によっても最適な講座は変わってきます。

修了条件

認定プログラムを受講するだけではE資格の受験資格は得られません。各認定事業者によって、認定プログラムの修了条件が異なっています。本番さながらの難しい最終試験を設けている事業者もあれば、簡単な修了条件の認定事業者もあります。最終試験に合格することはE資格の合格に向けて大きな自信となりますが、そもそも最終試験をパスしないと受験資格が得られないため、ハードルが高い一面もあります。修了条件についても確認してから申し込みをすることをおすすめします。

サポート体制

さまざまな認定プログラムがありますが、認定プログラムを受講するだけでは知識は定着しないため、復習や自己学習は必須と言えるでしょう。学習をしているときに出てきた疑問点や質問をすぐに聞ける体制があるかどうかも重要な指標となります。

認定プログラムのセミナーを徹底比較

JDLA認定プログラムのセミナーを下記表にまとめてみました。

講座名料金日数開催場所E資格専用Eラーニング備考
E資格対策ディープランニング短期集中講座■188,000円(税別)4日間東京※ライブウェビナーあり
AIジョブカレ ディープラーニング講座■対面講座:139,800円(税別)
■オンライン講座:111,840円(税別)
10日(1日4時間)東京・大阪・福岡×・他講座との同時受講割:10%引き
・学生割引:30%引き
現場で使えるディープラーニング基礎講座■対面講座:・298,000(税別)
■オンライン講座:・249,000(税別)
8日間(1日4時間)東京×前提知識
・PythonのライブラリであるPandas、 NumPy・scikit-learn、Matplotlibの基本的な使い方を習得していること(「械学習を始めるためのPython入門講座」相当)
・線形代数、微分、確率・統計の基本を理解していること(「機械学習・ディープラーニングのための数学講座 基礎数学講座」相当)
・機械学習の基礎知識があること(「現場で使える機械学習・データ分析基礎講座」相当)
AI_STANDARD AIエンジニア育成講座/AI_STANDARD E資格試験対策講座要見積もり2ヵ月(計40時間)要確認×・企業向け研修
ディープラーニングハンズオンセミナー■300,000円(税別)3日間+事前学習+補講動画東京、大阪、福岡×○(補講動画)・E資格取得プランは通常のハンズオンセミナーに補講動画がプラス
業界初合格保証付 Premium Plan E資格対策コース■580,000円(税別)3ヵ月オンラインのみ・無料相談会あり
全人類がわかるディープラーニング体系講座■対面講座:・196,000(税別)
■オンライン講座:・136,000(税別)
6日間(1日5時間)東京基礎講座セットプランあり
E資格対応講座のための基礎講座全部セット付き:追加料金10万円
深層学習基礎講座セット付き:追加料金2万円
・E資格対応講座のための基礎講座全部セット付き:追加料金10万円
・深層学習基礎講座セット付き:追加料金2万円
現場で潰しが効くディープラーニング講座1名:450,000円(税別)6日間(1日5時間)東京×・無料説明会あり

こちらで料金や内容などを比較し、自分に合った認定プログラムを受講してみてください!

AI研究所のセミナー

就職や転職で有利になるE資格の受験資格を得るために必要なJDLA認定プログラムは、多くの業者が実施しています。
そのなかでもおすすめの講座は、AI研究所が運営する「E資格対策ディープラーニング短期集中講座」です。
このE資格講座のおすすめポイントは、以下の通りです。

  • 圧倒的に価格が安い
  • AIコンサルティングとAI教育の実務経験豊富な講師がどんな質問にも答えてくれる
  • E資格特化の短期集中セミナーなのでポイントを絞った解説をしてくれる

これらのポイントについて、さらに詳しく解説していきます。

E資格の講座の中でも圧倒的に価格が安い

他のE資格のJDLA認定プログラムの値段を調べていると、価格が30万円前後というところが多く、講座によっては60万円近くするところもあります。
ですが、AI研究所はなるべく多くの人にE資格を目指して勉強してほしいという思いから費用をグッと抑えて、チャレンジしやすい価格にしました。
料金が98,000円(税別)からというのは、業界でも破格の設定になっています。

AIコンサルティングとAI教育の実務経験豊富な講師がどんな質問にも答えてくれる

AI研究所のE資格の講座は、価格は安くても質の高いサービスを担保します。
その1つとして、AIプロジェクトの実務経験が豊富で、何よりも「わかりやすく教える能力」に長けた講師が揃ってるということが挙げられます。
E資格初心者の方や他業種からIT分野に転職をお考えの方でも、E資格について誰にでも理解できるようにわかりやすく丁寧に教えてもらえるため、専門用語などがわからなくても全く心配はありません。
E資格に合格するためには、機械学習や応用数学などの専門的で難易度の高い分野の学習が必要ですので、どんな質問でも答えてくれる講師は資格対策の上で重要なポイントです。
E資格セミナーの内容でわからないことがあったら、講師が個別に質問に答えてくれるのでアフターフォローもバッチリです。

短期集中セミナーなのでポイントを絞った解説をしてくれる

実務で使えるE資格対策ディープラーニング短期集中講座は、最短28時間~の短期集中講座になっています。
ダラダラと長く時間をかけるわけではなく、短期間で行うので、転職活動などで時間のない方でも負担になりません。
さらに短期講座とはいっても、講座の内容は常に最新のE資格試験に完全対応しています。
短時間でのE資格セミナーではありますが、日本ディープラーニング協会にて規定されている出題範囲をすべてきちんとカバーしているのです。
E資格講座の内容は、ディープラーニングを実装できるエンジニアのスキル獲得という側面もあります。実務で使う環境構築なども身につけることができますので、就職や転職に必要な実践的なスキルを身につけることもできます。
E資格取得は、ITエンジニアからAIエンジニアへの転職にも役立つことは間違いありません。
転職をお考えの方などは、この機会にぜひE資格セミナーを受講されてみてはいかがでしょうか?
AI研究所のE資格セミナーはこちら

最新情報をチェックしよう!
企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG