E資格の過去問とは?E資格の過去問状況と試験対策の方法まとめ

こんにちは。AI研究所のマサミです。
E資格は、データサイエンティストやAIを実装する技術者になるための資格でもあります。
そのため、E資格を取得して、IT業界で活躍できる人材になりたいと思っている人も多いでしょう。
E資格を手に入れるためには、受験をして合格しなければなりません。
難易度が高いとされているE検定の試験対策では、過去問研究から始めるのが常套手段ということがよく知られています。
E資格でも過去問を解くことから始めるのがベストなのでしょうか。
この記事では過去問の状況とE資格の試験対策の仕方について解説します。

まずE資格とは何か

E資格の過去問は公式には無い
E資格は一般社団法人ディープラーニング協会(JDLA)による認定資格の一つで、G検定と並んでAI分野で重視されています。
G検定がジェネラリスト向けの検定なのに対して、E資格はエンジニア・技術者向けの資格になっています。
G検定もE資格もディープラーニングに関する基礎から応用までの幅広い理解を持っていることを示す資格です。
画像解析や音声認識によるデータの収集と分析によるビジネスでの活用は、日々成長していて多くの人材が必要となります。
IT業界、特にAIを扱う業界では、AIの実装が出来るプログラマーや技術者が必要です。
E資格はより実践的な知識と技術が求められるのが特徴で、理論を理解しているだけでなくPythonによるプログラミングをして実装できる程度のスキルを求められます。
ニューラルネットワークやディープラーニング、AIに関する基本的な知識はすでに持っている想定で問題は出されます。

E資格に合格できる目安

AIエンジニアとして開発現場に入ったときに、適切なやり方でディープラーニングを実装できるくらいに成長するとE資格を取得可能です。
E資格は、多肢選択式の知識問題を解いて合格ライン以上になれば取得できます。
出題範囲は日本ディープラーニング協会(JDLA)のホームページでシラバスが公表されています。
E資格は応用数学、機械学習、深層学習、開発・運用環境の四つから構成されているのが特徴です。
応用数学では線形代数や確率・統計、機械学習では実用的な方法論、開発・運用環境ではミドルウェアなどが出題範囲になっています。
深層学習の試験範囲は広く、順伝播型ネットワークや畳み込みネットワーク、強化学習などの近年主流の考え方を一通り理解していることが求められます。
試験範囲は毎回少しずつ変更されているため、次回の出題範囲を確認してから試験対策を進めることが必要です。

E資格を受験する前にやらなければいけないこと

E資格の受験にはJDLA認定プログラムを修了していることが求められます。
JDLA認定プログラムは日本ディープラーニング協会によって認定を受けた公式プログラムで、ディープラーニングについての基礎から実践的な技術まで学ぶことが可能です。
基本的にE資格のシラバスをカバーするセミナーになっているため、JDLA認定プログラムで学ぶのは効果的な試験対策になります。
E資格の概要と、合格者へのインタビューで勉強方法を知りたい方はこちらの動画をご覧ください。

E資格の過去問の実態

E資格取得までの道のりE資格の過去問研究から始めて受験対策をしたいと思ったときに、書店やオンラインストアを探してみても見つからないでしょう。
日本ディープラーニング協会(JDLA)のオフィシャルサイトを見ても過去問をダウンロードすることも、取り寄せることもできません。
実はE資格の過去問は一切公開されていないのが現状です。
日本ディープラーニング協会では試験問題の公開を禁止していて、E資格を受験した人も情報を公開してはならないと定めています。
そのため、E資格では過去問研究による試験対策を行うことが基本的にはできません。
この実態はE資格の受験者のブログやSNSの口コミからもわかります。
実際にG検定とE資格を両方取得していて、人気プログラマーブログのOreginさんの記事を読めばわかります。
Oreginさんによれば、E資格の受験対策は主にテキストや参考書、セミナーに参加することで行っています。
やはり、E資格には過去問は存在していないのです。
大学受験や高校受験、各種資格試験などでは過去問が公表されていて、受験対策として過去問研究をするのが一般的です。
結果として口コミでも過去問と今年は傾向が違った、三年前の過去問とほとんど同じ問題が出題されたなどといった口コミがよく見られます。
しかし、E資格は受験者の感想を見ても、どの分野の問題の比率が多かったか、知識や技術として何が求められている様子だったかといった内容が多く、過去問への言及がありません。
過去問の内容の漏洩もほとんど起こっていないと考えられる状況になっています。
では、E資格に合格するためにはどのような試験攻略法があるのでしょうか。
E資格に関するお役立ち記事をこちらに集めています。

E資格の過去問の傾向と試験攻略法

E資格のセミナー
E資格の過去問は現状のところは公開されていませんが、今後の受験対策でも過去問を利用することはできないのでしょうか。
過去問の公開に関連する状況を踏まえつつ、対策のためにどのような方策を立てたら良いのかを解説します。

G検定の例題は公開されている

E資格についてはどのような問題が出題されているかについて完全に情報が公開されていませんが、G検定については例題が公開されるようになりました。
日本ディープラーニング協会(JDLA)のオフィシャルサイトにアクセスすると、G検定の出題領域ごとに数問ずつ例題が掲載されています。
G検定とE資格では出題の傾向に違いがある可能性はありますが、問題の記述の仕方や選択肢の出し方の傾向をつかむのには活用できるでしょう。

なぜE資格の過去問は公開されないのか

E資格の場合には日本ディープラーニング協会(JDLA)による例題の公開は行われていません。
G検定で例題が公開されたのだから、E資格も例題か過去問が公開されても良いのではないかという考えもできるでしょう。
ただ、日本ディープラーニング協会ではE資格の例題や過去問の公開については言及していません。
今後の対応についてはまだわからない状況なので、どのような見解が発表されるかを常に気にかけておいた方が良いでしょう。
ただ、E資格のシラバスは頻繁に変更されているため、過去問がそのまま役に立つわけではありません。
大半の試験範囲は変更されていないのは確かですが、同じ問題が繰り返し出されるかどうかもわかりません。
そのため、例題が公開されたり、過去問が手に入るようになったりしたとしても、どの程度の有用性があるかは定かではないのが現状です。
大学受験などで過去問研究が良いと言われているのは、似通った問題が出題されやすいからです。
E資格の過去問が公開されてから数年間研究を続けるとようやく試験対策としての価値がわかってくるでしょう。

E資格の模擬試験や想定試験は受験可能

過去問が手に入らないとしてもE資格の試験を体験してから本番を迎えたいと思う人も多いでしょう。
E資格の試験は120分で100問も解かなければならないため、どのくらいのペースで解いていったら良いのかがイメージするのが難しいという面もあります。
本番の出題傾向に慣れたり、問題を解くスピードの感覚をつかんだりしたい場合には、E資格の模擬試験や想定試験を受験するのが効果的です。
模擬試験は大学受験や資格試験などの対策としてよく用いられています。
プロがどのような出題があるかを想定して問題を考え、分量も難易度も本番の試験とほとんど同じになるように設計しているのが特徴です。
E資格の模擬試験はE資格対策のセミナーを開催している業者がしばしば実施しています。
E資格対策セミナーの受講者限定で受けられる仕組みになっているのが主流でしたが、中にはセミナーの受講者でなくても模擬試験を受けられるようにしている業者もあります。
模擬試験を受けると内容の解説もしてもらえるため、E資格試験の対策に直結するのもメリットです。
E資格は過去問が入手できないのは確かですが、E資格対策のセミナーを行っている業者では十分なノウハウを持っています。
そのため、出題様式や問題の解答の仕方に慣れる上でも、どのくらいの合格可能性がありそうかを見積もるにも効果的です。
E資格の受験対策について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

E資格の過去問ではなく問題集は販売されている

E資格の過去問は公表されていませんし、取り寄せることもできません。セミナーなどで模擬試験ができない方でも、まったく受験に必要な模擬試験を受けられないわけではありません。
現在では、E資格用のテキスト教材も販売されていて、独学でも学習ができるようになっています。
過去問が公開されていないとしても、このこの教材やテキストを編集している方はE資格への知識や情報を多く持っています。
E資格の対策として、実際の問題を解いていく学習を行うことで試験の対策にもなります。
模擬試験や想定試験と共にテキストで何度も復習をすれば、E資格合格のために必要な知識はついていくでしょう。
E資格に最適な参考書に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

E資格の試験対策は模擬試験を使おう

E資格の過去問以外の勉強法
E資格の過去問は日本ディープラーニング協会(JDLA)が情報を公開するスタンスを示していません。仮に過去問があったとしても、受験対策として有用かどうかもまだわからない状況です。しかし、E資格は試験対策なしで合格できるほど簡単ではありません。そのため、試験の出題傾向や難易度を理解したり、問題を解くスピードに慣れたりするには模擬試験を利用するのが効果的です。E資格対策のセミナーと合わせて受験すると試験対策を進めやすいでしょう。

E資格の過去問について徹底解説
最新情報をチェックしよう!
>企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG