誤差10%以内を目指した売上予測システム「AI店舗開発プロジェクト」始動へ! 

こんにちは!AI研究所の石川です。
本日のtopicは、店舗流通ネット株式会社と株式会社MILIZEが始動した、飲食店の売上予測を行う「AI店舗開発プロジェクト」をご紹介します。

店舗流通ネット株式会社と株式会社MILIZは、飲食店の売上予測を行う「AI店舗開発プロジェクト」を始動しました。これまで統一ブランド向けに重回帰分析やハフモデルを使った売上予測システムは存在していましたが、今回の開発は業態ごとにAI分析を行うため、チェーン展開する大手ブランドだけでなく個店での利用も可能にした飲食業界初のシステムです。

「AI店舗開発プロジェクト」特徴

店舗流通ネットのオルタナティブデータをMILIZEの「AIプロジェクト」で収集、クレンジング、データベース化、可視化し、AIと金融工学による分析情報をシステム提供していきます。

飲食チェーンでも個店でも利用可能

本システムは地図上で、出店したい場所をクリックし、業態と席数を入力すると月商予測ができ、統一ブランドの売上データをAI学習させている訳ではないため、チェーン展開する大手ブランドだけでなく個店での利用も可能になることが最大の特徴です。2021年9月(予定)のローンチ時点では、飲食業の中でも出店ニーズの高い「居酒屋・バル」、「ラーメン」、「焼肉」に特化させ展開しますが、ローンチ後は、定期的に情報更新を進め、利用業種も増やしていく予定です。

高性能な売り上げ予測システム

店舗出店や継続にあたりマーケティングが重要視される中、市場データや人の動向を解析したMILIZEのビッグデータと店舗流通ネットの約20年分のオルタナティブデータを搭載しており、月商誤差10%以内を目標にしています。これは、売上予測データが500万円の場合、実際の売上は450~550万円になるという大変高性能なシステムで、特に、マーケティングデータを持たない新規事業者や個人事業主にとって、立地の適切性、業態変更時期の指標となります。

本システムのサービス内容

2021年4月現在、店舗流通ネットが創業から提供してきた出店コンサルティングによるサポート実績は、3,548店舗となりました。
今回の開発は、その基幹事業として飲食店事業者へ提供してきたサービス「ショップサポートシステム」によって蓄積された売上データ、店舗情報、不動産情報といったオルタナティブデータを活用しています。

新型コロナウィルスの影響により、飲食業界では、新たな試みにチャレンジする企業が増加しています。MILIZE社と共同開発することにより、飲食業界全体を盛り上げ、誠実にサポートするために、店舗流通ネットが約20年間積み上げてきた3,500店舗の実績のデータ活用に踏み切りました。
2021年9月(予定)のローンチ以降は、ソフトウェアライセンスでの提供だけでなく、スポットでも販売する予定です。

「AI店舗開発システム」の活用例

飲食業界初、誤差10%以内を目指した売上予測システム「AI店舗開発プロジェクト」の活用例をご紹介します。

1.出店候補地の売上予測

出店を検討する物件情報を入力し、競合店、売上寄与施設などの情報、イートイン・テイクアウト・デリバリーの売上を予測します。

2.既存店の売上予測で、物件自体のポテンシャルを分析

既存店の物件情報から売上予測システムで分析することで、物件自体の潜在力、商圏属性の相関などを抽出し、業態変更の指標や、店舗の改善・撤退の判断材料に活用できます。

3.売上予測による将来のイベント予測(オプション)

新サービスやイベント、業態変更などの予定するイベントを、店舗の現在・過去の情報とビッグデータ、オルタナティブデータからAIが分析を行い、来客数や売上を予測します。

 

 

従来型の重回帰分析やハフモデルとは全く異なる売上げ予想を実現する、飲食店の売上予測を行う「AI店舗開発プロジェクト」に注目です!

最新情報をチェックしよう!
企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG