ディープラーニングのおすすめ講座3選!深層学習を講座でしっかり学習しよう

ディープラーニングやAIを仕事に役立てたいと考えたときは、それなりの知識を蓄えなければいけません。こちらではディープラーニングがどのようなものか説明し、知識を学べるおすすめの講座(セミナー)の紹介をします。講座は初心者でも利用できるものを中心に紹介するので、これから勉強をスタートさせたい方は参考にしてください。

ディープラーニングの説明

ディープランニングを行うと、コンピューターが自動的にたくさんのデータを収集してどんとんと学習をしていきます。どのようなデータを収集するのか設定してやれば、ビジネスに役立てることもできます。例えば、『お客様からの疑問』と『その疑問の答え』をディープラーニングで学習させるとします。すると、次に同じような疑問がお客様から届いたときに、最適な答えをコンピュータが自ら導き出せるようになるのです。こちらはチャットボットというシステムで、自動返答タイプのカスタマーセンターとして数多くの会社が導入しています。

ほかにも様々なところでディープランニングを使ったシステムが役立つので、利用を考えているときはしっかりとリサーチをして、自分たちのビジネスにあった使い方がないか調べてみましょう。

ディープラーニングを学べる講座3選

ここからは、ディープラーニングを効率的かつ、できる限り安価で学びたい方にピッタリな株式会社VOSTの講座(セミナー)を3つ紹介します。どこ講座も学び方が3種類用意されているので、自身の都合に合ったものを選んで活用してしまいましょう。一つ目の方法は、指定された会場を訪れて講師から直接教わる『会場講座』です。二つ目の方法は会場と自宅のパソコンを繋いで、リアルタイムで会場講座と同じカリキュラムを受けられる『ライブウェビナー』です。そして、最後の方法は『eラーニング』で、専門のサイトにアクセスすれば受講できるようになっています。専門サイトのアクセス期限は1年ほどの長い期間が設定されていて、その間ならいつでもどこでも便利に活用できます。

なお、受講方法によって料金が異なるため、そちらも参考にして利用するものを決めるとよいでしょう。また、キャンペーンにより料金が安くなることもあるので、最新情報をきちんとチェックした上で申し込むことをおすすめします。ちなみに、所有しているパソコンがマックとウィンドウズのどちらでも講座を利用できます。会場講座に参加する場合は貸してくれるので、パソコンを持っていなかったとしても大丈夫です。

ビジネス向けAI完全攻略セミナー

AIとディープラーニングは切っても切れない関係であり、現在ではこれら2つを使った技術がビジネスで使われているケースが多々あります。ビジネス向けAI完全攻略セミナーでは、その名前の通りビジネスで役立つAIを勉強できるようになっています。

完全な初心者でも学べる

AIについてまったく分からない方でも、基礎(ディープラーニングの知識も含まれます)から教えてくれるので安心して参加ができます。また、どのように活用すればよいのかも教えてくれるため、AIとビジネスの関係性がいまいち分からない方にもおすすめです。最終的にはAIを作成するところまで教えてくれるので、満足度が高いセミナーだといえるでしょう。

AIビジネス完全攻略セミナーガイドがもらえる

参加をすれば冊子やPDFで、AIビジネス完全攻略セミナーガイドをもらうことができます。要点がまとめられているので、あとから教わった内容を復習したいときに活躍してくれます。

最短1日で学べる

会場とライブウェビナーでこちらのセミナーに参加するときは、1日で終わるようになっています。1日ですが内容が薄いものではなく、午前の部と午後の部に分かれているため、AIとディープラーニングについてたっぷりと学べます。そして、eラーニングは全17チャプターに分かれており、約6時間で視聴可能です。

AIエンジニア育成講座

『AIエンジニアを目指したいけれど何から勉強すればよいか分からない』といった方におすすめなのがAIエンジニア育成講座です。エンジニアになるためにはプログラミングの知識が必須だといわれています。しかし、こちらの講座では、そのプログラミングさえも教えてもらえるため、知識がない方が参加しても問題はありません。

課題で理解度をチェック

きちんと教わったことを理解しているかどうか、確かめるための課題が用意されています。課題は理解度チェックができることに加えて、記憶の定着にも役立つでしょう。もしも、課題をクリアできなかったときは、用意されている解説を読めば解決できます。解説を読んでも理解が難しかったときは、講師に質問できるので安心しましょう。

基礎だけではなく応用や発展も学べる

高度なAIの実装や画像認識モデルの作成など、応用や発展の知識も学ぶことができます。基礎から初めて高いレベルまで持っていくため、スムーズにAIエンジニアになるための知識を得られます。

3ステップの3日間

AIエンジニア育成講座は3ステップ用意されていて、会場講座とライブウェナビーの場合は3日で学べるようになっています。そして、eラーニングは全12回セットとして提供されています。

E資格対策講座

ディープラーニングの勉強をして知識を蓄えたとしても、それを証明できなければビジネスに繋げられない可能性があります。もしも、知識があることを証明したいのなら、E資格対策講座の活用を考えましょう。日本にはE資格というディープラーニングに関する資格があります。この講座を利用すれば、合格するために必要な知識を効率的に得られます。

認定プログラムなので受験資格が得られる

E資格のことを少し調べれば、受験資格があり誰でも受けられるものではないことが分かります。受験前に日本ディープラーニング協会が認定したプログラムを修了させることが必要になっているのです。E資格対策講座は協会からきちんと認定されている講座なので、終わればすぐにでも試験を受けられるようになります。『修了認定証』や『受験申込コード』が発行されるため、それらを活用して試験の手続きを行いましょう。

模擬試験が用意されている

過去のE資格試験で出題された問題を研究し、作成をした模擬試験が用意されています。ディープラーニングやAIのトレンドもきちんと反映しているため、過去に一度も出題されてはいない問題にも対策できるようになっています。もちろん、解説も用意されているため、間違った問題をそのままにするようなことはありません。

講座の時間

会場講座とライブウェナビーは全4回、4日に分けて開催されています。ちなみにライブウェナビーという名称ではなく、オンライン講座という名称で提供されていますが、サービス内容はまったく同じなので安心しましょう。eラーニングは全73チャプター用意されていて、約30時間で見終わるボリュームとなっています。

必要なら複数の講座を受けよう

ディープラーニングの講座を知り、どれも学んでみたいと考えた方もいるかもしれません。そのときは、一つではなく複数の講座を使った勉強も考えてみましょう。新しい知識をどんどんと吸収していけば、より広い範囲でディープラーニングをビジネスに役立てられるようになります。ただ、講座によってレベルが異なるので、サービス概要を読み、簡単なものから学んでいった方がスムーズに習得できるでしょう。

ディープラーニングのおすすめ講座3選!深層学習を講座でしっかり学習しよう
最新情報をチェックしよう!