【2021年最新】E資格とは?おすすめのJDLA認定講座や概要、E資格の学習方法も紹介

こんにちは、AI研究所のマサミです。
AI関連の仕事への転職を考えている方や、すでにエンジニアとして勤務している方は、「E資格」というものを聞いたことがあるでしょう。
今、エンジニアの間で話題になっている、一般社団法人日本ディープラーニング協会(以下JDLA)主催のディープラーニング検定「E資格」。
就職や転職にも有利になるE資格ですが、実際にE資格がどんな資格なのか、いまいち概要が分からない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、E資格の受験を検討中の方に向けて、E資格の基本的な概要と必須となる講座について解説していきます。

E資格対策ディープラーニング短期集中講座

E資格とは?

E資格とは?

「E資格」とは、ディープラーニングを実装するためのエンジニアの技能を認定する、AIエンジニア向けの資格です。
この資格に合格すると、ディープラーニングの理論を理解し、AIにディープラーニングを実装するために必要な能力や知識を有していることが認定されます。
そのためE資格は、AIエンジニアとして就職や転職を考えている方や、すでにエンジニアとして勤務していてディープラーニングについてもっと深く理解したい方に人気の資格試験です。
E資格は、日本の産業競争力の向上を目指し、エンジニアがAIを軸にした技術を高めるために「一般社団法人日本ディープラーニング協会」(JDLA)が創設しました。
2021年4月現在、E資格のような資格は日本以外には存在せず、世界初のAIエンジニアの資格となっています。
「日本はAI後進国だ」というような声もありますが、こうした資格が存在することからも、日本国内ではAI技術が非常に重要視されていることがわかるでしょう。
またAI技術は世界的にも注目されている技術ですから、E資格を取ってAIエンジニアとして活躍できるようになれば、世界中で活躍の場ができるかもしれません。
E資格は、トヨタ自動車、Preferred Networks、NVIDIAなど世界のAI技術を牽引する企業が監修・協賛しているのが特徴です。

E資格の出題内容

E資格では、一般的なAI知識の他、応用数学、機械学習、深層学習の応用など深層モデルの構築、Pythonを使ったプログラミングまで幅広く出題されます。
E資格を受験するためには、協会が認定したプログラムを終了することが条件となっています。このプログラムは年3回開催されます。
E資格は、基礎編となるG検定の応用編となっており、両方を資格取得することでAIエンジニアとして就職や転職に使うことができます。
そのためG検定を受けたことがなく、これからAIについて学ぶという方は、まずG検定合格を目指して学習を進めると良いでしょう。
G検定については、下記の記事で詳しくご説明していますので、興味がある方はこちらもご確認ください。

G検定とは?G検定の過去の問題傾向や合格ラインを徹底解説

G検定の対策とは?合格者や対策方法を把握してG検定の難易度を攻略しよう

E資格の受験料は?     

そんな就職や転職で使えるE資格試験の、気になる受験料は下記の通りになっています。

  • 一般 32,400円 (税込) 
  • 学生 21,600円 (税込) 
  • JDLA正会員・賛助会員 27,000円 (税込)

学生が一番安くE資格を受験できるので、就職を控えた学生の方は今のうちに受験しておくとお得ですね。
また、将来転職する場合に備えて、E資格を学生のうちに取得しておくのもおすすめです。

E資格を受けるメリット

E資格を受けるメリット

E資格を受ける最大のメリットは、AI関連の実践的な知識が身に付くことでしょう。
受験の条件となっているE資格認定講座の受講では、AIに必要な応用数学を体系的に学習でき、E資格に限らない機械学習や深層学習の実践的なスキルを身につけることができます。
また、E資格の取得を通して、講座で人脈を広げることができるのも大きなメリットです。
E資格に合格すると専用コミュニティが用意されており、業界の他社エンジニアと情報交換したりして人脈が広がり、転職など自身のキャリアアップにも役立ちます。
E資格はベンダー資格ですが、今後のAIの普及により付加価値の高いものとなることが予想されます。ですから今後さらに就職や転職活動でもE資格は有利になるでしょう。
履歴書の資格欄にE資格を記載しておけば、AIプログラミングに関しての知識があるとすぐに理解してもらえます。AIエンジニアへの就職や転職活動を控えている方は、E資格の取得がおすすめです。

E資格の難易度・参加者の特徴

E資格の難易度・参加者の特徴

E資格は、2018年9月に第1回目回の試験が開催されました。当時の試験の受験者数は387名、合格者は245名、合格率は 63.31%でした。
また、E資格受験者の年齢層は10代から60代までと幅広く、最も多い年齢層は20代、 次に30代と続き、全体の70%を占めています。
E資格受験者の業種は、ソフトウェア業と情報処理、提供サービスが全体の60%となっています。
その他の業種では、通信業・金融・不動産業・医療・就職を控える学生、転職を考えている他業種の方と、幅広い業種の人がE資格の取得を目指しています。
日本政府はAI人材育成に積極的に力を入れており、多くの企業もAI事業を視野に入れています。
ですから、今後どんどんAI人材の求人が増えていくことが予想されます。
今後のキャリアアップのためにE資格を取得して、将来に自己投資したり、転職したりする人が増えていくでしょう。

E資格を受けるには講座の受講が必須!?

E資格を受けるには講座の受講が必須

E資格試験を受験するには、JDLAが認定したプログラムの受講を修了する必要があります。
ただ転職を目指すなどしてE資格に受かりたい!と言って受験しに行っても、試験を受けることさえできないんですね。
E資格の講座時間は開催会社によりますが、平均約40時間〜50時間(約2ヶ月)程かかり、講座の受験料は約20万円~45万円となっています。
E資格の受験費用とは別に時間と費用がかかるため、計画的に学ぶことが大切です。
また、E資格の講座の受講は時間がかかるため、仕事をしながら転職活動やE資格の講座を受講するのはなかなか大変です。
その点、AI研究所が開催しているE資格対策ディープラーニング講座なら、4日足を運んで頂くだけでE資格検定に参加することができるようになります!
詳しくは、「E資格対策ディープラーニング講座」のサイトをご覧ください。

E資格対策ディープラーニング講座

費用も、他社より格安にE資格講座を受講できるようになっています。
ここで、E資格に関してはディープラーニング協会の関連本を購入すれば独学でも学習できるのでは?と思う方もいるかもしれませんね。
しかしAI研究所の対策講座では、本では学ぶことができないことが多く学べます。
さらにAI研究所のE資格対策講座の講師群は、現役AIエンジニア揃い。
応用数学は数学教育の専門家、機械学習は機械学習のAIエンジニアが担当しています。
ですから、論文に記載されている計算の途中式から質問ができたりなど、リアルタイムで専門家に質問ができるという大きなメリットがあります。
また、結局JDLA認定のプログラムを受講しないとE資格を受験することもできないので、必ず受講しなくてはなりません。
つまり本で学習するだけでは、E資格を取得することはできないのですね。
短期間で料金も安く学習できるので、学生の方や転職活動で時間のない方でもAI研究所のE資格講座はおすすめできます。

E資格に合格するためにおすすめなJDLA認定のE資格対策講座

おすすめのJDLA認定のE資格対策講座

就職や転職で有利になるE資格の受験資格を得るために必要なJDLA認定プログラムは、多くの業者が実施しています。
そのなかでもおすすめの講座は、「E資格対策ディープラーニング短期集中講座」です。
このE資格講座のおすすめポイントは、以下の通りです。

  • 圧倒的に価格が安い
  • AIの実務経験豊富な講師がどんな質問にも答えてくれる
  • E資格特化の短期集中セミナーなのでポイントを絞った解説をしてくれる

これらのポイントについて、さらに詳しく解説していきます。

E資格の講座の中でも圧倒的に価格が安い

他のE資格のJDLA認定プログラムの値段を調べていると、価格が30万円前後というところが多く、講座によっては60万円近くするところもあります。
ですが、AI研究所はなるべく多くの人にE資格を目指して勉強してほしいという思いから費用をグッと抑えて、チャレンジしやすい価格にしました。
料金が168,800円からというのは、業界でも破格の設定になっています。

AIの実務経験豊富な講師がE資格に関するどんな質問にも答えてくれる

AI研究所のE資格の講座は、価格は安くても質の高いサービスを担保します。
その1つとして、E資格関連の実務経験が豊富で、何よりも「わかりやすく教える能力」に長けた講師が揃ってるということが挙げられます。
E資格初心者の方や他業種からIT分野に転職をお考えの方でも、E資格について誰にでも理解できるようにわかりやすく丁寧に教えてもらえるため、専門用語などがわからなくても全く心配はありません。
E資格に合格するためには、機械学習や応用数学などの専門的で難易度の高い分野の学習が必要ですので、どんな質問でも答えてくれる講師は資格対策の上で重要なポイントです。
E資格セミナーの内容でわからないことがあったら、講師が個別に質問に答えてくれるのでアフターフォローもバッチリです。

短期集中セミナーなのでポイントを絞った解説をしてくれる

実務で使えるE資格対策ディープラーニング短期集中講座は、1ヶ月の短期集中講座になっています。
ダラダラと長く時間をかけるわけではなく、1ヶ月という短期間で行うので、転職活動などで時間のない方でも負担になりません。
さらに短期講座とはいっても、講座の内容は常に最新のE資格試験に完全対応しています。
短時間でのE資格セミナーではありますが、日本ディープラーニング協会にて規定されている出題範囲をすべてきちんとカバーしているのです。
E資格講座の内容は、ディープラーニングを実装できるエンジニアのスキル獲得という側面もあります。実務で使う環境構築なども身につけることができますので、就職や転職に必要な実践的なスキルを身につけることもできます。
E資格取得は、ITエンジニアからAIエンジニアへの転職にも役立つことは間違いありません。
転職をお考えの方などは、この機会にぜひE資格セミナーを受講されてみてはいかがでしょうか?


https://ai-kenkyujo.com/ai-e-shikaku/
E資格対策ディープラーニング短期集中講座

E資格対策講座のプログラム内容例①応用数学

E資格対策講座のプログラム内容例①応用数学

それでは、E資格を受けるために必要な認定プログラムはどのような内容なのでしょうか?
ここで簡単にご紹介していきたいと思います。
E資格ではまず、応用数学の知識が必要になります。
具体的には、「線形代数、確率、統計、情報理論」といった知識。
E資格を受験する際にはこうした知識をつけておくことが求められるのです。

E資格の認定プログラム内容例②機械学習

E資格を受けるにあたっては、機械学習の知識についても必要となります。
プログラムの内容としては、実用的な方法論があります。
ディープラーニングに限らず、E資格ではAI機械学習全般に関する知識が求められるのです。

E資格の認定プログラム内容例③深層学習

E資格の深層学習については、下記のようなプログラム内容になっています。

  • 順伝播型ネットワーク/CNN
  • 深層モデルのための正則化/最適化
  • 回帰結合型ニューラルネットワーク
  • 生成モデル
  • 強化学習

E資格受験にあたってJDLA認定のプログラムを受講し、これらの知識を習得する必要があります。

E資格の認定プログラムは誰でも受講できるのか?

ここまでE資格のJDLA認定プログラムの内容について触れてきましたが、実はどんな方でもプログラムを受講できるというわけではありません。
JDLAが認定したE資格関連のプログラムを受講するには、前提として線形代数、微分、確率・統計の基本的な知識が必須なのです。
他にも、E資格ではPythonのPandas、NumpyなどのPythonライブラリの基本的な使い方を身に付けている必要があります
E資格の試験の内容は口外禁止されているため、E資格の過去問題集の情報を持っている企業も限られています。
ただ、AI研究所のディープラーニング講座ではE資格の過去問の傾向はしっかりと抑えています。
E資格の数学・統計の難易度は高くはありませんが、特異値やベイズ、最新の機械学習系の論文を追っていなければ難しい問題もあります。
こうした問題を、AI研究所のディープラーニング講座では、しっかり解説していきます。

E資格とは?まとめ

E資格とは?まとめ

今回はE資格の概要や必須講座の内容についてご紹介しました。
E資格は実践的な資格でありながら、深層学習・機械学習の理論といった専門的な知識も求められます。
E資格に対応した講座は時間と費用がかかるのがネックです。
しかし、就職や転職で有利になったり、AIエンジニアの求人に応募できたりするなど、コストに見合った価値を得ることができるという大きな魅力があります。
今後は、AIエンジニアの急速な需要に伴ってE資格の注目度も高まり、資格取得の価値が上がっていくと見込まれます。
この機会に、ご自身のキャリアに自己投資したり就職や転職で使ったりするためにも、E資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

E資格とは?おすすめのJDLA認定講座や概要、学習方法も紹介
最新情報をチェックしよう!
>企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG