アライズイノベーションがAI OCR「AIRead」の新バージョン3.0をリリースへ!

こんにちは!AI研究所の石川です。
本日のtopicsは、AI OCRの新バージョン「AIRead Ver. 3.0」をご紹介します。

アライズイノベーション株式会社は、AI OCRの新バージョン「AIRead Ver. 3.0」を2021年6月1日より販売開始しました。

 

「AIRead」特長

AIReadは、CNNやLSTMなどのDeep Learningを活用して文字を認識、データ化(OCR)するソリューションです。手書き・活字文字、定型・非定型書類のデータ化が可能で、学習機能も有しています。
オンプレミス(スタンドアロン型、サーバ型)、クラウド(SaaS型、LGWAN-ASP型)など、様々な形態での利用が可能です。

最新の AI や画像処理を活用した OCR 機能

手書き・活字、定型・非定型など、様々な種類の帳票のデータ化が可能です。フリーピッチの手書き文字、チェックマーク、丸囲み、バーコードなどの読み取りができます。また、コロナワクチン予防接種の予診票に添付されたワクチンロットシールなどの読み取りも可能です。

利用者が使い易いツールを提供

読み取りたい帳票定義や手書き文字の学習機能を、利用者が自由に使用できます。定型・非定型の帳票定義の作成、文字の学習、プレビュー(読み取り結果の確認・編集)ツールを提供します。

読取精度の向上が可能

文字学習ツールを用いて、誤読した文字の画像ファイルを教師データとして学習させることで読取精度の向上が実現できます。

販売価格について

「AIRead」は以下の通り3パターンご用意しています。金額は全て税込みです。

製品名初期費用(ライセンス費用)年間保守費用
AIRead Stand-alone1,056,000円 / PC211,200円 / PC・年
AIRead Standard3,960,000円 / サーバ792,000円 / サーバ・年
AIRead Enterprise5,280,000円~ / サーバ1,056,000円~ / サーバ・年

新バージョン「AIRead Ver. 3.0」について

新バージョンでは非定型帳票の読み取り機能を強化し、手書き文字と活字が混在している非定型帳票において文字種類を自動判別してから読み取ることで、非定型帳票の読み取り精度が大幅に向上いたしました。また、読み取り後の文字補正機能の追加により、お客様自身で補正ルールを追加していくことで識字率の改善をすることができます。

非定型帳票の読み取りイメージ
文字補正機能のイメージ

 
非定型帳票の読み取りと自動化機能が強化された、AI OCRの新バージョン「AIRead Ver. 3.0」に注目です!
 

最新情報をチェックしよう!
企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG