AOSデータ社、AIフォレンジック®️サービスの提供を開始へ!

こんにちは!AI研究所の石川です。
本日のtopicsは、人工知能時代の到来に備えてAIデバイスの証拠調査を行う「AIフォレンジック」サービスをご紹介します。

クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開するAOSデータ株式会社は、人工知能時代の到来に備えてAIデバイスの証拠調査を行う「AIフォレンジック®️」サービスの提供を開始しました。

サービス提供背景

AIビジネスの国内市場は2030年度には2兆円とも予想されていますが、内閣府は未来への基盤作り、産業・社会の基盤作り、倫理の各分野における 具体的な目標と取組を特定したAI基本政策を発表しています。自動運転車、ドローン、AIスピーカー、AIチャットボット、スマートウオッチ、スマートバンド、IoT、UAMなどのAIデバイスも私たちの身近で急速に普及しています。一方で、AIデバイスが引き起こす事故や事件などの発生が懸念されおり、何か問題が起こった場合にどのように調査をすればいいのかという問題があります。現在は、何か事件が起こった場合にスマートフォンやドライブレコーダーなどに記録されているデジタルデータが証拠として調べられるケースが多く、最近は、これらのスマートデバイスのAI機能が強化され、ハッキングの対象にもなり、犯罪を行う手伝いをしてしまうことも懸念されています。例えば、ドローンを使って意図的に何か物体を落下させた。チャットボットで人を騙そうとした。自動運転車が危険な運転をしたために事故が起こったなどといったケースです。
AOSデータ社は、2002年よりフォレンジックサービスの提供を開始、PC、携帯電話、スマホ、ドライブレコーダーなどのフォレンジック調査を捜査機関や企業、弁護士の依頼を受けて実施し、国内のフォレンジック調査を牽引してきました。今後は、AIフォレンジックに注力し、AIデバイスに格納されているデジタルデータの復元・抽出・解析作業を行います。

AIフォレンジック調査とは

AIシステムは、ブラックボックスと見なされることが多いため、フォレンジック調査を行う際には、注意が必要となります。AIシステムは、学習機能を備えている可能性があり、システムが変更されたり、削除されるケースもあります。つまり、悪意を持った人間が意図的にシステムを書き換えたり、一部分を変更しているケースもあるということです。AOSデータ社は、デジタルデータの証拠調査で警察機関、民間企業、弁護士などの依頼で数多くのデジタルデータの証拠調査を行ってきた実績があります。AIフォレンジック®️調査は、AIシステムの中に格納されているデジタルデータを解析し、分析、調査を行います。

調査事例

システムの書き換えの有無、消されてしまったデータの復元、外部からのハッキングなどの痕跡調査を行い、事件・事故が起こった前後がどのような状況であったかを解析し、証拠として抽出したりします。

ドローンフォレジック調査

ドローンのログを解析し、設定プログラムの内容、操作ログ、撮影されている写真データの解析などを行います。

自動車フォレジック調査

搭載されているEDR(Event Data Recorder)やドライブレコーダーの情報を解析し、事故が発生した時の、速度、ブレーキの状況、位置などの解析を行ないます。

チャットボット調査

SMSチャットボットの内容を解析し、裁判などの証拠で使えるデータとして、提供します。

AIスピーカー調査

AIスピーカーのログを解析し、事件の前にどういう音声コマンドが入力されていかを抽出して、証拠データとして活用されます。

 

AOSデータ株式会社が提供を開始した、人工知能時代の到来に備えてAIデバイスの証拠調査を行う「AIフォレンジック」サービスに注目です!

最新情報をチェックしよう!
企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG