ノーコードで高精度なAIモデル開発ができる「Learning Center」とは?!

こんにちは!AI研究所の見習い研究員Chisatoです。
本日のtopicsは、AI inside 株式会社が提供開始した、ノーコードで高精度なAIモデル開発ができる「Learning Center」をご紹介します。
AIプラットフォームを提供するAI inside 株式会社は、ノーコードで高精度なAIモデル開発ができる「Learning Center」を4月21日より提供開始しました。AIベンダーや開発者に依頼することなく、自社・自部門・自身によるAI導入と運用を低コスト・短期間で実現します。

AI市場の概況

国内のAI市場は2025年度には約2兆円に達する見込みとされ、近年は実証実験から本格導入に移行する企業が増加し、市場全体が大きく成長しています。その背景には、デジタルトランスフォーメーションが求められる企業や自治体における、AI活用よる生産性向上や業務効率化広がりがあります。一方で、AIを導入する際の課題として、AIについての理解不足・導入効果への不安・導入費用の高さ・AI人材不足・手軽に利用できるAIサービスや製品がないことなどが挙げられています。
従来のAI開発のフローは、AI利用の企画・データ収集・学習準備・研究開発・学習・評価・システムインテグレーションまで、AIベンダーや開発者のサポートが必須でした。AIベンダーや開発者にAI導入を依頼する場合、業務における課題や現場のノウハウを伝えるためのコミュニケーションが必要であることと、システム構成の検討や実証実験の実施など、導入までの期間が長期となることも、AIが簡単に導入・活用できない要因となっています。
労働生産人口の減少が問題視されるなか、あらゆる企業・自治体におけるAI活用は避けて通れず、開発者でなくても手軽にAI開発ができるよう、導入障壁を最小化させたサービスの提供が求められています。

「Learning Center」概要

直感的な操作で使いやすい日本語のUIを備え、ノーコードで誰でも簡単に高精度なAIモデル開発ができるサービスです。AI活用を企画・データ収集の後、「Learning Center」上で、データの管理からAIの自動生成・配信までを、AIやプログラミングの専門知識は不要で、簡単な入力とクリックで実行できます。また、ユーザ自ら追加学習による精度改善や他システムとの連携も可能です。「Learning Center」はこれまでのAI開発の常識を覆し、AIベンダーや開発者に依頼することなく、自社・自部門・自身によるAI導入と運用を低コスト・短期間で実現します。

利用料金

「Learning Center」はアカウント発行から学習データ作成までは無料で利用可能です。モデルを設計した後、学習と推論に対して定額の利用料金が利用月のみそれぞれ発生します。学習(作る)は月額10万円、推論(使う)は月額3万円で利用可能です。

活用想定シーンの例

1.独自フォーマット帳票から文字を読み取り(非定形帳票 AI-OCR)
2.外観検査(設備のメンテナンスなど)
3.品質管理(検品・不良箇所の検知など)
4.安全管理(異常検知など)
5.医療における画像診断補助

今後の展開

AI inside は「Learning Center」の提供を通じて、エンタープライズのみならず中小企業においても、AI導入・活用を推進していきます。あらゆる業界で、業務の中で課題を感じている人が「Learning Center」でAIを自作することで、AIが分散的に生まれる社会を目指します。
さらに、AI inside は「Learning Center 」で作ったAIをシェア・販売や、他のユーザが作ったAIを入手・購入するためのマーケットプレイスの構築を予定しています。このマーケットプレイス上では、自作したAIを出品したユーザは収益を得ることができ、AIを入手したユーザは開発リソースやコストを抑えてAIを活用できるようになります。

 

AIを自作し低コスト・短期間でAI導入と運用が可能になる「Learning Center」に注目です!

最新情報をチェックしよう!
>企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG