重要なお知らせ:新型コロナウイルス、インフルエンザ等の感染予防・拡散防止の対策についてこちらをご確認ください。

AI研究所 - AI(人工知能)に脅かされないために、AI(人工知能)を作る側の人間になる(AI人材育成・セミナー) -

  • お問い合わせ

HOME  >  多言語AIチャットボット「ObotAI」が感情分析機能を公開へ!

公開日:2020.12.22 

多言語AIチャットボット「ObotAI」が感情分析機能を公開へ!

チャットボット

こんにちは!AI研究所の見習い研究員Chisatoです。
本日のtopicsは、株式会社ObotAIが提供する多言語AIチャットボット「ObotAI」をご紹介します。

この度、多言語AIチャットボット「ObotAI」は、顧客・ユーザーの感情をAIが分析して判定する感情分析機能を公開しました。

多言語AIチャットボット「ObotAI」について

​ObotAIは、AIを組み込んだ最先端の多言語対応チャットボットです。豊富な7言語(日本語、英語、中国語繁体字・簡体字、韓国語、タイ語、ロシア語)に対応しており、ObotAIに在籍する各国のネイティブスタッフが適切な外国語データの更新を行っています。機械翻訳ではないリアルな会話を実現し、外国人ユーザーにも快適にサービスを利用できます。
また、様々な分析や数値予測、アンケート収集機能など、クライアントの「改善したい」を、未来まで力強くサポートできるシステムです。

感情分析機能の概要

感情分析機能は、ObotAIによって投稿されたコメントから感情を分析・判定する機能です。キーワードや言い表し方から、その内容のポジティブ/ネガティブをスコア(数値)で判定できます。また、熱量はマグニチュードで測ることが可能で、ObotAIの管理画面より顧客満足のスコアを簡単に抽出することが可能になります。

ObotAI管理画面

活用イメージ

感情分析機能によって「スコア」と「マグニチュード」が判定されることにより、ObotAIのチャットに寄せられたコメントをポジティブ/ネガティブに区分することができ、これらのデータを蓄積することにより、サービスの改善点やニーズを簡単に把握することができます。顧客満足度の向上のみならず、マーケティングや新サービスの企画・開発などに活用できます。

 
ユーザーの感情をAI判定し、顧客満足度の向上を実現する“感情分析機能”を公開した、多言語AIチャットボット「ObotAI」に注目です!


参考になったら「いいね!」と「シェア」をお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AI(人工知能)セミナー開催中