E資格の難易度とは?E資格の実態と高い難易度の攻略法を紹介!

こんにちは。AI研究所見習い研究員のマナミです。
AIや機械学習、データサイエンスがDX化に重要な位置を占めるようになりました。DX化は今や国家戦略とも言えます。
その流れで、G検定やE資格を取得したいという人も多くなってきました。
ただし、E資格の試験が概して難易度が高いことが多いので、自分でも合格できる可能性があるのかが不安になっている人もいるでしょう。
この記事ではE資格の難易度の実態をわかりやすく紹介します。
その上で、いかにしてE資格の試験を攻略して合格するべきかも解説するので参考にして下さい。

E資格とはそもそも何か

E資格を受験する人
E資格の難易度や受験対策を知る前に、まずはそもそもE資格とは何かを簡単に確認しておきましょう。
E資格とは一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)が運営している資格制度の一つです。
AIに関する幅広い知識を問われるG検定と異なり、E資格はプログラミングや応用数学など実践的な内容が問われます。
日本ディープラーニング協会では、AI技術の中でも特に重要視されているディープラーニングについて知識や技術を持っている人材の創出を目指して様々な取り組みを行っています。
E資格はその取り組みの一つで、ディープラーニングに基づく技術開発や、実装能力を持つエンジニアの創出を目指して作られた資格です。
日本ディープラーニング協会ではジェネラリストとして十分な知識を持っている人のためのG資格も用意し、双方の有資格者の協力によって新しい価値を持つ技術が生み出されると期待しています。
E資格はエンジニアがディープラーニングを利用して、高度な開発を行える知識や技術を持っていることを示すのに最適な資格です。
AI技術の活用はあらゆる分野で進行しているため、IT業界だけでなく様々な業界での商品・製品開発やサービス開発に関わっていく上で重要な下地になります。
そのため、AIエンジニアとして成功したい、将来性の高いエンジニアになりたいという人からE資格が注目されるようになっているのが現状です。
その注目は、ますます大きくなっていくでしょう。
G検定の合格率や難易度を知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

E資格の難易度を多角的に見てみよう

E資格の学習に頭を悩ます男性E資格を取得すればAIエンジニアとしての活躍の可能性が切り開かれますが、難易度があまりにも高いのなら躊躇してしまうという人もいるでしょう。
SNSなどの書き込みでは、難易度の勝手なイメージがついてしまいがちです。
まずは、E検定の難易度や合格率の推移の事実をデータを元に確認しましょう。
ここでは合格率だけではなく、多角的にE資格の難易度を解説するので参考にして下さい。

E資格の試験概要

E資格の試験がどのようなものかをまずは見てみましょう。
E資格は受験資格が定められていて、試験日から遡って二年以内にJDLA認定プログラムを受講していることが必要です。
JDLA認定プログラムには様々な種類がありますが、どれも受講資格は必要ないので時間さえ確保できれば受験資格を満たすことはできます。
E資格の試験は選択式の設問になっていて、120分で100問の問題を解かなければなりません。
1問に1分くらいしか時間を割けないことになるため、スピードを要求される点で難易度が高いことがわかります。
また、E資格の試験範囲は毎回シラバスが発表されているので把握するのが比較的容易です。
応用数学、機械学習、深層学習、開発・運用環境の大項目に分かれていて、毎回少しずつ細かな内容は変更されています。
AIの分野は成長速度が速く、新しい知識の取得が求められますし、新しい問題に直面してもいます。
そのため、日本ディープラーニング協会としても項目を固定するのが難しく、ディープラーニング技術の進展に伴って柔軟に変更しているのが実態です。
シラバスが変更されることに加えて、過去問の配布も行われていません。
過去の傾向から次の試験の内容を予測するのが難しいという点でもE資格は難しいと考えられるでしょう。

E資格の合格率の推移

E資格の難易度を知る上では合格率がどの程度かが参考になります。
E資格の試験は毎年1回か2回行われていますが、合格率については60%台を推移しています。
2021年の1回目の試験については合格率が78.44%で過去最高の水準になりました。受験者数も多く、E資格が始まってから年月も経ったのでしっかりと勉強した人の受験が目立ったと考えられるでしょう。
リモートワークの推進の影響もあり、受験対策の勉強をしやすくなったのも合格率の上昇を後押ししています。
SNSなどの書き込みでは、多くの名無しIDの方からE検定の難易度が高すぎるという叫びも聞かれますが、合格率自体は70%台もあるのです。
もちろん、E検定を受験した方々の中には、ITやAIを扱う業界で働いている専門家も含まれているため、合格率だけではE検定の難易度を計ることはできません。

E資格の難易度調査の結果

E資格の難易度については試験対策のサポートや模擬試験を実施している民間企業によって難易度調査が実施されています。
合格率が高かった2021年度第1回の受験者に対するアンケート調査が実施され、主観的な難易度や必要と想定される勉強時間などが集計されました。
受験者が感じた難易度としては、想定よりやや難しかったという意見が38.24%を占めていて、想定通りだったという33.82%を合わせると7割以上です。
想定よりかなり難しかったという意見も8.82%を占めています。
このアンケート調査の母集団は68名を対象としたもので、内訳としては合格者が85.29%、不合格者が14.71%です。
実際の合格率よりも合格者の比率が高いことを考慮すると、やや難易度が低く評価されている可能性が高いでしょう。
このようなサービスを利用して合格を目指していたエンジニアのみが母集団となっている面もあるため、実際にはE資格はかなり難易度が高いと考えるのが妥当です。
E資格の難易度をもう少し詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

難易度の高いE資格をクリアするセミナーのメリット

難易度の高いE試験の勉強をする女性
難易度の高いE資格は、独学よりも誰かに教えてもらった方が合格に近づきます。
現在では、優良な教材もAmazonなどで購入できますので、独学も可能ではあります。
しかし、独学でE資格の合格するためには、難易度がどうしても上がってしまうのが現実です。
そのため、E資格の合格を目指すためにはセミナーを使うのがおすすめです。
ここではセミナーを利用すべき理由とメリットを一覧にしました。
この理由一覧を参考にして、セミナーの活用を前向きに検討してみて下さい。

E資格セミナーのメリット①JDLA認定プログラムは受験に必須だから

E資格の受験資格としてJDLA認定プログラムを修了することが求められているのがセミナーを利用すべき理由の一つです。
セミナーの中には当然ながらJDLA認定プログラムも多数あります。
JDLA認定プログラムの受講をしながら、E資格に特化した内容を学べるのはセミナーのメリットです。
効率性を考えるとセミナーの活用は魅力的な選択肢でしょう。

E資格セミナーのメリット②短期攻略できるように設計されたセミナーが豊富にあるから

E資格対策のセミナーは短期攻略できるように設計されているものがたくさんあるのも理由です。
わずか数日間の受講でE資格対策を行えるセミナーも多数あります。受講時間外に自分で実践的なトレーニングを積む時間も必要になりますが、短期集中で数週間や数ヶ月くらいの勉強をすれば合格できる可能性を切り開けるのがセミナーを活用する利点です。

E資格セミナーのメリット③初心者向けのセミナーが開催されているから

E検定のセミナーでは初心者向けの講座も開催されています。
E資格を取得したいけれど実力的にはまだ初心者だという人もいるでしょう。
AIの知識もあまりないという人でも基礎から学べる初心者向けのセミナーが開催されているので心配ありません。
ディープラーニングの概念から詳しく説明し、Pythonなどを使ったプログラミングの方法まで体系的に学べるセミナーです。
これから勉強してもE資格を取るのは無理ではないかと思っている初心者の人も気軽に受講できるでしょう。

E資格セミナーのメリット④目的別・分野別に弱点を克服できるから

E資格対策のセミナーは初心者向けに全体を学べるものだけでなく、目的別のセミナーや分野別のセミナーもあります。
「機械学習が苦手で補強したい」、「応用数学が弱点だと分かったから何とか対策したい」といった声にも応えてくれるのがセミナーの魅力です。
分野特化型のセミナーでもJDLA認定プログラムになっているものが多数あるため、苦手分野だけ克服してすぐに受験したいという人にも活用できます。
セミナーに参加すれば、講師もつきますので自分自身が理解できない部分を質問して専門の講師によってフィードバックをもらう事も可能になります。
E資格の内容や、セミナーの情報について以下の動画で詳しく解説しています。

E資格はセミナーを使って攻略しよう

E資格の受験をする女性E資格を取得してディープラーニングを活用できるエンジニアとして活躍できるようになりたいと思っても、かなり難易度が高いのは紛れもない事実です。
E資格を取得することは、資格によって客観的なスキルや知識を持っているという証明だけではなく、実践的なスキルや知識をつける事でもあります。
つまり、独学よりも専門の講師に教えてもらった方が、E資格の試験を合格する確率は高まりますし、仕事を始めた瞬間から実践で使用できるスキルや知識も身に着けられます。
しっかりと勉強して対策を立てる必要がありますが、時間があまりない人も多いでしょう。
また、長期的にしっかりとした学習計画を立てたい方もいるでしょう。
自分の都合に合わせてセミナーを賢く利用することがE資格の試験合格のコツです。
セミナーを使えば効率的に学んで試験を攻略できます。
自分に合っているセミナーを受講してE資格の取得を目指しましょう。

E資格対策
最新情報をチェックしよう!
>企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG