G検定資格の過去問はどんな問題?試験の対策情報を活用して合格しよう!

こんにちは、AI研究所のマサミです。
平成も終わり、令和の時代になった今日、AIのビジネスやシステムへの活用はさまざまな分野で注目されていて今後もさらなる成長や発展を遂げるでしょう
それと共に、AIの分野に精通している技術者の確保がどの会社でも重要な仕事になってきています。
そこで注目されているのが、G検定です
今回は、G検定の過去問や難易度、対策方法などについてご紹介していきます。
残念ながら春期の試験は3月で終わってしまいましたが、まだ夏期(7月)と秋期(11月)の試験があります。
G検定を通して幅広い知識を身に付け、仕事に活かしてみてはいかがでしょうか。

AI技術者のスキルを試すG検定とは何か

G検定とは?

まずは、G検定について概要を確認しておきましょう。
G検定は、一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)が実施している検定試験の一つです
E検定と並んでディープラーニングに関連する重要な資格として高い評価を受けています。
E検定がディープラーニングを実装するのに必要な知識やスキルを持っているエンジニア向けの資格なのに対して、G検定はAIやディープラーニングを事業や業務に活用するビジネスパーソン向けの資格です
ディープラーニングを事業に生かすためには、事業を動かしている経営者や管理職、あるいは営業職などのビジネスサイドがディープラーニングの可能性を正しく理解することが必要です。
G検定は、ディープラーニングに関わる知識やビジネスへの応用に関する能力を評価するための検定試験になっています
G検定に合格することで、AIやディープラーニングを活用する事業展開やビジネス戦略の企画立案ができるビジネスパーソンとして認められます。
ビジネスサイドでの評価が高くなるだけでなく、エンジニアからの信頼も厚くなり、協力して新しいビジネスを進められるようになるのもメリットです。
それではG検定の合格を目指して勉強したいと思ったときにどこから手をつければいいのでしょうか。
何かの資格の勉強をしたことがある人は、まず過去問を手に入れたいと考えたのではないでしょうか。
試験対策といえば、過去問を徹底的に研究するのが最適解と考えている人も大勢います。
G検定の過去問を使って対策することはできるのでしょうか。
それでは順番にG検定の過去問と対策の勉強方法について詳しくご紹介していきたいと思います。
G検定についてもっと詳しく知りたい人は下の記事をどうぞ。
過去問の傾向や合格ラインについて解説しています。

G検定とは?G検定の過去の問題傾向や合格ラインを徹底解説

G検定の例題や過去問の出題情報について解説

G検定の試験対策をするために、まずは過去問の研究から始めたいと考えるのは大学受験や高校受験などの経験から考えると妥当でしょう。
過去問を見ると出題の傾向やパターンがわかるため、どのような勉強をすれば合格できるのかを見極めることができます。
ただ、G検定の過去問を研究するのは難しい状況があるので注意しましょう

G検定の過去問は手に入らないのが原則

G検定の過去問は手に入れることができないのが原則になっています。
運営元の一般社団法人ディープラーニング協会は2019年1月24付のお知らせで過去問に関する注意喚起を発信しました。
これは、G検定の過去問が日本ディープラーニング協会の許可を得ることなく販売されていたことを発見し、販売差し止めにしたというものです。
許可を取っていなければ当然著作権の侵害になりますので、真っ当な対応と言えます。
ただ、この影響でG検定の過去問を手に入れるのは困難になっています。
日本ディープラーニング協会でも公式に過去問の問題集は販売していません。
つまり、原則としてG検定の過去問は公開しない方針になっていることがわかるでしょう。

オフィシャルに公開している例題はある

過去問を全て手に入れることはできませんが、G検定の問題としてどのようなものが出題されているのかを知りたいという人は例題を無料で見ることができます
日本ディープラーニング協会のオフィシャルサイトでは、G検定の例題を公開しています。
人工知能をめぐる動向、機械学習の具体的手法、ディープラーニングの概要などの試験範囲ごとに数問ずつ例題が掲載されています。
問題文だけでなく回答の選択肢も与えられているため、出題形式や選択肢のパターンを理解するには十分な情報と言えます。
例題を一つ紹介します。


Q、「強いAI・弱いAI」に関する説明として適切なものを2つ選べ。
1. 「強いAI」は、エキスパートシステムと呼ばれ、現在でも広く実用されている。
2. AGI(Artificial General Intelligence: 汎用人工知能)と呼ばれるものは、「強いAI」により近いものである。
3. 本来の意味での「人間のように考えるコンピュータ」が開発されたことが、第3次人工知能ブームのきっかけである。
4. 国際的な画像認識のコンペティションでは、「弱いAI」が人間を超える識別性能を実現している。


このような問題が出題されます。
基本的に選択式ですが、選択肢は4つとは限らず、7つある問題もあれば、9つある問題もありました。

例題はわずかで解答もなし

G検定のオフィシャル例題は数が決して多いわけではありません。
G検定は問題数が200問以上もありますが、サイトに掲載されているのは十数問程度です。
今後、例題の数が増えていくか減らされるかはわかりませんが、過去問研究と言えるほどの情報量はなく、解けるようになったからといって合格できるとは言えないでしょう。
また、G検定の例題には解答が付いていません
そのため、まだディープラーニングについて学び始めた段階の人では答えがわからず、勉強に有効活用するのは難しいでしょう。
解答・解説が丁寧に付いている過去問題集とは大きな違いがありますので、あくまで出題例として捉えるのが適切です。

G検定試験の対策情報とおすすめの学習方法

過去問の研究を通してG検定の試験対策をするのが難しいとなると、どのような対策方法が適切なのでしょうか。
ここでは、G検定の対策によく用いられている3つの方法とその中でもおすすめの方法について解説します。

テキストや過去問を使って独自に学習

G検定 対策テキスト

G検定の勉強方法としてよく選ばれているのが独学です。
いつでも自分のペースで自由に勉強できるのは独学のメリットで、G検定の場合にはG検定公式テキストがありますので勉強しやすいでしょう。
G検定に必要な知識を一通り学べるのが公式テキストの特徴です。
他にも、G検定対策のテキストはたくさん出版されているので、数冊を読みこなして試験を受けて合格を目指すというのが一般的によく選ばれています。
自分で勉強を進められる人にとっては魅力的な方法でしょう。

スクールに通って学習

G検定 オンラインスクール

スクールに通って資格試験対策をするのは人気の方法ですが、G検定についても対応しているスクールがあります。
数ヶ月くらいのスケジュールで講義が行われており、ディープラーニングの基礎から試験対策までを幅広くカバーしているため、初心者でも合格を目指しやすいのが魅力です
ただ、G検定に対応しているスクールはまだ少ないため、選択肢があまりないという欠点はあります。
自分に合っているスケジュールで学べるか、内容が期待と合致するかをよく考えて選ぶのが大切です。

セミナーでJDLA講座を受講する

セミナーの受講もG検定の対策としてよく選ばれている方法です。
G検定対策のセミナーは数日間から数週間で終わるプログラムのものが多く、オンラインで気軽に受講できるのが一般的です
自分のペースで自由に講義を視聴できる仕組みになっていて、都合に合わせて勉強を進められるセミナーが多くなっています。
短期間でディープラーニングの理解があるビジネスパーソンになれるように工夫されているため、すぐにビジネスに生かせるほどに成長できるのが魅力です。

セミナー講座がおすすめの学習法と言える理由

前述した3つの勉強方法は、人によって合うか合わないが違うのは確かです。
ただ、迷ったときにおすすめなのはセミナーで勉強する方法です
セミナーは短期間の受講で合格できるようにするため、過去の受講生からの声を聞いて対策を立てているからです。
過去問がなくとも、受講者が経験した内容を生かせば合格に導くための講義や課題を考えられるでしょう。
過去問の勉強の代わりに、G検定で出題される内容を予想した模擬試験を実施していることもよくあります。
また、全額返金保証などの保証が手厚いセミナーもあるため、G検定の合格を目指して取り組みやすいのが魅力です。
オリジナルのテキストも手に入るため、独学を進める際のサポートとしても活用できます。
幅広いニーズに応えられるほどセミナーの種類も増えているため、自分に合っているものを見つけられる可能性が高いのもメリットです。
G検定の対策については別の記事でも詳しく解説していますので、試験に興味がある人はこちらの記事もどうぞ。

https://ai-kenkyujo.com/2020/05/07/gkentei/

G検定の学習方法は過去問よりもセミナーがおすすめ

セミナー

G検定の過去問は日本ディープラーニング協会から一部が例題として公開されているだけで、全ての問題を手に入れることはできません。
過去問の研究から勉強を始めようとしても難しいため、他の勉強方法を検討しましょう。
セミナーは体系的に学べるだけでなく、模擬試験も受けられるのが魅力です。
短時間で知識を付けられるので有効活用しましょう。
他にもYoutubeで過去問の解説をしている動画もありますので、なんでも活用していきましょう。
一つ紹介すると、Yoshitaka TomiyamaさんのJDLA G検定をひたすら2時間近く解説してくれる動画ですね。
すごくいい声をしているので聞き取りやすいですし、コメント欄でもこの動画のおかげで合格したという人がちらほら見かけました。

最新情報をチェックしよう!
>企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG