映像AIを活用して組立工程の作業ミス見逃しを防止する「外観異常判定システム」とは!?

こんにちは!AI研究所の石川です。
本日のtopicsは、OKIが販売を開始した、検査工程にAIを取り入れて省力化・自動化を実現する映像AIソリューション「外観異常判定システム」をご紹介します。

OKIは、製造現場のなかでも特に熟練者の技術・経験を必要とする検査工程にAIを取り入れて省力化・自動化を実現する映像AIソリューション「外観異常判定システム」を開発し、2021年6月1日より販売を開始しました。

検査風景と検査結果画面
 

 

開発背景

生産労働人口が減少する中、製造現場における省力化・自動化の取り組みが進んでいます。製造の各工程の中でも、組立工程における作業ミスの有無を部品・製品の外観の目視でチェックする「検査工程」は特に熟練者の技術や経験への依存度が高く、そのノウハウや技術のデジタル化による継承が喫緊の課題でした。OKIは、この課題を解決するため、検査対象の部品・製品の映像データに対し熟練者の「目」および「知(ノウハウ)」に値するAI分析を行うことで外観の目視検査を自動化する「外観異常判定システム」を開発しました。

「外観異常判定システム」概要

本システムはカメラで撮影した検査対象の部品・製品の高精細映像をAIで映像解析することにより、リアルタイムで製品の外観異常を自動判定します。
また、カメラで撮影した検査対象の部品・製品の高精細映像をOKIのAIエッジコンピューター「AE2100」で解析することにより、リアルタイムで製品の外観異常を判定し、即座に作業者に結果を通知します。
「AE2100」は、ネットワークカメラや各種センサーを収容してエッジ(現場)で高速ディープラーニング推論処理を行う、耐環境性に優れたAIエッジコンピューターです。
大容量の映像データをクラウドへ送信せずエッジでAI処理することにより、信頼性・リアルタイム性・プライバシー保護を実現。判定結果を含む検査画像、製品情報などの証跡データは上位に位置する管理サーバーに蓄積し、品質管理や分析に活用することができます。
さらに、ローカル5G実験試験局を備えるOKI本庄工場の通信機器製造ラインで実施した本システムの実証実験では、高精細映像をローカル5Gネットワークで伝送し、AE2100で映像解析した結果、作業ミスの見逃し“0”化とともに、製造工程全体の作業時間を15%削減する効果を実証しました。従来熟練を要した目視検査工程を自動化したことで、作業者の負荷軽減効果も期待できます。
OKIは本システムを、スマート工場を実現するManufacturing DXのソリューションの一つとして販売し、今後3年間で10億円の売り上げを目指します。引き続き、本庄工場をはじめとする自社工場でのManufacturing DX導入実績・ノウハウを活かしてAIエッジ×5Gの各種ソリューションを提供し、製造業の現場力強化およびITとOTの改革に貢献していく方針です。

外観異常判定システムの概要

機能概要

「外観異常判定システム」の主な機能は以下の通りです。

現場端末に実装される機能

・生産管理連携
・エッジ連携(工程制御)機能
・判定結果表示

AIエッジに実装される機能

・画像前処理:背景差分での物体検知
・画像解析※による外観異常検知

管理サーバーに実装される機能

・製品情報+判定画像保存
・検査履歴、画像データの取得(WEB)
・アクセス権制御
・画像判定項目設定(DLモデル生成)
・外部システム連携(個別対応)

 

製造現場のなかでも特に熟練者の技術・経験を必要とする検査工程にAIを取り入れて省力化・自動化を実現する、OKIによる映像AIソリューション「外観異常判定システム」に注目です!
 

最新情報をチェックしよう!
企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG