重要なお知らせ:新型コロナウイルス、インフルエンザ等の感染予防・拡散防止の対策についてこちらをご確認ください。

AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる(AI人材育成・セミナー) -

  • お問い合わせ

HOME  >  AI翻訳機ブランドTimekettleが、「DeepL翻訳」および世界初7言語の「オフライン音声翻訳」を追加へ!へ!

公開日:2021.01.17 

AI翻訳機ブランドTimekettleが、「DeepL翻訳」および世界初7言語の「オフライン音声翻訳」を追加へ!へ!

AI(人工知能)のニュース

こんにちは!AI研究所の見習い研究員Chisatoです。
本日は、DeepL翻訳および世界初7言語の「オフライン音声翻訳ver.2.0」が新搭載された、タイムケトル・ジャパン株式会社が展開するAI翻訳機に関するtopicsです。

タイムケトル・ジャパンは、2020年12月末、同社のAI翻訳機『WT2 Plus / ZERO / Timekettle M2』の翻訳エンジンの一部にDeepL翻訳を採用し、更に、世界初7言語の「オフライン音声翻訳ver.2.0」をアプリの無料アップデートにて新搭載しました。

タイムケトル社の翻訳機について

タイムケトル・ジャパンは、中国深セン発のAI翻訳スタートアップ企業「 Shenzhen Timekettle Technologies Co.,Ltd. 」の日本法人企業です。
第一弾のイヤホン型翻訳機『WT2Plus』は、世界初のイヤホン型翻訳機として世界から注目を浴び、Amazon.comでは2019年以降、翻訳機カテゴリー第一位のベストセラー翻訳機に選ばれ続ける大ヒット商品です。
第二弾のスマート翻訳機『ZERO』はスマートフォンに挿すだけでラクラク本格翻訳ができる小指サイズのスマートガジェットです。
また、『Timekettle M2』は、前作の『WT2 Plus』の特徴を受け継ぎながら、ユーザーの要望で特に多かった、「音楽・通話機能」や新たな翻訳モードを追加した新作イヤホン翻訳機です。今までの対面リアルタイム翻訳機能に加え、在宅でも使える外国語聴きとりに適した「リッスンモード」を搭載しています。
更に、在宅ワークやzoom会議などでも使える、自動翻訳グループチャット機能「リモートモード」を新たに搭載し、40言語に対応しました。コロナ禍で対面での対話機会が減り、オンライン会議が主流になりつつある現状を受けて急遽開発された機能です。

お互いが自分の言語でテキスト入力又は音声入力をするだけで、原文と翻訳文を自動的に表示&音声出力してくれます

新機能「DeepL翻訳」とは!?

「DeepL翻訳」は、ドイツケルン市に拠点を置くDeepL社が開発した機械翻訳エンジンです。翻訳エンジン比較サイトによると、AmazonやGoogleをしのぐ程の高品質な翻訳が実現できると評価されています。
Timekettleの翻訳機は、言語の組み合わせによって最適な翻訳エンジンを使用していますが、今回のアップデートにより、その翻訳エンジンの一部に「DeepL翻訳」が追加搭載されました。

新搭載「オフライン音声翻訳ver.2.0」とは!?

世界初7言語(および11組のペア)間の、双方向同時音声翻訳機能を持つ「オフライン音声翻訳ver.2.0」も新たに追加されました。「Timekettle」アプリ最新バージョン1.7.0を、Google PlayまたはiOSアプリストアからダウンロードすれば、インターネット接続なしで最高のオフライン翻訳が使えるようになります。
オフラインで利用可能な11組のペアは以下の通りです。

日本語 <-> 英語(NEW)
日本語 <-> 中国語

英語 <-> 韓国語(NEW)
英語 <-> スペイン語(NEW)
英語 <-> フランス語(NEW)
英語 <-> ロシア語(NEW)

中国語 <-> 英語
中国語 <-> 韓国語(NEW)
中国語 <-> スペイン語
中国語 <-> フランス語
中国語 <-> ロシア語

※対応言語は今後も追加搭載予定です。

 

DeepL翻訳および世界初7言語の「オフライン音声翻訳ver.2.0」が新搭載された、タイムケトル・ジャパンのAI翻訳機にに注目です!


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中