AI技術等のXi技術を活用し企業のDX推進をサポートするHmcomm.Xi事業とは!?

DX

こんにちは!AI研究所の石川です。
本日のtopicsは、Hmcomm株式会社が開始した、企業のDX推進をトータルにサポートする「Hmcomm.Xi事業」をご紹介します。

ディープラーニングを活用し音声から価値を提供する、国立研究開発法人産業技術総合研究所発ベンチャーHmcomm株式会社は、自社プロダクト開発で培ってきたAI技術や、自社プロダクトの導入サポートにより蓄えられたBI(ビジネスインテリジェンス)技術、CI(カスタマーインテリジェンス)技術、これらの技術をより効率的に活用するためのDI(データインテグレーション)の知見を活用し、企業のDX推進をトータルにサポートする、Hmcomm.Xi事業の開始を発表しました。

新事業提供の背景

Hmcommはこれまで、AI技術を活用した、コンタクトセンター向け音声認識AIソリューション「VContact」や自動応答音声認識AIソリューション「Terry」などの自社プロダクトを開発し販売してまいりました。最近では、音声認識AI技術のコア技術やノウハウを生かして、AI異音検知技術を開発し、その技術を搭載した誰でも簡単に異常検知が行える、異音検知プラットフォーム「FAST-D」の提供を始めています。
このような自社プロダクトの提供を進める中において、蓄積されたデータをビジネスの意思決定に活用していただくために、データマイニングやテキストマイニング、データ分析等の技術を活用しビジュアル化やレポート作成等のBI技術を蓄積してきています。また、コンタクトセンター向けソリューションである「VContact」には通話状況を可視化する機能や、お客様の声を分析する機能など、顧客とのサービスやセールスに活用するCI技術を製品に反映してきました。そして、これらすべてに必要不可欠となるDIのノウハウも蓄えてきました。
これらの自社プロダクトの開発力やAI等の技術ノウハウに着目し、DX推進サポートの依頼も増えてきているため、今般、正式にDX推進サポート事業として提供するに至りました。

「Hmcomm.Xi事業」概要

本事業では、「お客様の困りごとを、弊社のXi技術で解決し、着実なDX推進を実現する」をコンセプトとして事業を推進していきます。
またDX推進はしたいがコストはそれほどかけたくないといった要望も多いことから、Hmcommでは、自社技術を組み込みつつ、本事業の開発した技術を販売し、その売り上げを両社で分け合うといったレベニューシェア方式の採用等、柔軟に対応していきます。

本事業推進の流れ

本事業のファーストプロジェクトとして、株式会社協和様の「マルチモーダルVoC分析プロジェクト」を受注しています。

 

 
自社プロダクトの開発ノウハウをXi事業として結集し、企業のDX推進をサポートする、Hmcomm株式会社が開始した、企業のDX推進をトータルにサポートする「Hmcomm.Xi事業」に注目です!

最新情報をチェックしよう!
企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG