DX推進とは?DX推進を理解して仕事を戦略的に進めていこう

こんにちは。AI研究所の見習い研究員マナミです。
ITの活用が進む中で、DX推進が唱えられるようになりました。企業は積極的なDX推進が重要だということもよく言われていますが、そもそもDX推進とは一体何なのでしょうか。この記事では、DX推進とは何か、またそのメリットやデメリット、DX推進をする上での注意点を幅広く解説します。DX推進について十分な知識を付けて、企業の成長を戦略的に進めて活用していけるようになりましょう。

DX推進とは何か

DX化を推進する

DX推進とは、DXと略されているデジタルトランスフォーメーションを積極的に進めていくことを指します。
DXとはデジタルトランスフォーメーションであり、アメリカではトランスフォーメーションを「X」で表すためDXという呼称になりました。
デジタルトランスフォーメーションの概念は、2004年の時点でスウェーデンのエリック・ストルターマンによって提唱されていましたが、近年話題になっているDXは2018年に経済産業省が広めたものです。
経済産業省では「デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのガイドライン」を策定し、民間企業や行政、学校に至るまで積極的な推進を行っています。
日本で広まっているDXとは企業がビジネスにおいて、データとデジタル技術を活用して事業やビジネス、業務や企業文化などに変革をもたらし、競争上の優位性を確立することを指します。
DX推進は、経営や事業にデータベースの有効活用と情報技術を生かして大きな変革を起こすように進めることです。
これまでもITの活用は進められてきましたが、あくまでビジネスツールとして業務の効率化のためだけの利用範囲に留まるものがほとんどでした。
業務効率の向上を目指してシステムを導入したり、電子文書の利用の動きに追いつくために電子文書ツールの利用を開始したり、通販のニーズに応えるためにECサイトを構築したりしたというのが典型例です。
しかし、DXではデータとデジタル技術に着目してツールとして用い、新しいビジネスを生み出したり、イノベーションを起こしたりするのが基本概念です。
DXXによって大きく躍進を遂げた指標となるのが、アメリカや中国の新しい企業です。
アメリカや中国にある世界の経済を牽引している企業の多くは、DX推進に多額の資産を投資して、広告やマーケティングの分野にまでデジタルトランスフォーメーションを活用しています。
その投資によって、知名度としても経済力としても大きく成功をしています。
現在では、目的を達成するための手段を考えてITを使うのではなく、手段としてのITを理解した上で最大限にビジネスに生かす方策を考えることがDX推進では求められています。
DXについては、こちらの動画でもわかりやすく解説しています。

DX推進のメリット

DXは至る部分で人の生活に役立っている

DX推進は企業にとってどのようなメリットをもたらすのでしょうか。
DX推進をしていくにしても、目標となるその効果を知っておかなければいけません。
メリットを知っておかなければ多額の投資を行うことが出来ないからです。
ここからは、本格的なDX推進に投資をした結果として、企業側に何が得られるのかを詳しく見ていきましょう。

競争力が新しい形で強化される

DXは企業が競争力を生み出して優位な立場に立つための取り組みです。
現在、企業の競争力を高めるためには情報収集やデータ収集が必須です。
もちろん、情報やデータは収集したのちに分析にかけなければいけません。
膨大な量の情報やデータを分析し管理できるのは、AI技術などを駆使したDXに他なりません。
データ分析などの技術の導入に成功した暁には競合他社との間に高い競争力を手に入れられるため、収益性が高い事業を継続的に展開できると考えられます。
競合他社に対する十分な優位性を確保すれば、安定経営を続けられる基盤ができるでしょう。
DXではデータに基づく独自性の高い基盤を作れるのが特徴で、不動の地位を獲得できる可能性を秘めています。
IT技術のシステムによる商業利用に関してはこちらの記事でも詳しく解説しています。

リソースの最大限の活用を目指せる

DXによるビジネスの遠隔化

DX推進によってリソースを最大限に活用できるようになります。
デジタル化による業務効率化や生産性の向上を進められるだけでなく、人材配置や業務配分なども考慮したシステムを稼働させることも可能だからです
書類の電子化やペーパーレス化、作業の自動化などによって無駄な業務の削減を実現でき、人手不足の現場でも業務を滞りなく進められるようになります。
また、これまで人材と時間を割いて行っていた事務手続きなどの業務も、全てコンピューターに任せることができるようになります。
このことは、新しい企画などの着手に人材を再配置できます。
データを取り出す際にもサーバーを共有させておけば、社内での部署が異なる人材同士でも情報を共有しながら協力して事業を進めることもできます。
経営には、人材の育成にもコストはかかります。
しかし、育成のためのガイドラインの構築もDXによる社内一括管理によって、コストを大幅削減も実現可能なのです。

ニューノーマルへの対応力が高まる

DX推進はニューノーマルへの対応力を高めるのにも直結する取り組みです。
働き方改革や緊急事態宣言などの影響を受けて、社員の働き方も人々の暮らし方も大きな変化を起こしています。
リモートワークの導入や推進、消費者の志向や市場の動向の調査などを迅速に実施可能な基盤ができるのがメリットです。
新しい事業を起こすことへの抵抗も少なくなり、時勢の変化に応じた柔軟な対応を行えるようになります。

DX推進によってイノベーションを起こせる

DX推進は目的志向ではなく、手段活用という視点での取り組みです。
データやデジタル技術から考えて、どのようなビジネスができるかという角度からブレインストーミングをすると新しい価値を生み出すイノベーションを起こせる可能性があるのもメリットの一つです。
新しい価値の創造を可能にするDX推進は、企業価値を高めるのことに直結します。イノベーションをきっかけに新しい事業展開の道を切り開ける可能性もあります。

DX推進のデメリット

DX化の推進でビジネスの効率化

DX推進のメリットは多いのは確かで、大きな期待を持つこともできます。
しかし、いざ推進しようとすると大きな課題が生じがちです。
新しい試みを開始するにしても、あらかじめデメリットや問題点を把握しておけば、柔軟に問題に対処できます
DX推進にはどのようなデメリットがあるのか解説していきます。

データやデジタル技術への深い理解が必要になる

DX推進のためには現場の社員だけでなく経営者もデータやデジタル技術への深い理解を持つことが不可欠です。
企業活動を推進する立場の経営者がDXの基盤となるデータや技術の価値を理解し、どのような可能性を秘めているかを認識していなければ事業展開にはつながりません。
そして、経営者によって打ち出された方針を正しく理解し、具体的な方策に落とし込める現場の社員もいることでDXが可能になります。どちらの教育が不足していても推進が難しいのが問題点です。
DX化のための人材育成について詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

DX推進するための初期コストが大きい

DX推進の実現にはコストがかかるのがデメリットです。IT機器やシステムの導入が必要になるケースが多く、初期コストは特に大きくなる傾向があります。変革を起こしたときには社員教育も必要になるため、研修の実施コストも負担することになるでしょう。規模が大きい企業ほどコストも高くなるため、なかなかDXに踏み切れないのが悩ましい点です。

手段の選定を誤ると逆効果になるリスクがある

DX推進の方向性を誤ったり、手段の選定ミスをしたりするとメリットを享受できないのも問題点です。費用対効果が低くなるどころか、現場が混乱して業務に支障が生じてしまうリスクもあります。逆効果になってしまわないように内容を慎重に選定し、スケジュールを立てて計画的に実施することが求められます。実施負担が大きいという点もDX推進のデメリットです。

DX推進をする上での注意点

DXの推進でどこでも仕事が出来る

DX推進をする際には押さえておかなければ失敗につながる注意点があります。
ここで重要なポイントを理解して成功につながるDX推進を行えるようになりましょう。

ITを使えばDX推進というわけではない

DX推進はIT活用と同義ではないので注意しましょう。
DXで重要なのは、デジタル技術によって今までは考えられなかったような変革を企業が自ら起こすことです。
この業務システムを導入すれば作業効率が向上する、という宣伝文句を聞いて導入したというのはIT活用ですが、DXではありません。
自社データベースを活用するシステムを新たに開発して、顧客満足度の高いサービスを提供できるようにするといった形でビジネス展開も視野に入れた抜本な革新を目指すのが大切です。
DX推進は顧客へのサービスの質を更に高めるために活用していくためのものなのです。

DX推進をしても価値を生み出せなければ意味がない

DX推進は価値創造をしなければ意味がないので注意が必要です。
企業としての競争力を強化し、収益性を高めるためには大きな価値を生み出さなければなりません。
これまでに人間が行っていた機械的な業務をコンピューターが代替するようになれば、事務的な業務を行っていた人材には時間が産まれます。
時間ができれば、機械では考えられないような発想で新しい価値を生む努力が必要です。
他の企業にはない新しい価値を生み出すためにデジタル技術を活用するというスタンスでDX推進を行うようにしましょう。
近年では、自社のサイトを訪れた方に対して24時間365日対応できるチャット機能を搭載したホームページも多く現れてきています。
カスタマー向けのチャット機能に関する記事はこちらをご覧下さい。

価値のあるDX推進を進めよう

DXでマーケティングもできる

DX推進によって、これまでに企業が提供していたサービスもさらなる進化を期待できます。
DX推進によって、データ分析ができれば、顧客のニーズを細かく把握することが可能になります。
顧客のニーズを把握し、サービスや商品に活用することは、競争力や収益性を高め、企業価値の向上につながります。
データやデジタル技術をツールと見なして、事業や業務での活用可能性を検討すると、イノベーションを起こして確かな競争優位性を手に入れられるでしょう。
DXは型があるわけではありません。
ITの正しい知識に基づいて、新しい価値を生み出す革新の可能性を考えるのは人間です。
既にDXを導入している企業の成功例などを参考に、自社でもDX推進を進めていきましゅう。

最新情報をチェックしよう!
>企業向けAI人材育成サービス

企業向けAI人材育成サービス

AI事業発足やAI導入に必要な人材育成のステップとAI研究所が提供するサービス。AI研究所の人材育成サービスでは、3つのステップを軸に御社の業務内でAIを活用できる人材育成やAIプロジェクトの支援を行います。

CTR IMG