ビジネスチャット「direct」、35ヶ国語対応の自動翻訳ボットにアップグレードへ!

こんにちは!AI研究所の石川です。
本日のtopicは、株式会社L is Bが提供を開始した、対応言語を35ヶ国語に大幅拡大した翻訳ボット「direct」をご紹介します。

株式会社L is Bは、現場の働き方改革を支援するビジネスチャット「direct(ダイレクト)」に、投稿されたテキストメッセージを自動で翻訳して返す「翻訳ボット」の対応言語を35ヶ国語に大幅拡大するアップデートを行いました。

建設・製造で増加する外国人従業員へのコミュニケーションツールとして、さらに活用できるようになります。

ビジネスチャット「direct」について

お客さまの声とともに進化を続ける日本で開発しているビジネスチャット「direct」は、文字のやりとりだけでなく、現場で撮った写真や図面ファイルを使った情報共有、緊急時の連絡手段として、現場で働くフィールドワーカーの方々に広く活用されています。「direct」は、現場と社内をつなぐDX化ソリューションとして幅広い業種の方々に利用されています。
最大10名まで無料で使える”フリープラン”を提供しており、手軽に導入ができ職場や現場で「direct」の使いやすい操作性を体験できます。

「翻訳ボット」開発背景

労働人口の減少が続くなか、外国人労働者は年々増加傾向にあります。厚生労働省が令和2年10月末に発表した『外国人雇用状況の届出状況』では、外国人労働者数は 1,724,328人、前年比4.0%とコロナ禍にも関わらず増加しています。企業が外国人労働者の受け入れを積極的に取り組む一方で、「言葉の壁」は現場における大きな課題となっています。当社の顧客である建設業や製造業、サービス業などの現場でも外国人労働者は増加しており、労働者への適切な指示や顧客への案内など、異言語間のコミュニケーションがスムーズに行われるため翻訳ボットを2020年9月に開発しました。その後対応言語を増やして欲しいというご要望に対応すべく、対応言語を35ヶ国語に拡大するアップデートを行いました。

「翻訳ボット」特長

​「翻訳ボット」は参加するトークに送信されたメッセージを自動翻訳して返信します。
また、「direct」を利用しているお客さまは、翻訳ボットを無料で仕様できます。

① 外国人とのコミュニケーションストレスを軽減

ボットを介して母国語で会話ができるため、ユーザーが相手の言語に翻訳してから投稿する必要がなく、コミュニケーションストレスが軽減されます。

②外国人への業務指示が正確に伝わる

業務ルールの説明をスムーズに行えるため、適切な連絡による業務品質向上と効率化が実現可能です。

③海外出張時の翻訳ツールとして活用

ユーザー同士でのやりとりはもちろん、ボットと1対1のペアトークでも使えるため、海外出張での翻訳ツールとしても活用できます。

英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、ベトナム語、タイ語、タガログ語、インドネシア語などを含む35ヶ国語に対応しています。
 
外国人従業員とのコミュニケーションに活用できるチャットボットを無料提供!
ビジネスチャット「direct」における、対応言語を35ヶ国語に大幅拡大した「翻訳ボット」に注目です!

最新情報をチェックしよう!
企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG