バージョンアップしたパナソニックのAIチャットボット「WisTalk」をご紹介!

こんにちは!AI研究所の石川です。
本日のtopicsは、パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社のAIチャットボットFAQサービス「WisTalk(ウィズトーク)」をご紹介します。

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社は、2020年10月15日(木)、AIを用いたチャットボットFAQサービス「WisTalk」をバージョンアップしました。

背景

多くの企業で問い合わせ対応業務を代行する手段として「チャットボット」が注目されている中で、AIチャットボットで問い合わせ対応を自動化・効率化するには、チャットボットがユーザーに適切な回答を表示することが重要です。しかしながら、質問をするユーザーごとに異なる言葉のゆらぎや表現をはじめ、世間一般で利用されていない社内用語や独特な言い回しを含んだ質問文を、AIがすべて理解することは困難でした。
そこで今回、パナソニックでは「WisTalk」の回答を高精度化するための独自AIエンジン強化に加え、メンテナンス作業時に役立つ分析レポート機能を搭載しました。管理者の効率的なQ&Aデータメンテナンス作業を支援することで、より高い精度で回答するAIチャットボットの運用・活用を促進します。

バージョンアップ内容

この度のバージョンアップにより、チャットボットに搭載しているAIエンジンの強化による回答精度向上のほか、管理者のQ&Aデータのメンテナンス負荷を軽減し、問い合わせ対応業務の自動化を容易にする各種の機能強化を行いました。

1、未知語検出強化による回答精度向上

パナソニック独自開発のAIエンジンに、膨大な単語の意味を追加し、単語同士の関連性や類似性(言い回し)などの解析・学習機能を強化。これまでより多様な単語の意味をAIが理解することで、高精度な回答を実現しました。

2、Q&Aデータのメンテナンス工数削減を支援

AIの判定スコア、ユーザーからのアンケート結果など、条件ごとにログ件数をマトリクス表示する機能により、管理者は改善すべきQ&Aデータの絞り込みと、どのようにメンテナンスすればよいか、その対処方法も一目で確認が可能です。そのほか、拡充すべきQ&Aやカテゴリーの検討を補佐するレポート機能を搭載。専門知識がなくても、容易に、効率的にメンテナンスを行えます。

未知語検出強化による回答精度向上、Q&Aデータのメンテナンス工数削減を支援する、AIチャットボットFAQサービス「WisTalk」に注目です!

最新情報をチェックしよう!
企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG