おすすめディープラーニング研修4選!研修で社員や新人に教育しよう

ディープラーニング(Deep Learning)とは機械の学習方法です。情報を人が定義付けせずとも、機械が自動的に学習を進めるため、膨大な情報群を扱う現代のビジネスにおいてその価値が高く評価されています。ディープラーニングを理解し、ビジネスに利用するには、人材育成が欠かせません。この記事ではディープラーニングの研修につかえるおすすめのスクールやセミナーを4つ紹介します。

ディープラーニングを研修で学ぶ理由とメリット

ディープラーニングの知識や扱い方については「エンジニアだけが知っていれば十分」と思うかもしれません。たしかにエンジニアにディープラーニング教育を施すのは大切です。しかし、エンジニアだけではビジネスが成り立ちません。ディープラーニングの恩恵をビジネスに利用するためには、多くの人がシステムを理解し、どのように応用するか全社的に検討する必要があります。そのため、ディープラーニングを導入する企業の多くは研修によって社員教育を推し進めています。

ディープラーニング研修による学習の最大のメリットは、業務にいかせる実践的な知識が短期間で得られることです。一般的にディープラーニングの学習を書籍などで行うと、学術的な知識が多く、なかなか学習が進みません。それらの知識は無駄ではありませが全て学び終わるまでには膨大な時間が必要です。ディープラーニング研修では、社会人が実務家としてディープラーニングを利用することを想定して内容が構成されています。G検定やE資格の合格に焦点を合わせるだけでなく、ディープラーニングの実務利用を想定しているため、短期間で実務的な知識が身に付きます。

AIの人材研修はこちら

ディープラーニング研修の選び方

では、どのようなスクールを研修用に選べばよいのでしょうか。日本におけるディープラーニングに関する資格では、日本ディープラーニング協会(JDLA)が認定している「G検定」と「E資格」がよく知られています。JDLAは「ディープラーニングを実装する人材」の育成を目標に掲げる団体で、ディープラーニングについての知識や能力を育成するセミナーの認定も行っています。研修用のスクールやセミナーを選ぶ場合は、JDLAの認定を得ているものを選ぶとよいでしょう。

なお、G検定は「ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して事業応用する能力を持つ人材」、E資格は「ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力を持つ人材」を認定するものです。JDLA認定のスクールやセミナーなら、G検定およびE資格の受験をベースにして研修内容が構成されているので、G検定やE資格の取得を考えている人にとっても大きな手助けとなるでしょう。有資格者が増えればそれだけ企業内人材の価値が高まります。

おすすめディープラーニング研修4選

それではおすすめのディープラーニング研修をいくつか紹介していきます。

AI研究所「ビジネス向けAI完全攻略セミナー」

AI研究所は株式会社VOST(ヴォスト)が運営しているE資格合格教習所です。JDLA認定プログラムである「ビジネス向けAI完全攻略セミナー」を開講しています。「ビジネス向けAI完全攻略セミナー」は、短期間で必須知識とスキルが習得できるだけでなく、費用も比較的リーズナブルなセミナーとして知られています。研修に最適といえるでしょう。

新人や知識ゼロからでも学習可能

このセミナーは、受講者が初心者であっても大丈夫なように構成されています。そのため、知識ゼロからの学習が可能です。講義内容は東京大学教授と慶應義塾大学教授によって監修されており、講義のクオリティに関しても高い評価を受けています。

研修では嬉しい3通りの受講スタイル

「ビジネス向けAI完全攻略セミナー」の受講スタイルは3通り。会場受講・ライブウェビナー・eラーニングから選べます。

会場受講は指定の講義会場でセミナーを受講します。オンラインでの授業とは違いライブ感があって集中しやすいと評判です。また、ディープラーニングを学びに来ているほかの受講者と知り合いになることもできるでしょう。ライブウェビナーはライブでのウェブセミナーです。インターネット環境があれば受講できるので、好きな場所で講義が受けられます。講義中であってもダイレクトに講師に質問ができるため、学習効率がよい講義スタイルといえます。eラーニングは録画された講義を、インターネットを介して視聴する受講方法です。

学習期間は1日!効率のよい研修が特徴

「ビジネス向けAI完全攻略セミナー」は1日で研修を終わらせることが可能です。ディープラーニングの実務利用に十分なレベルの知識がわかりやすくまとめられています。午前と午後の2パートに分かれており、午前中はAIの基礎を、午後からはAIの応用知識を学びます。
受講期間の短さもあいまって「ビジネス向けAI完全攻略セミナー」の費用は比較的リーズナブルです。キャンペーンも頻繁に行っているので、その時期に申し込めば、さらに安く研修を受講できるかもしれません。

Study–AI「AI活用スキル育成研修」

Study-AI株式会社のStudy–AIは、日本に初めて登場したAI資格試験対策講座を開いたスクールです。講義のクオリティが高いことで知られており、2019年度のE資格合格者の20.9%がStudy–AIで学習をしたそうです。ディープラーニングの研修では「AI活用スキル育成研修」の人気があります。「AI活用スキル育成研修」は、ディープラーニングを学ぶ上で必要な基礎原理を、実務知識をまじえながら体系的に学習できる研修です。研修時間は3時間×5回となっています。ただし、研修時間や回数はカスタマイズができます。少し学習レベルが高いので、知識ゼロから学習を始める人よりも、応用数学や機械学習についての基礎知識を持っている人におすすめの研修といえるでしょう。

SkillUp AI「法人向けAI研修プログラム」

ディープラーニングの学習では、概念や実装のための知識だけでなく、実務的な応用知識をバランスよく学ぶことが大切です。しかし、研修によってはE資格受験を重視するあまり、実務的な知識が足りない場合があります。SkillUp AIの「法人向けAI研修プログラム」は、自社の目的に合わせて体系的なカリキュラムを作成できるプログラムです。社内実務家を育成するための学習におすすめです。

「法人向けAI研修プログラム」では複数の学習方法を組み合わせて研修が受けられます。eラーニングで知識をインプットし、対面講義で知識のアウトプットや応用をするといった学習が可能です。また、グループワーク・ハンズオンといったアクティブラーニングを取り入れることで、学習した内容をより応用的な知識へと昇華させることもできます。

キカガク「ディープラーニングハンズオンセミナー」

キカガクの「ディープラーニングハンズオンセミナー」は、受講者数の多さと講師陣のクオリティの高さで知られています。「ディープラーニングハンズオンセミナー」は、JDLA認定でありながら、3日間でディープラーニングに関する知識を体系的に学習できる研修用セミナーです。このセミナーは実務での知識が重視されており、画像処理・時系列解析・自然言語処理といったディープラーニングを用いた主要技術を中心に学びます。ディープラーニングの活用方法を学びたいと考える実務家向きのセミナーといえるでしょう。

ディープラーニングを学習しようと思う人の中には「数学の知識なんて忘れてしまった」とか「プログラミングが初めてだ」という人もいるでしょう。必要な数学やプログラミングの知識を事前に学習できるように、このセミナーでは事前に予習動画が配布されるので、慣れない内容の学習でも安心です。

AIの人材研修はこちら

ディープラーニングの導入に研修は欠かせない

ディープラーニングを導入しても、扱える社員が育成できていなければ、期待どおりの効果は得られないでしょう。ディープラーニングの学習には研修がおすすめです。実務的かつ体系的な知識を短期間で学習できるからです。研修先を選ぶのに迷っているならAI研究所の「ビジネス向けAI完全攻略セミナー」をおすすめします。このセミナーなら、費用負担が少なく、研修期間が1日で済むため日程の調整も簡単です。

おすすめディープラーニング研修4選!研修で社員や新人に教育しよう
最新情報をチェックしよう!