• DX
  • 72view

【2022】DXのおすすめ講座18選!入門・基礎・上級に分けてわかりやすく解説

DXということばが広まり、さまざまな企業でデジタル化が急速に進んでいます。あらゆる企業において、デジタル化の推進は喫緊の課題ですが、働く人たちにおいてもデジタルに関するスキルが求められるようになっています。

DXに関する知識やスキルを習得したいけれど、何をどのように学んだら良いかわからないという方も多いのではないでしょうか?DXに関連する知識やスキルについては、自宅に居ながら学習できる講座が数多くあります。

今回は、DXの概要やおすすめのDX講座について紹介していきます。
デジタルスキルを学ぶ機会が無かった人にとって、新たな学習を始めるきっかけとなれば幸いです。

目次

DXの基礎知識

そもそも、DXとはどういったものなのでしょうか?各種オンライン講座を受講する前に、DXの概要について理解しておく必要があります。
ここでは、DXの基礎知識についておさらいしましょう。

DXとは

DXとは、デジタルトランスフォーメーションの略称であり、「デジタル技術による、生活やビジネスの変革」を指します
用いられる文脈の中で、広義のDXか狭義のDXかによって意味合いが異なるため注意が必要です。

広義のDXでは、スウェーデン・ウメオ大学の教授、エリック・ストルターマン氏によって「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」ことと定義されています。
デジタル技術の浸透が、ビジネスだけではなく人々の生活など社会全体に影響を与えるものとされています。

これに対して、狭義のDXでは、2018年に経済産業省が公表した「DX推進ガイドライン(Ver. 1.0)」によって「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」と定義されています。
狭義のDXは、ビジネスシーンに限定した意味合いで使われるケースが多いです。

デジタル化との違い

DXとデジタル化は同じ文脈で用いられ、混同されやすい点に注意が必要です。デジタル化とは、既存のビジネスモデルにデジタル技術を取り入れ業務を効率化することを指します。

これに対して、DXはデジタル化の結果として、競争上の優位性を確立し、社会全体に影響を与えることを指します。
DXの取組みの失敗事例として、単なるデジタル化に終始していることが散見されるため、両者の違いを理解してDXまで発展させる取り組みを進めることが重要です。

IT化との違い

IT化もデジタル化と同じく混同されやすい用語です。IT化とは、従来のアナログな手法を、インターネットやコンピューターを使ったデジタルな手法へと切り替えることを指します。
IT化=DXではなく、DXを実現するための手段の一つであるという点を理解しましょう。

DXのおすすめ講座:入門編

経済産業省では、「巣ごもりDXステップ講座情報ナビ」という専用ページにおいて、DXに関するオンライン講座について紹介しています。
ここでは、その中でもおすすめの入門編講座について解説していきます。

はじめてのAI(グーグル合同会社)

「はじめてのAI」は、グーグル合同会社が提供するAIについてのオンライン講座です。AI に関わる基本知識だけでなく、事例や具体的にそれがどのような仕組みで動いているかも紹介されています。

AI の基礎を理解し、AI をどう活用できるかのヒントがつかめるように学習を進めることができるでしょう。

機械学習のためのPython入門講座(スキルアップAI株式会社)

「機械学習のためのPython入門講座」は、スキルアップAI株式会社が提供するPythonと呼ばれるプログラミング言語に関するオンライン講座です。「scikit-learn」と呼ばれるPython用の機械学習ライブラリを用いて、未経験レベルから機械学習モデルを構築できるようになることを目標としています。

環境設定、Pythonの基礎文法、データ整理のためNumpy/Pandasなどの入門スキルはもちろん、データ可視化、前処理、モデル構築の基礎スキルまでを習得することが可能です。

AIジェネラリスト基礎講座(スキルアップAI株式会社)

「AIジェネラリスト基礎講座」は、スキルアップAI株式会社が提供するG検定に対応したオンライン講座です。日本ディープラーニング協会が主催する「G検定」の合格レベルの知識習得を想定したカリキュラム構成が組まれています。

無料で受講できるトライアル版では、AIジェネラリスト基礎講座全8章のうち1章およびG検定対策編のうち第2章のオンライン動画が視聴できます。

DX推進のためのAIビジネス入門(株式会社AVILEN)

「DX推進のためのAIビジネス入門」は、株式会社AVILENが提供するAIについてのオンライン講座です。AIの基礎的な知識をわかりやすい図や説明で学ぶことができます。

また、AIプロジェクトの企画や推進に役立つ知識・ノウハウの一部をプロジェクトベースで紹介しており、実際のビジネスに落とし込んでいくヒントとなるでしょう。

データサイエンティスト入門(株式会社AVILEN)

「データサイエンティスト入門」は、株式会社AVILENが提供するAIやPythonの基礎に関するオンライン講座です。AI・機械学習やPythonの基礎スキルを、実演習を中心に学ぶことができます。

実用的知識・スキルを俯瞰しながら、環境構築から代表的な機械学習まで実装のイメージを掴むことで、AI開発への第一歩となるスキルを身につけることができます。

Python入門(株式会社SIGNATE)

「Python入門」は、株式会社SIGNATEが提供するPythonに関するオンライン講座です。データ分析をする上で必要となる、プログラミング言語Pythonの基礎理解を目的とした講座です。

初めてプログラミングを学ぶ方や、データサイエンスに興味のある方にとっておすすめの講座です。

Python入門(株式会社アイデミー)

「Python入門」は、株式会社アイデミーが提供するPythonに関するオンライン講座です。機械学習で最も使われるプログラミング言語「Python」の基礎を、プログラミング基礎と組み込み関数を中心に学びます。

文字の出力、変数の概要、条件分岐、ループなど、「Python」の基本的な使い方を習得していきます。プログラミング未経験の方や、Pythonを体系立てて復習したい方におすすめの講座です。

機械学習概論(株式会社アイデミー)

「機械学習概論」は、株式会社アイデミーが提供する機械学習に関するオンライン講座です。機械学習の基本や精度評価の方法などについて学ぶことで、機械学習のアルゴリズムの初歩を習得できます。

機械学習プロジェクトに関わる方や、機械学習プロジェクトを体系立てて復習したい方におすすめの講座です。

作って学べるAI入門(株式会社アビスト)

「作って学べるAI入門」は、株式会社アビストが提供するAI・機械学習の基礎知識に関するオンライン講座です。AIモデルを作りながらAIの基礎を学んでいきます。

「特徴量」や「目的変数」といった専門用語から、「回帰」「分類」などの問題の種類、モデルの分析手法についての知識が習得可能です。Webブラウザ上で利用可能なAI構築プラットフォームを用いて、実際に手を動かしながらAIについて学習できます。

DXのおすすめ講座:基礎編

ここでは、経済産業省の「巣ごもりDXステップ講座情報ナビ」に紹介されているオンライン講座のうち、基礎レベルのものについて説明します。入門編の講座をいくつか受講した後に、ぜひ受講してみてください。

現場で使えるディープラーニング基礎講座(スキルアップAI株式会社)

「現場で使えるディープラーニング基礎講座」は、スキルアップAI株式会社が提供するディープラーニングに関するオンライン講座です。ディープラーニングの基礎・原理を理解し、ディープラーニングを支える最先端の技術をプログラミングレベルでマスターすることを目標としています。

グループワーク・ハンズオンなどを取り入れた、アクティブラーニングを実践している点が特徴です。トライアル版では、全8日程のうち、DAY1~DAY3のオンライン動画が視聴できます。

機械学習・ディープラーニングのための基礎数学講座(スキルアップAI株式会社)

「機械学習・ディープラーニングのための基礎数学講座」は、スキルアップAI株式会社が提供する機械学習の理解に必要な数学知識に関するオンライン講座です。高校数学レベルからはじめ、機械学習に関する書籍の基本的数式が理解できるレベルの習得を目標としています。

AIエンジニア育成講座(株式会社セック)

「AIエンジニア育成講座」は、株式会社セックが提供するAIやデータサイエンスに関するオンライン講座です。「数学コース」「データ解析手法コース」「機械学習フレームワークコース」「Pythonコース」の4コースが受講可能であり、それぞれの分野について体系的に学習を進めることができます。

機械学習プログラミング入門編、量子コンピューター入門編(株式会社AIアカデミー)

「機械学習プログラミング入門編、量子コンピューター入門編」は株式会社AIアカデミーが提供する機械学習や量子コンピューターに関するオンライン講座です。機械学習プログラミング入門編では、機械学習プログラミングの基礎についてPythonを用いて学んでいきます。

また、量子コンピューター入門編では、量子コンピューターの基礎的な理論とPythonを用いた実装力を身につけることが可能です。

ディープラーニング基礎(株式会社アイデミー)

「ディープラーニング基礎」は、株式会社アイデミーが提供するディープラーニングに関するオンライン講座です。ディープラーニングのアルゴリズムの詳細と実装について学んでいきます。

ディープラーニングの基礎を習得し、Pythonで実装できるようになることを目標とし、ディープラーニングの中で最も基礎的なアルゴリズムであるDNN(ディープニューラルネットワーク)を用いて、手書き文字認識機能の実装に取り組みます。

ブロックチェーン基礎(株式会社アイデミー)

「ブロックチェーン基礎」は、株式会社アイデミーが提供するブロックチェーンに関するオンライン講座です。ブロックチェーンの概念を理解し、Pythonを用いてマイニング、トランザクションの追加、コンセンサスアルゴリズムなど大まかな流れを学んでいきます。実技では、ブロックチェーン技術を利用した暗号通貨であるビットコインに焦点を当て、ビットコインのコア機能の実装に取り組みます。

DXのおすすめ講座:上級編

ここでは、経済産業省の「巣ごもりDXステップ講座情報ナビ」に紹介されているオンライン講座のうち、上級レベルのものについて説明します。
基礎編の講座内容を身に付けた方は、ぜひ上級編にも挑戦してみてください。

AI-100対応 Azureで学ぶクラウドAIソリューション中級編(日本マイクロソフト株式会社)

「AI-100対応 Azureで学ぶクラウドAIソリューション中級編」は、日本マイクロソフト株式会社が提供するAIソリューションに関するオンライン講座です。マイクロソフトの認定資格であるAI-100の資格取得を目標としており、4つのコースを学習することでAIに関する実践的な知識を深めることができます。

自然言語処理を用いた質問応答(株式会社アイデミー)

「自然言語処理を用いた質問応答」は、株式会社アイデミーが提供する自然言語処理に関するオンライン講座です。AI機能は、機械翻訳や自動要約など発展的な自然言語処理において有力な手法として活用可能です。

ニューラルネットワークモデルを用いた自然言語処理における、前処理、具体的手法を、質問応答システムを作成しながら説明し、実装していく講座内容となっています。

AZ-104対応 Azure管理者を目指す!(日本マイクロソフト株式会社)

「AZ-104対応 Azure管理者を目指す!」は、日本マイクロソフト株式会社が提供するAzure管理に関するオンライン講座です。マイクロソフトの認定資格である「AZ-104: Microsoft Azure Administrator」の資格取得を目標としています。

「管理者向けの前提条件」「ID とガバナンスの管理」「ストレージの実装と管理」「コンピューティング リソースのデプロイと管理」「管理者向けの仮想ネットワークの構成と管理」「リソースの監視とバックアップ」の6つのコースを通じて、組織の Microsoft Azure 環境の実装、管理、監視に関する専門知識について学んでいきます。

まとめ

DXの概要やおすすめのDX講座について紹介しました。

DXの促進は、業種・業界問わずあらゆる企業が取り組むべき課題であり、今後もますます推進されていくことが予想されます。
働く人たちにとっても、DXに関する知識・スキルを身につけることは必須となっていくでしょう。

DXやAIに関する知識は、オンライン講座を通じて自宅に居ながら学ぶことができます。
これまでデジタルスキルを学ぶ機会が無かった人も、ぜひ新たな知識・スキルの習得に挑戦してみましょう。

最新情報をチェックしよう!