AI Cloud プラットフォーム「DataRobot AI Cloud」の日本版、提供開始へ!

こんにちは!AI研究所の石川です。
本日のtopicsは、AI Cloud プラットフォーム「DataRobot AI Cloud」の日本版をご紹介します。

AI CloudのリーディングカンパニーであるDataRobot, Inc. は、9月14日にグローバルで発表した次世代インテリジェントビジネスのために構築されたAI Cloud プラットフォーム「DataRobot AI Cloud」日本版の提供を11月より開始すると発表しました。DataRobot AI Cloudは、あらゆる組織を対象に、本番環境への AI 導入を加速させる単一のプラットフォームとなります。
また、本番環境でのAI運用を強化し、ビジネスに不可欠な意思決定を支援する AIアプリケーションを容易に構築することを可能にする新機能の提供も開始します。

「DataRobot AI Cloud」概要

DataRobot AI Cloudは、現代の組織が直面する課題や機会を鑑みた設計となっています。このエンドツーエンドのプラットフォームは、AI ライフサイクルの全過程を通じてコラボレーションを促進し、継続的に最適化を実現することで、専門性の高いデータサイエンティストから IT オペレーター、ビジネスアナリストに至る、あらゆるユーザーの一元的な管理を可能にします。
また、マルチクラウド型のプラットフォームとして構築されているため、任意に組み合わせたパブリッククラウド、データセンター、エッジのいずれにおいても、ビジネスの安全性を保護し、ガバナンスを確保しながら稼動させることができます。

特長

DataRobot AI Cloudは、本番環境において大規模な AI の管理を実現し、すべての事業部門で AI を活用した意思決定を可能にする画期的な新機能が含まれており、そのすべてが単一のプラットフォームで提供されます。

●現場の意思決定者が AI を活用できるようにする業界初のディシジョンインテリジェンス
AIの一般的な使用事例をもとにあらかじめ構築されたソリューションで素早い利用を可能にするユースケースソリューションアクセラレータや、ディシジョンインテリジェンスフローを使って予測を自動化・拡張する新機能が含まれます。
●コードを重視するデータサイエンティストのための強力な新ツール
Composable ML、高機能クラウドホスト型ノートブック、コード中心のデータパイプラインです。
●AIとモデルの偏りを継続的に監視する ML オペレーター向けモニタリング機能
AI導入後のモデルパフォーマンスを最適化し、本番環境において公正で偏りのないモデルを確保します。
●その他特長
ーあらゆるユーザーを対象とし、データサイエンティスト、IT、ビジネスアナリストのコラボレーションを実現する単一のプラットフォーム
ーデータのソースやタイプを問わず、あらゆるデータを一目で確認できるシングルビュー
ーAIライフサイクルの全体をカバーするエンドツーエンドのプラットフォーム
ー明確で信頼性の高いビジネス成果につながる
ーあらゆるクラウド、データセンター、エッジでの大規模な展開と運用が可能
ーモジュール式で拡張性に優れ、既に導入済みのアプリケーション、インフラストラクチャおよび IT 運用システム上に構築可能

長年にわたる技術革新やお客様との緊密な連携から得られた知見や知識をもとに、あらゆるユーザーがそのスキルセットにかかわらずAI を活用し、より多くのAIモデルを迅速に構築し、これまでにないビジネス価値の実現を達成できるよう支援する、AI Cloud プラットフォーム「DataRobot AI Cloud」の日本版に注目です!

最新情報をチェックしよう!
企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG