チャットボットが作れるdialogflowとは?概要や活用事例、dialogflowの使い方まで徹底解説

こんにちは。AI研究所の見習い研究員マナミです。
今回は、私たちにも身近な存在になったチャットボットを「dialogflow」で作る工程を解説します。
AIは、画像の認識だけではなく、音声や文字情報の機械学習も可能です。
チャットボットは、英語環境の「ELIZA(イライザ)」が始まりです。
1966年に生まれ、機械学習の進歩により豊富な情報を蓄積、処理できるようになり、チャットボットと人はより違和感のない会話ができるようになりました。
2021年にはチャットボットを一次受付対応として利用する企業も出てきています。
しかし、チャットボットは使用することはあっても、どのように作るか知らない方は多いでしょう。
チャットボットは、あらゆる場面で役立ちます。
今回はGoogleが蓄積した音声認識、感情解析、自然言語処理を利用し、チャットボットが作成できるサービス「dialogflow」についてご紹介します。

dialogflowとは

dialogflowで作ったチャットでロボットと会話
dialogflowは、誰でも簡単にチャットボットが作れるサービスです。

2016年よりGoogleが無料で提供しています。
「チャットボット」とは、ネットワークでつながったメンバーと文字によるおしゃべりをリアルタイムに楽しむ「チャット」という言葉と「ロボット」という言葉が合体した呼称です。
人がコンピューターを用いて行っていた作業をプログラムにより自動化し、ロボットが代わりに行います。
つまり、ロボットとリアルタイムで文字によるおしゃべりをするということです。
例えば、ネット通販で洋服を購入する際、画面の右下に小さい窓が表示され、「お手伝いをしましょうか?」や「何かご質問があれば承ります」といった吹き出しが出ていることがあるでしょう。
そこに質問事項を入力すると会話形式で質問に答えてくれたり、欲しい商品を一緒に探してくれたりします。
回答に必要な情報が不足している時は、不足している情報を得るための質問をされることもあり、本当に誰かと会話をしているような形でこちらが欲しい情報まで導いてくれます。
そのシステムを作るサービスがdialogflowです。
dialogflowにはたくさんの特徴があります。
プログラミングのスキルがなくても誰もがチャットボットを作れる仕組みになっている点や、Googleアカウントがあれば手軽にチャットボットを作成しテストができる点、利用は無料で多言語にも対応が可能な点、最先端のAIやGoogleの環境が利用できる点などです。
ここでは、プログラミングのスキルが不要な点と、Googleアカウントがあるだけでチャットボットを作れるという2点について詳しく見ていきましょう。

dialogflowならプログラミングのスキルが不要

dialogflowのチャット活用事例
dialogflowでチャットボットを作成する際、コーディングは必要ありません。

つまり、難しいコードなどを覚える必要はありません。
作らなくてはならないものは、会話のシナリオだけです。
dialogflowは、質問者からこういう質問が来たら、このように答えるという「セリフ」を音声や文字でシステムにインプットしていくというやり方で受け答えを覚えさせていく学習方法です。
プログラミングが必要な場合は、数多くコードを覚えなければいけません。
X-Forwarded-For (XFF) ヘッダーや他のフッターの入力から始まり、テキスト部分でも、「→」や「…」も、「→」、「…」などのコードを覚えて入力しなければいけません。
その点で、dialogflowならプログラミングのスキルが無くてもチャットボットが作れるのです。
チャットボットはられたキーワードを集め、事前にインプットされた豊富なサンプルデータの中から答えのパターンを見つけ出し、そのパターンを予測する形で質問の意図をできるだけ正確にシステムへ伝え、合致した回答を導き出していきます。
そのため、簡単な受け答えのチャットボットであれば、プログラミングのスキルがなくても作成することが可能です。
コチラの記事ではプログラミング無しで、会話ができるチャットボットの開発方法を解説しています。

Googleの環境を利用できるメリット

dialogflowはGoogleアカウントを持っていれば、すぐに利用できます。
dialogflowには、小・中規模向けのシンプル仕様のESタイプと大規模で複雑な用途向けのCXタイプがあり、このESタイプ(スタンダードタイプ)は利用が無料です。
初めてdialogflowを利用する方なら、ESタイプでも十分でしょう。
企業用のチャットボットで、規模を大きくしていく予定があるならCXタイプにしておくのも良いでしょう。
Googleアシスタントにも採用されている最新のAI技術を利用することができ、ディープラーニングの技術によりAIが学習し、より自然な会話になるようなシステムが作られています。
英語をメインに30以上もの言語に対応していますので、日本語でQ&Aのチャットボットを1つ作ることができれば、それをもとに英語、イタリア語、フランス語、中国語と世界へ向けて展開することも可能です。
海外からの集客にも対応できるのがdialogflowのメリットの一つです。
また、dialogflowで作成したチャットボットは、LINEやSlack、Messengerなどのチャットツールや他のアプリと連携できることも魅力です。
慣れてくれば、Ionicと合わせてモバイルアプリケーションの開発までできるようになります。
Googleのプラットフォームで完結させられるため、初期設定も難しくはありません。
Googleアカウントの登録から、LINEのチャットボットを作るところまでを丁寧に説明してくれている動画はこちらです。
初心者の方は、こちらの動画を参考にしてください。
dialogflowの解説動画は、英語のコンテンツが多い傾向にあります。
そのため、英語がわかれば更に多くの情報を集められます。

dialogflowの活用事例とは

dialogflowでロボットと会議ができる
dialogflowを利用したチャットボットは、個人的に会話を楽しむという利用方法から企業の第一次受付対応、注文対応、会議室の予約などさまざまな用途で利用されています。
特にカスタマーサポートセンターでは、チャットボットを取り入れたことで電話での問い合わせが3割減り、コールセンターの人員を削減することができました。
経営者にとっては、人員の削減によるコストの削減は利益の幅を広げることにつながっています。
チャットボットにより24時間365日の対応が可能となったことから、見込み客の取りこぼしが減少し、社員は顧客の声を分析してサービスの改善やマーケティングに生かすための時間を捻出できるようになっています。
顧客としても、24時間365日疑問点やトラブルの解消につながるため、満足度は上がります。
他にも、大手洋服メーカーではお買い物アシスタントとしてdialogflowを利用したLINEのチャットボットを導入しています。
LINEの友達追加で表示されたQRコードの画像を読み込むと、お買い物アシスタントがお友達として追加されます。
「どんなコーディネートをおさがしですか?」というメッセージが届くところから会話が始まり、顧客が希望する洋服選びのサポートをしてくれます。
インターネットで洋服選びをしているのに、店舗で店員と一緒に洋服選びをしているような感覚になれます。
実際の店舗では、コーディネートのアドバイスをもらいたいけれど恥ずかしくて店員に声をかけられなかったり、店員が忙しそうで声をかけづらかったり、一生懸命洋服選びを手伝ってくれた店員が勧めるコーディネートが自分の好みと違い、断りづらいといったこともあるかもしれませんが、LINEでのチャットボットとのやり取りであれば相手へ気遣いすることなく自分好みの洋服を探すことができます。
チャットボットを利用する事の利点は、人的なコストの削減だけではありません。
アパレルなどの顧客の嗜好性や流行が売り上げを左右するビジネスでは、顧客のトレンドを知るためにも常に新しいデータが必要です。
チャットボットを利用している企業では、顧客とのやり取りはすべてデータとして活用できますから、店舗側にも大きなメリットでしょう。
dialogflowを利用したチャットボットは、対顧客用というだけでなく社内情報の管理用に利用している例もあります。
キーワードをチャットボットに教えて整理することでごちゃごちゃしていた情報を探す手間がなくなり、生産性の向上へつながったといったものやGoogleカレンダーとチャットボットを連携して店舗予約の管理に利用したり、お客様からの申し込み情報をチャットボットとスプレッドシートの連携で管理しているといった企業もあります。
dialogflowの活用方法のうちで、業務効率化のテキストはAmazonのKindle版の書籍でも学習することが可能です。
dialogflowはマーケティングやセールス、社内の業務効率化にも活用できるのです。
実際に活用してみる方法は、こちらの記事を参考にしてください。
無料でチャットボットの試作をしています。

dialogflowの使い方

dialogflowを使ったチャットボット
それでは具体的なdialogflowの使い方を見ていきましょう。
dialogflowでチャットボットを作るには、Googleアカウントでdialogflowのサイトにアクセスします。
「Sign-in with Google」でdialogflowにサインインをし、規約に同意をしてスタートです。
新規作成の場合、「Create Agent」をクリックします。
基本情報となるAgent nameを英字にて入力し、言語を選択、「Create」をクリックして登録完了です。
次に会話の内容を入力していきます。
「Create in Intent」をクリックしIntent nameを入力後、「Traning Phrases」をクリックします。
Traning Phrasesとは人が言葉を入力した時、どのようにIntentを動かすかという設定です。
例えば、顧客が「はじめまして」と入力したらチャットボットが「はじめまして」と返すように、Traning Phrasesに「はじめまして」と入力します。
返信のバリエーションを増やすために「Add Response」をクリックし、Text Responseに数種類の対応も入力します。
具体的な例としては「こちらこそはじめまして」、「なにかお困りでしょうか」などで、こちらには複数の返信が入力できます。
dialogflowは入力された返信を組み合わせて応対するようになります。
入力が終わったら「Save」をクリックします。
挨拶のやり取りが無事に機能するかどうかの動作確認をするには、画面右上にある「Try it now」の欄に「はじめまして」と入力をしてみましょう。
「はじめまして。なにかお困りでしょうか」などと返信が返ってくれば成功ということになります。
「Add follow-up intent」をクリックし設定することで、挨拶から先のさまざまな会話を追加することができます。
会話に関しては、用意されているテンプレートを使う事もできますし、カスタマイズすることもできます。
Intentsを追加することで続けていきたい会話の内容を増やしていくことが可能です。

dialogflowでロボットと対話する未来へ

dialogflowのサービスを使えば、スピーディーに簡単にチャットボットを作ることができます。
占いサイトを作ったり、自社サイトで売る商品のアドバイスに利用するなど、企業だけでなく個人でも利用する人は増えるでしょう。
チャットボットはこれからますます一般化され、多様化すると考えられます。
二足歩行のロボットが人間と対等に会話をし、問題解決に協力してくれる未来の第一歩がdialogflowのチャットボットなのかもしれません。
チャットボットの活用方法を紹介している記事はこちらです。

dialogflowとは
最新情報をチェックしよう!
企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG